エミライは、同社が取り扱うFiiO ElectronicsのBluetoothレシーバー/ヘッドホンアンプ「BTR3」について、ファームウェアアップデートを実施。純正アプリ経由での設定機能を追加。

最新ファームウェアのバージョンはv1030。BTR3とスマートフォンをBluetooth接続することで、純正アプリケーション「FiiO Music」から本体設定が可能となりました。

設定内容として、ファームウェアバージョンの確認や、本体RGBインジケーターや充電設定のオン/オフ、入力設定、左右バランス設定、オーディオコーデックやデジタルオーディオフィルター設定などの操作が行えるようになります。また、アプリとの接続安定性も向上。

一部のスマートフォンとUSB接続した場合に、正しく認識されない、ヘッドホン出力の最大値が通常より小さくなるといった問題や、2種類のBluetoothソース機器と同時に接続している場合にBluetoothソース機器を切り替えると、アプリ上で表示されるオーディオコーデックの種類が切り替わらない不具合も修正。

イヤホン端子がバランス接続非対応な以外は内容充実でハイコスパなBluetoothレシーバー/ヘッドホンアンプです。この使い勝手の向上は音質のよさをいっそう際立たせてくれそうです。

【FiiO BTR3 ファームウェアアップデート。純正アプリ経由での設定機能を追加】の続きを読む