ACRO CA1000


韓国のAstell&Kernは、DAPのようなディスプレイ部を内蔵し、持ち運び可能なヘッドホンアンプ「ACRO CA1000」を海外で発表。価格は2,100ドル。

DAPのようなディスプレイ部をセットして使うDAC/ヘッドホンアンプのセット製品。

外形寸法は104.9×148.8×45mm(幅×奥行き×高さ)、重さは約919g。据え置き型レベルのサイズ・重量ですが、本体には8,400mAhのバッテリーを内蔵し、最大10時間以上の連続再生が可能。USB-PD 2.0に対応しており9V/3Aでの充電が可能。フル充電までの時間は約2時間30分、1時間で50%まで充電できます。

DACチップにはES9068ASを4基採用。最大384kHz/32bitまでのPCMとDSD512のネイティブ再生をサポート。

3.5mm、6.35mmのアンバランスヘッドホン出力に加え、2.5mm、4.4mmのバランスヘッドホン出力を搭載。さらに据え置きオーディオシステムに組み込めるよう、光デジタル出力やUSB Type-C出力、RCA出力も備えています。

Bluetooth 5.0に準拠し、aptX HDとLDACをサポート。Wi-Fiにも対応。

DAP部には4.1型のタッチディスプレイを採用。スクリーンは最大60度まで起こすことができる。画面解像度は1,280×720ドット。内蔵ストレージ容量は256GB、最大1TBまでのmicroSDカードも利用可能。

【Astell&Kern ACRO CA1000 新機軸のDAC/ヘッドホンアンプ!】の続きを読む