ディーアンドエムホールディングスは、デノンブランドのAVアンプの新製品11.2ch対応の「AVR-X6400H」と、9.2ch対応「AVR-X4400H」2機種を9月中旬に発売。価格はAVR-X6400Hが30万円、AVR-X4400Hが17万円。カラーはどちらもブラック。

2016年の「AVR-X6300H」と「AVR-X4300H」の後継モデル。一体型AVアンプとしては国内初となる、Auro(オーロ)-3Dに対応しているのが最大の特徴。ここでは下位機のAVR-X4300Hについて、AVR-X4300Hとの比較しての違いも交えながらご紹介。 【DENON AVR-X4400H Auro-3D対応AVアンプ!AVR-X4300Hとの違いは?】の続きを読む