音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:Apple+Music

    auユーザー、「Apple Music」が半年間無料に!  2019年01月30日

    9月にApple Music Festivalが開催 ユーザーの意見を聞いてくれる?  2015年08月19日

    TB
    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/01/29(火) 13:58:59.21 ID:CAP_USER
     KDDIは1月29日、この翌日となる1月30日からアップルの音楽聴き放題サービス「Apple Music」を6カ月間無料(通常は月額980円)で提供することを発表した。iPhoneやiPad、Apple Watch、Android端末などで、約5000万曲の楽曲を楽しめる。なお、国内キャリアでは初の取り組みになるという。

    https://japan.cnet.com/storage/2019/01/29/892019ff2161413fcdaa9027bc56f213/190129_au_01.jpg
    音楽聴き放題サービス「Apple Music」が6カ月間無料に

     ユーザーは、auの4G LTEスマートフォンの新規契約または機種変更と同時に、Apple Musicに申し込むことで、6カ月間無料で利用できる。2018年12月1日~2019年1月29日の購入者も対象になるという。

     また両社のシステム連携により、SMSのリンクをタップして4桁コードを入力後、Apple IDを登録することですぐに利用できるほか、iPhoneユーザーはミュージックアプリを立ち上げてApple IDを入力するだけで6カ月無料が適用されるという。

    no title

    両社のシステム連携により、すぐに使えるように

     同社ではこれにあわせて、「Beats」のヘッドホンやイヤホンをauオンラインショップで購入した場合に、販売価格から20~25%を割引くキャンペーンを、1月30日~3月31日まで実施することを発表。また、6カ月間無料特典が適用されたユーザーの中から、抽選で人気ロックバンド「ヤバイTシャツ屋さん」出演のスペシャルフリーライブに招待することを明らかにした。

    2019年01月29日 13時47分
    CNET Japan
    https://japan.cnet.com/article/35131946/

    引用元: ・【携帯キャリア】KDDI、「Apple Music」を半年間無料に--国内キャリアで初めて【Android端末も対象】

    http://egg.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1548737939/ 【auユーザー、「Apple Music」が半年間無料に!】の続きを読む

    Apple_Music
    アップルは、9月19日から28日まで「Apple Music Festival」を10夜連続で開催。

    2007年以来「iTunes Festival」として開催されてきたイベントが、今年Apple Musicがスタートしたことをうけ名称を変更。会場はロンドンのRoundhouse。

    ファレル・ウィリアムスやOne Direction、フローレンス・アンド・ザ・マシーン、Disclosureなどが出演。アーティストたちはApple Music Connectを通じて直接映像を届けたり、Beats 1に生出演してユーザーと双方向コミュニケーションするという。

    日本からはiOSデバイスやWindows PC、Apple TVなどを使い、Apple MusicまたはiTunesを通じてパフォーマンスを楽しむことができる。

    引用元: ・Apple Music 14曲目

    http://maguro.2ch.sc/test/read.cgi/apple2/1439861943/
    3: John Appleseed 2015/08/18(火) 11:54:15.19 ID:drRhrKyy.net
    夜の時間帯、曲の途中で止まる事が多くなってきたなー

    4: John Appleseed 2015/08/18(火) 11:59:08.22 ID:yuYJMBaz.net
    Apple musicの課金の自動更新を外した。いまの音質でカネを撮る気か?ハイレゾ対応まで課金はおあずけだな。いまのレベルならば、ドコモのdヒッツと大差ない。

    【9月にApple Music Festivalが開催 ユーザーの意見を聞いてくれる?】の続きを読む

    このページのトップヘ