音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:Bluetoothスピーカー:B&O

    Beoplay P6 アルミ筐体360度Bluetoothスピーカー新機種!  2018年04月18日

    Amazonプライムデー B&O PLAY Beoplay A2 47%オフ!  2017年07月11日

    B&O Play BeoPlay A2 A1などとの比較も!  2017年06月03日

    B&O PLAY Beoplay P2 シリーズ最小のBluetoothスピーカー!  2017年05月19日

    TB

    Beoplay P6

    Bang & Olufsenは、B&O PLAYのポータブルBluetoothスピーカー「Beoplay P6」を4月末より順次発売。価格は49,990円(税込)。カラーは2色で、ブラックは4月末、ナチュラルは5月末以降に発売。

    「どのような部屋であっても、リッチでパワフルなBang & Olufsenならではのサウンドを360度全方位に広げる」というコンセプトのいわゆる360度スピーカー。

    いつも通りセシリエ・マンツ氏によるスカンジナビアデザインの本体はインテリア性の高いもの。

    丸みがあり表面の滑らかな筐体は、どの角度からでも簡単に掴むことができ、マットなパールブラスト加工のアルミに、360度全方位へサウンドを拡散するよう設計されたホールパターンを採用。デザイン性と音質の両面に効いています。

    アルミの筐体と一体化した柔軟性のあるボタンによる操作系を備えます。ワンタッチでスマート機能を呼び出すことも可能で、iOSのSiriやGoogleアシスタントへのアクセス、着信への応答、BeoplayアプリのTone Touchによる音質調整などが可能。

    これまたいつも通りクラスDアンプを内蔵し、ウーファー用の36Wアンプ1基とフルレンジ用の30Wアンプ2基で駆動。最大出力は215W。

    入力はBluetooth4.2。マイクも内蔵し、ハンズフリー通話などに利用可能。コーデック表記はないのでSBCのみでしょう。

    内蔵バッテリー容量は2,600mAhで、最大16時間の連続再生が可能。充電はUSB Type-C端子から行なう形。外形寸法は130×68×170mm(幅×奥行き×高さ)、重量は1kg。

    Bluetooth専用で、割り切った設計ですが、これもいつも通り。音質だけなら高価に思う面もありそうですが、このブランドのネームバリューとデザイン性を持ってすれば大丈夫なのでしょう。それでもこれまでの製品に比べても高価な印象はありますが、どうなのでしょう。 【Beoplay P6 アルミ筐体360度Bluetoothスピーカー新機種!】の続きを読む

    TB

    Amazonプライムデー。B&O PlayのコンパクトBlueoothスピーカーBeoPlay A2も約47%オフの約2.6万円で発売。

    BeoPlay A2はB&O Playブランドが2014年に発売したBluetoothスピーカー。価格は45,278円。 セシリエ・マンツがデザインを担当したというスタイリッシュなデザインと360度全方位に広がるTrue360オムニディレクショナルサウンドが特徴。
    【Amazonプライムデー B&O PLAY Beoplay A2 47%オフ!】の続きを読む


    BeoPlay A2はB&O Playブランドが2014年に発売したBluetoothスピーカー。価格は45,278円。 セシリエ・マンツがデザインを担当したというスタイリッシュなデザインと360度全方位に広がるTrue360オムニディレクショナルサウンドが特徴。 【B&O Play BeoPlay A2 A1などとの比較も!】の続きを読む

    BeoPlay_P2
    完実電気は、同社取り扱いのデンマーク・B&O PLAYブランド製のBluetoothワイヤレススピーカー「Beoplay」シリーズの最小モデルとなる「Beoplay P2」を5月25日から発売。価格は19,900円(税込)。

    140W×28H×80Dmm、質量約275gの手の平サイズにこのブランドらしいデザイン性と技術を盛り込んだ意欲作です。
    【B&O PLAY Beoplay P2 シリーズ最小のBluetoothスピーカー!】の続きを読む

    このページのトップヘ