音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:CDプレーヤー:DENON

    DENON PMA-800NE & DCD-800NE 参考展示!  2018年06月18日

    DENON DCD-SA11 中古で買う価値は?  2017年08月01日

    DENON DCD-100 DRA-100向け薄型CDP! DCD-50との比較、違いは?  2017年07月08日

    DENON DCD-S10IIIL 中古名機紹介 シリーズ最終機で有終の美!  2017年06月09日

    DENON DCD-SX 中古名機紹介 一体型CDPの高級機!  2017年06月01日

    TB

    800NE

    OTOTEN 2018」において、デノンは新たな単品コンポラインとなる「800NEシリーズ」を参考出展。

    800NEシリーズ」は、1600NEシリーズの下に新設されたラインナップで、CDプレーヤー「DCD-800NE」、プリメインアンプ「PMA-800NE」、ネットワークプレーヤー「DNP-800NE」の3機種で構成される予定。いずれも2500NE/1600NEシリーズに続く「NE(New Era)」ラインとして用意されるとのことです。

    発売日、価格は未定ですが、近いうちに何らかの発表があるでしょう。

    見た目などからは明らかに従来のデノンフルサイズ単品コンポのエントリークラス機、プリメインアンプのPMA-390RE、CDプレーヤーのDCD-755RE、ネットワークプレーヤーのDNP-730REのそれぞれ後継機。

    デノンのアンプ「PMA-390」、CDプレーヤー「DCD-755」はいずれも国内メーカー製単品コンポのエントリークラス機の代名詞として1990年台はじめから親しまれていただけに、ついにこの番号を変えるというのは一つの転換点になります。すでにPMA-2000、DCD-1650の番号が変わっていただけに予想されたことではあります。

    デノンのエントリークラス機は、ことさらオーディオにこだわりは強くないけれども高音質で音楽を聴きたいレベルの音楽愛好家にとっては、これ以上の機器は不要と言われるほどコスパの高い機種とも言われてきました。価格が上がり続けているのは残念ですが、これからもそのようなポジションを維持し続けて欲しいとは思います。ネットワークプレーヤーエントリー機の定番の座には付いていないような気がするのは気がかりですが。

    【DENON PMA-800NE & DCD-800NE 参考展示!】の続きを読む

    TB


    生産完了オーディオ製品情報。デノンのSACDプレーヤーDCD-SA11。価格は35万円。発売2005年

    DCD-S10ⅢLimited(25万円)の後継機というか、やや価格帯を上げた新シリーズのSACDプレーヤーとして登場。デノンはマルチチャンネルのピュアオーディオ用SACDプレーヤーも手掛けていましたが、本機あたりからマルチはピュアではやめて、ステレオに専念するようにもなりました。

    2004年8月に発売された「DCD-SA1」(50万円)の弟機。
    【DENON DCD-SA11 中古で買う価値は?】の続きを読む

    DCD-S10IIIL
    生産完了オーディオ製品情報。中古市場で人気の名機を紹介。DCD-S10IIILはデノン(DENON)のCDプレーヤー。2001年12月発売で価格は25万円。

    DCD-S10III(1999年・22万円)の後継機。
    【DENON DCD-S10IIIL 中古名機紹介 シリーズ最終機で有終の美!】の続きを読む



    生産完了オーディオ製品情報。中古市場で現在も評価される名機を紹介。DCD-SX1はデノン(DENON)が2008年に80万円で発売したSACDプレーヤー。2013年に後継機のDCD-SX1が発売されるまで同社のフラグシップSACDプレーヤーとして君臨していました。
    【DENON DCD-SX 中古名機紹介 一体型CDPの高級機!】の続きを読む

    このページのトップヘ