音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:Audio

    2017年、今年もありがとうございました。  2017年12月31日

    2017年オーディオ&ビジュアル関連主要ニュース一覧で振り返る!  

    楽天とビックカメラ 共同でネット通販事業へ!  2017年12月19日

    iFi Audio nano iDSD LE 価格約1.6万円のUSBポタアン!  2017年02月15日

    オーディオなんて○00万円程度で十分 残った金であちこちイキまくって…  2016年06月30日

    TB
    本ブログの読者の皆様、今年も一年、ご愛読ありがとうございました。

    今年は更新数を増やし、オーディオ系(とビジュアル系)の新製品をできるだけ漏らさずご紹介するように努めました。反面、発売済みの名機の紹介まではあまり手がまわりませんでした。ここは少々残念でした。

    記事としては基本的に製品情報が多く、発売ニュースを取り上げてから機器発売時に購入者の感想、レビューを改めてまとめるという方式も増えています。最新オーディオ機器の購入を検討されている方の参考になれば幸いと思っております。

    オーディオ界の話題としてはBluetoothイヤホンの隆盛に、完全ワイヤレスイヤホンの急激な伸びが見られました。しかし、技術的な熟成度はまだ低く、2018年には、より完成度の高い製品が期待されます。

    ポータブル機器でのヘッドホン・バランス端子については2.5mmと4.4mmの規格が並び立つ状況が続いていて、これも何とかして欲しいところです。また、ZSをはじめとする中国メーカー製イヤホンの躍進は大手メーカーも脅かす存在になりそうでした。アイワ復活のニュースはどうなったのでしょう。大変気になります。

    ピュア・オーディオについてはこのところずっとそうですが、あまり大きな話題はなかったと言わざるを得ません。来年に期待、するしかありません。USB-DAC、ネットワークオーディオ、ポタアンあたりの話題も落ち着いた印象です。

    ポータブルオーディオでもピュアオーディオでも双方において、ハイレゾ音源の普及は進んだように思います。個人的には往年のクラシック名録音のハイレゾ化、廉価ボックス音源の消化で精一杯で、最新ハイレゾ録音の聴取にまでなかなか手が回っていません。

    音源についてはついにロスレス定額配信が日本でも始まりました。来年はハイレゾ定額配信が始まるでしょうか。

    個人的な嗜好もあって、必ずしも現在の時流に合ったオーディオ情報サイトではない部分もありますが(特に音源情報はなかなか…)、それでもお付き合いいただいた読者の皆様には大きな感謝です。

    皆様もどうか良いお年をお迎えください。

    TB

    2017年も多くのオーディオ&ビジュアル関連製品の発売とニュースがありました。本サイトでの年間記事別ランキングを見ればその順位と傾向もわかるのでしょうが、今のところ、年間順位がわかるシステムを導入していないので、オーディオ&ビジュアルニュースサイトの「AVウォッチ」で実施したアンケート調査の結果から、今年を振り返ってみます。
    https://av.watch.impress.co.jp/docs/topic/nenmatu/1099029.html

    【2017年オーディオ&ビジュアル関連主要ニュース一覧で振り返る!】の続きを読む

    TB
    1: ハンバーグタイカレー ★ 2017/12/19(火) 06:05:51.36 ID:CAP_USER9
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171219/k10011263321000.html

    IT大手の「楽天」と家電量販大手の「ビックカメラ」は、近く新会社を設立してネット通販事業を共同で行う方針を固めました。この分野で圧倒的な
    存在感を示す「アマゾン」に対抗する狙いで、各社の競争は一層激しくなりそうです。

    関係者によりますと、楽天とビックカメラは、来年の2月にも新会社を設立したうえで、4月からネット通販事業を共同で行う方針を固めました。

    具体的には、楽天の通販サイトで両社が共同運営するサービス「楽天ビック」を開設し、大手メーカーなどの家電製品を扱うほか、両社でプライベートブランドの商品も開発します。また、ビックカメラの全国およそ40店舗では、ビックカメラのポイントだけでなく、楽天のポイントも受けることができるようにするということです。

    さらに将来的には、ビックカメラが持つ千葉の物流拠点と、楽天が持つ千葉、兵庫、神奈川の物流拠点を共同で運用し、現在ビックカメラが東京23区内に限って行っている「当日配送」のエリアを拡大します。

    ネット通販市場では、ドライバー不足を背景に国内の通販各社がサービスの見直しを行う一方、アマゾンが当日配送のサービスを拡充しています。今回の楽天とビックカメラの新事業は、圧倒的な存在感を示すアマゾンへの対抗策として打ち出されるもので、各社の競争は一層激しくなりそうです。

    no title

    引用元: ・【経済】楽天とビックカメラ 共同でネット通販事業へ...ビック実店舗で購入すると楽天Pも追加

    【楽天とビックカメラ 共同でネット通販事業へ!】の続きを読む

    1: 名無しの笛の踊り 2016/06/23(木) 14:35:53.00 ID:d16sCswt
    それ以上金かける奴は単なる自己満足のアホ

    引用元: ・オーディオなんて100万円程度で十分

    http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/classical/1466660153/ 【オーディオなんて○00万円程度で十分 残った金であちこちイキまくって…】の続きを読む

    このページのトップヘ