音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:Bluetooth

    東工大、省電力Bluetooth無線機を開発!Bluetoothイヤホン長時間駆動が可能に?  2018年02月12日

    Amazonで1円のBluetoothイヤホン2個買ったら送料が320円だった!  2017年12月07日

    総務省「技適マークの付いてない端末はネットに繋げなくします」 !?  2017年10月28日

    バンダイ ガンシェルジュ ハロ ガンダムの話ができるAI搭載BTスピーカー!  2017年10月03日

    Bluetooth経由でスマホからPCまで乗っ取れる攻撃手法が発覚!  2017年09月16日

    TB
    1: ムヒタ ★ 2018/02/12(月) 08:02:21.56 ID:CAP_USER
    東京工業大学の松澤昭教授と岡田健一准教授らは、省電力で動作する近距離無線通信「ブルートゥース」無線機の開発に成功した。あらゆるモノがネットにつながるIoT機器に導入すれば、小型のボタン電池でも15年程度は交換せずに使えるという。成果は米国で開催される国際固体素子回路会議(ISSCC)で13日と14日(現地時間)に発表する。

    研究グループは電気をためるキャパシター(蓄電器)の位置を改良することで、アナログ信号をデジタル信号に変換するのに必要な静電容量を10分の1に抑えられるようにした。無線機の構成も簡素にした。

    チップは横2.3ミリ、縦1.9ミリ程度と小型。消費電力は送信時に2.9ミリワット、受信時に2.3ミリワットであり、これまでに報告のあったブルートゥース無線機の半分以下で動作する。既存の規格に準拠しているため幅広い種類のIoT機器に搭載可能という。

    低電圧の小型集積回路に搭載するため、情報を電圧の振幅で表していたアナログ信号をある一定のしきい値を超えるまでの時間で表現し、デジタル信号に変換する手法の開発が進んでいる。ただ、しきい値を超えるまでに多くの電力を要していた。

    IoT技術の発展に伴い、2023年には1兆個、33年には45兆個のモノがネットに接続されると言われている。年間数兆個の機器の電池交換が必要だとすると、作業員の人件費や電池の廃棄からくる環境負担は膨大になる。

    2018/2/12 5:00
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26749530Z00C18A2X90000/

    引用元: ・【IoT】東工大、省電力「ブルートゥース」無線機を開発

    【東工大、省電力Bluetooth無線機を開発!Bluetoothイヤホン長時間駆動が可能に?】の続きを読む

    TB
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/07(木) 16:28:30.863 ID:Mzm1qW7Z0
    合計322円
    なにこれ泣きたい
    送料無料だと思って買ったのに

    引用元: ・Amazonで1円のブルートゥースイヤホン2個かったら送料が320円だった

    http://hebi.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1512631710/ 【Amazonで1円のBluetoothイヤホン2個買ったら送料が320円だった!】の続きを読む

    TB
    1: 名無しさん@涙目です。(茸) [CH] 2017/10/27(金) 18:35:53.05 ID:euq03bfC0 BE:663621836-PLT(12001) ポイント特典
     総務省は、2020年の東京五輪・パラリンピックを標的にしたサイバー攻撃の対策を話し合う有識者会議を立ち上げ、
    26日、初回の会合を開いた。ロンドン五輪やリオデジャネイロ五輪でも大規模なサイバー攻撃が確認されたことから、12月をめどに対策の方向性をまとめる。
     有識者会議のメンバーは東京電機大の佐々木良一教授、
    NECの遠藤信博会長ら。会議の冒頭、野田聖子総務相は「日本はサイバー攻撃への対応が非常に遅れており、早急に処方箋(せん)をお願いしたい」と要請した。
     検討されている対策の柱は、電話やインターネットのルーター、
    スマートフォンなどに総務省が与える「技術基準適合(技適)マーク」の基準見直しなど。
     現行の基準の主眼は、技適マークのない機器はネットや電話網につなぐことができないなど、通信障害を防ぐことに置かれている。
    会議ではこの基準を改めて検討。サイバー攻撃への対策を新たな基準として加え、未対応の機器はネットにつなげなくすることを目指す。
     また、官民連携でサイバー攻撃の発信源を見つけ、企業や官庁で情報を共有する仕組みもつくる方向で検討する。(上栗崇)
    https://archive.today/8dsBO

    > 未対応の機器はネットにつなげなくすることを目指す。

    引用元: ・【海外スマホ死亡】総務省「技適マークの付いてない端末はネットに繋げなくします」

    http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1509096953/ 【総務省「技適マークの付いてない端末はネットに繋げなくします」 !?】の続きを読む

    TB
    ガンシェルジュハロ
    バンダイは、「機動戦士ガンダム」に登場するマスコットロボット・ハロをモチーフにしたAI搭載Bluetoothスピーカー・「ガンシェルジュ ハロ」を2018年に発売。価格は未定。3日から幕張メッセで開催されるCEATEC JAPAN 2017のバンダイナムコグループブースで参考展示します。
    【バンダイ ガンシェルジュ ハロ ガンダムの話ができるAI搭載BTスピーカー!】の続きを読む

    TB
    1: trick ★ 2017/09/14(木) 17:04:28.18 ID:CAP_USER9
    Bluetooth経由でスマホからPCまで乗っ取れる攻撃手法が発覚 ~Bluetoothがオンになっているだけで攻撃可能 - PC Watch
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1080650.html
    佐藤 岳大2017年9月13日 15:04

     IoTセキュリティ企業の米Armisは、Bluetooth(以下BT)の脆弱性を突いた攻撃「BlueBorne」について情報を公開した。

     BlueBorne攻撃では、BTを経由してデバイスの完全な制御が可能で、PCやスマートフォン、IoTデバイスなどに大きな影響を与えるとしている。具体的には、リモートコードの実行や中間者攻撃などによるサイバースパイ、データの盗難、ランサムウェアの感染、WireXやMiraiボットネットのように、モバイルデバイスやIoTデバイスで巨大なボットネットを作成するといったことが可能となるとしている。

     ArmisではBlueBorneに関連した8つのゼロデイ脆弱性を発見しており、すでに攻撃が行なわれている可能性もあると指摘。発見された脆弱性は理論上のものではなく、実際に攻撃が可能なものであるほか、BTを使用するさまざまなプラットフォームで、さらなる脆弱性が発見されるとの見解を示している。

    (中略)

     具体的には、Androidであれば、Google Pixel、Samsung Galaxy/Galaxy Tab、LG Watch Sportなど、OSバージョンによらない全デバイス(ウェアラブルデバイスなどBT Low Energyのみを使っているものは除く)が、リモートコードの実行(CVE-2017-0781/CVE-2017-0782)、情報漏洩(CVE-2017-0785)、中間者攻撃(CVE-2017-0783)の4つの脆弱性の影響を受ける。

     GoogleはすでにAndroid 6.0(Marshmallow)および7.0(Nougat)向けにセキュリティ更新プログラムを提供し、パートナー企業に通知しており、Androidデバイスは9月9日付けのセキュリティパッチが適用されていれば前述の脆弱性に対策された状態になる。

     Armisでは「Armis BlueBorneスキャナ」アプリをGoogle Playで提供しており、インストールすることでデバイスが危険にさらされているかを確認できるとしている。

    (中略)

     iOSでは、バージョン9.3.5以下の全iPhone/iPad/iPod touch、およびバージョン7.2.2以下のAppleTVで、リモートコード実行の脆弱性の影響を受ける。脆弱性はiOS 10ですでに対策されているため、新たなパッチのインストールを行なう必要はないことから、Armisでは最新版OSに更新することを推奨している。

    (全文はソース)

    引用元: ・脆弱性】Bluetooth経由でスマホからPCまで乗っ取れる攻撃手法が発覚 Androidで2017年9月以降のアップデート、iOS9.3.5以降なら安全

    http://asahi.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1505376268/ 【Bluetooth経由でスマホからPCまで乗っ取れる攻撃手法が発覚!】の続きを読む

    このページのトップヘ