音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:AVアンプ:YAMAHA

    YAMAHA RX-A2070 RX-A2060後継機、比較、違いは?  2017年07月25日

    YAMAHA RX-A3070 RX-A3060後継機も比較、違いは微妙?  2017年07月02日

    YAMAHA RX-A1070 Atmos、シネマDSP掛け合わせ可能がRX-A1070との違いの後継機!  2017年06月27日

    YAMAHA RX-A870 RX-A860後継機 比較、違いは?  2017年06月19日

    YAMAHA RX-A770 RX-V781後継機!価格も安く!Dolby Vision対応!  2017年06月07日

    TB

    ヤマハは、同社中・上級クラスAVアンプ「AVENTAGE」(アベンタージュ)3機種を7月より順次発売。Dolby Atmos、DTS:Xに対応し、同社独自の音場プログラム「シネマDSP HD3」を掛けあわせる事も可能なことが大きな特徴。

    7.1chの「RX-A1070」が14万円で7月中旬、9.2chの「RX-A2070」が20万円で7月下旬、9.2chで11.2chプリアウト対応の「RX-A3070」が27万円で7月下旬。


    【YAMAHA RX-A2070 RX-A2060後継機、比較、違いは?】の続きを読む

    TB


    ヤマハは、同社中・上級クラスAVアンプ「AVENTAGE」(アベンタージュ)3機種を7月より順次発売。

    7.1chの「RX-A1070」が14万円で7月中旬、9.2chの「RX-A2070」が20万円で7月下旬、9.2chで11.2chプリアウト対応の「RX-A3070」が27万円で7月下旬。
    【YAMAHA RX-A3070 RX-A3060後継機も比較、違いは微妙?】の続きを読む

    TB

    ヤマハは、同社中・上級クラスAVアンプ「AVENTAGE」(アベンタージュ)3機種を7月より順次発売。Dolby Atmos、DTS:Xに対応し、同社独自の音場プログラム「シネマDSP HD3」を掛けあわせる事も可能なことが大きな特徴。

    7.1chの「RX-A1070」が14万円で7月中旬、9.2chの「RX-A2070」が20万円で7月下旬、9.2chで11.2chプリアウト対応の「RX-A3070」が27万円で7月下旬。

    【YAMAHA RX-A1070 Atmos、シネマDSP掛け合わせ可能がRX-A1070との違いの後継機!】の続きを読む


    ヤマハは、ミドルクラスのAVアンプ新製品として「RX-A770」と「RX-A870」の2機種を発売。価格と発売時期は、「RX-A770」が6月下旬で88,000円、「RX-A870」が7月下旬で110,000円。どちらもヤマハの中級以上のAVアンプを示す「AVENTAGE」(アベンタージュ)シリーズです。RX-A870のみメーカー保証は5年。カラーはA770はチタンとブラック、A870はブラックのみ。

    ここではRX-A870をご紹介。「RX-A860」の後継モデルです。

    【YAMAHA RX-A870 RX-A860後継機 比較、違いは?】の続きを読む


    ヤマハは、ミドルクラスのAVアンプ新製品として「RX-A770」と「RX-A870」の2機種を発売。価格と発売時期は、「RX-A770」が6月下旬で88,000円、「RX-A870」が7月下旬で110,000円。どちらもヤマハの中級以上のAVアンプを示す「AVENTAGE」(アベンタージュ)シリーズです。

    ここでは下位のRX-A770を紹介。
    【YAMAHA RX-A770 RX-V781後継機!価格も安く!Dolby Vision対応!】の続きを読む

    このページのトップヘ