音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:Amazon+Echo

    【悲報】Amazonスマートスピーカーを使った注文は所持者のわずか2%!  2018年09月28日

    Amazon、AIスピーカーのアプリ開発に報奨金  2018年08月08日

    Amazon、Alexaが好きな曲を希望の時間に再生する「ミュージックアラーム」。44言語翻訳も  2018年07月24日

    Amazon Echoが突然「目を閉じるたびに見えるのはただ、人々が死ぬ姿だけ」と言い出した!?  2018年07月02日

    AIスピーカーによる誤発注は無効! 「タイヤ」を注文したつもりが「ダイヤ」になっていてもこれで安心!  2018年06月09日

    TB

    1: 風吹けば名無し 2018/09/27(木) 01:56:25.30 ID:6y+pFIi70
    なおその2%のうちの90%は1回のみ

    http://www.itmedia.co.jp/news/spv/1808/07/news060.html

    米Amazon.comのAI音声アシスタント「Alexa」によるオンラインショッピングに使われたスピーカーは出荷済みスピーカーのわずか2%──。米The Informationが8月6日(現地時間)、Amazonの内部資料を持ち込んだ2人の情報筋の話としてそう報じた。

    The Informationによると、Alexaで買い物をしたユーザーの90%は1度しか利用していないという。

    引用元: ・【悲報】Amazonスマートスピーカーでの注文はスピーカー所持者のわずか2%である事が発覚

    【【悲報】Amazonスマートスピーカーを使った注文は所持者のわずか2%!】の続きを読む

    TB

    1: ムヒタ ★ 2018/08/06(月) 06:31:27.94 ID:CAP_USER
     米アマゾン・ドット・コムが人工知能(AI)スピーカーのアプリ開発者に報奨金を払う仕組みを2019年にも始める。アプリを増やすことで使い道を広げる。スピーカーを通じて得る顧客情報はネット通販での顧客別の「お薦め」などにも生かす。市場規模はいずれスマートフォン(スマホ)を超える可能性があるとみて、米グーグルなどを引き離す。

     アマゾンで機器事業を担当するデイブ・リンプ上級副社長が日本経済新聞の取材に応…
    2018/8/6 1:31
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33828260V00C18A8TJC000/

    引用元: ・【AI】アマゾン、AIスピーカーのアプリ開発に報奨金

    http://egg.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1533504687/ 【Amazon、AIスピーカーのアプリ開発に報奨金】の続きを読む

    TB
    Amazon.co.jpは、音声アシスタント「Alexa」の新機能として、ミュージックアラーム機能と翻訳機能を追加した。

    ミュージックアラームは、スマートスピーカー「Amazon Echo」シリーズなどのAlexa搭載デバイスで利用が可能。Amazonデジタルミュージックストアで購入した楽曲、Amazon Music UnlimitedやPrime Music、うたパスなどの音楽ストリーミングサービス(契約が必要)を音声操作で目覚ましソングに設定できる。

    Alexaで音楽を再生する時と同様に、好みの曲を伝え、目覚ましの時間を追加する。

    目覚ましソングには、アーティスト名や曲名、プレイリスト、ジャンル、年代、気分やアクティビティなど、その時の気分に応じて、好きな楽曲を選択できる。

    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1134423.html

    【Amazon、Alexaが好きな曲を希望の時間に再生する「ミュージックアラーム」。44言語翻訳も】の続きを読む

    TB

    1: 風吹けば名無し 2018/07/02(月) 07:38:08.75 ID:y/GJlhVB0
    <徐々に一般家庭に拡がりつつあるスマート・スピーカーだが、アマゾンのアレクサは、突然笑い出したり、独り言を言ったり、夫婦の会話を録音し勝手に送付したりと、予期せぬアクションがつづいて報告されている>

    アレクサ、「人が死ぬ姿が見える」

    アマゾンのスマート・スピーカー「エコー」で今年3月、音声アシスタントのアレクサが突然、笑い出すという奇妙な現象で話題になったのは覚えているだろうか。
    その後も、アレクサの「ふるさと」である米国では、彼女の「奇行」がたびたび報告されている。先ごろも、アレクサが突然、「見えるのは人々が死ぬ姿だけ」と言い出した、と報じられた。

    アレクサの奇妙な発言を耳にしたのは、米サンフランシスコ在住のショーン・キニアさんだ。キニアさんの自宅で6月18日、アレクサが突然「目を閉じるたびに見えるのはただ、人々が死ぬ姿だけ」と言い出した、というのだ。
    キニアさんはさらに、「そのあと、これまでにないほどの不気味な沈黙が続いた」と米紙メトロに話した。

    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/06/post-10502_1.php

    引用元: ・AmazonEcho「目を閉じるたびに見えるのはただ、人々が死ぬ姿だけ」

    http://swallow.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1530484688/ 【Amazon Echoが突然「目を閉じるたびに見えるのはただ、人々が死ぬ姿だけ」と言い出した!?】の続きを読む

    TB


    AIスピーカーとは、ユーザーが“音声”のみの操作で「曲を流して」という指示をしたり、「今日の天気は?」などの質問を投げかけて情報を得たりすることができる優れモノで、市場が拡大している。
    まさに近未来を先導するようなアイテムだが、そんなAIスピーカーの機能で現在、危惧されているツールがある。

    それが、電子商取引=ネット通販だ。
    「〇〇を買いたい」とAIスピーカーに話すだけで、ネット通販サイトから購入が簡単に出来てしまうのだが、いくらAIとはいえ、誤認識する可能性もある。

    こうした中、「AIスピーカーが実際には発注がないのに、発注があったと誤認識して発注処理をした場合、ユーザーにはどのような救済が与えられるか」というテーマに対して、経産省から見解が示された。


    【AIスピーカーによる誤発注は無効! 「タイヤ」を注文したつもりが「ダイヤ」になっていてもこれで安心!】の続きを読む

    このページのトップヘ