音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:ATH-CKR7TW

    ATH-CKR7TW ついに発売!購入者の感想をご紹介!音質、接続安定性は?  2018年11月11日

    ATH-CKR7TW ATH-SPORT7TW 「へ祭り」に登場も影が薄い?  2018年10月31日

    ATH-CKR7TW & ATH-SPORT7TW 試聴感想をご紹介!  2018年10月08日

    ATH-CKR7TW ほか、オーディオテクニカ初の完全ワイヤレスイヤホン、今度こそ発売へ!  2018年09月16日

    audio-technica ATH-CKR7TW 完全ワイヤレスイヤホンをIFAで発表!  2018年08月30日

    TB

    2: 名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 8912-ki2E) 2018/11/09(金) 14:30:35.03 ID:3JM0WDKF0
    お待たせ! オーディオテクニカから完全ワイヤレスイヤホン「ATH-CKR7TW」が登場です | ギズモード・ジャパン
    https://www.gizmodo.jp/2018/11/audio-technica-ath-ckr7tw.html


    引用元: ・【Bluetooth】完全ワイヤレスステレオイヤホン【左右分離型】 part47

    http://matsuri.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1541735956/

    5: 名無しさん@お腹いっぱい。 (スップ Sdf3-hDzm) 2018/11/09(金) 19:00:07.33 ID:p8ijnt4Md
    【ATH-CKR7TW ついに発売!購入者の感想をご紹介!音質、接続安定性は?】の続きを読む

    TB
    仕切り直しとなってしまった「オーディオテクニカ初」の完全ワイヤレスイヤホンATH-CKR7TWとATH-SPORT7TW。「秋のヘッドフォン祭り2018」にも当然試聴機が出展されましたが、思いのほか、感想は少なかったように見受けられました。

    量販店で多くの人に接してもらえるメーカーだけに、発売すればもっと感想は出てくるでしょう。

    【ATH-CKR7TW ATH-SPORT7TW 「へ祭り」に登場も影が薄い?】の続きを読む

    TB
    ポータブルオーディオ関連イベント「ポータブルオーディオフェスティバル 2018秋 大阪・梅田」(ポタフェス)が、10月7日に開催。

    オーディオテクニカは、(仕切り直しの)同社初の完全ワイヤレスイヤホン「ATH-CKR7TW」「ATH-SPORT7TW」をはじめ、Bluetoothヘッドホン「ATH-SR50BT」「ATH-SR30BT」など9月に発表した新製品を展示していました。

    ここではいろいろと話題の「ATH-CKR7TW」「ATH-SPORT7TW」について試聴感想を含むまとめをお届けします。なお、「ATH-CKR7TW」「ATH-SPORT7TW」については一部店舗で同じ10月7日に試聴会が行われたため、その感想も含まれていると思われます。


    引用元: ・【Bluetooth】完全ワイヤレスステレオイヤホン【左右分離型】 part44

    http://matsuri.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1538624903/

    【ATH-CKR7TW & ATH-SPORT7TW 試聴感想をご紹介!】の続きを読む

    TB
    通信安定性などの不具合により、8月の発売直前になって7月に発売が中止されてしまった、オーディオテクニカの完全ワイヤレスイヤホン・ATH-CKS7TW。これが本来なら同社初の完全ワイヤレスイヤホンになるはずでした。

    その後、意外にもすぐにオーディオテクニカは完全ワイヤレスイヤホンを2モデルも発表。

    一応、まだ1機種も市場には出ていないため、各マスコミでは「オーディオテクニカ初の完全ワイヤレスイヤホン」と説明しています。これを何度目かの初めて?のように揶揄する向きもありますが、オーディオテクニカにはそんな声を吹き飛ばすような高品位な製品で頑張って欲しいものです。

    引用元: ・【Bluetooth】完全ワイヤレスステレオイヤホン【左右分離型】 part42

    http://matsuri.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1535770099/

    827: 名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 4f12-7GfT) 2018/09/12(水) 16:20:56.48 ID:ya03TIrq0
    オーディオテクニカ、“Sound Reality”シリーズの完全ワイヤレスイヤホン「ATH-CKR7TW」 - PHILE WEB
    https://www.phileweb.com/news/d-av/201809/12/45011.html

    オーディオテクニカ、スポーツ向けの洗える完全ワイヤレスイヤホン「ATH-SPORT7TW」 - PHILE WEB
    https://www.phileweb.com/news/d-av/201809/12/45013.html

    【ATH-CKR7TW ほか、オーディオテクニカ初の完全ワイヤレスイヤホン、今度こそ発売へ!】の続きを読む

    TB
    ATH_CKR7BK
    オーディオテクニカはドイツ・ベルリンで開催中のコンシューマーエレクトロニクスショー「IFA2018」に出展。そこで、完全ワイヤレスイヤホン「ATH-CKR7TW」と「ATH-SPORT7TW」を発表しました。

    ATH-CKR7TWは、原音忠実を徹底追求したSound Realityシリーズ初の完全ワイヤレスイヤホン。素材から構造まで細部にこだわり、高解像度再生を実現するとしています。

    ATH-SPORT7TWはスポーツ向けのSONICSPORTシリーズ。水で洗えるIPX5相当の防水性能を備え、小型ながら迫力のサウンドを実現するというドライバーも採用。「Connect」アプリにも対応。

    まだ、詳細や価格はニュースサイトにあがっていません。上がり次第追加の予定です。

    9月15日追加:国内発表されました。11月9日に発売。オープン価格で、27,000円前後での実売が想定。本体カラーはブラックとグレーの2色。

    本機専用に新設計したというΦ11mmダイナミックドライバーを搭載。純鉄ヨークを採用、振動板にはDLC(Diamond Like Carbon)コーティングを施したものを採用。また真鍮スタビライザーを搭載。音響エリアと電気エリアを分割した「デュアルレイヤー・テクノロジー」や、導管部に採用した「ステンレス製アコースティックレジスタ一」も搭載。

    低歪でS/Nに優れるというAKM社製のヘッドホンアンプ内蔵DAC「AK4375」を搭載。Bluetoothのチップ自体のアンプやDACを使わずに高音質化。

    周波数特性は5Hz - 45kHz、インピーダンスは16Ω、出力音圧レベルは102dB/mW。

    バッテリー持続時間については、イヤホン単体で約6時間の連続再生が可能で、充電ケ一スと合わせると最大約15時間使用できます。イヤホンの充電時間は約2時間。

    Bluetoothのバージョンは5.0。プロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/HSP、コーデックはaptX/AAC/SBCをサポート。

    充電ケースの質量は約68g。ケースの充電は約5時間、端子にはmicroUSBを採用。

    装着感をより安定させるための工夫として着脱可能な「3Dループサポート」と、4サイズ(XS/S/M/L)のイヤーチップを付属。イヤホンの質量は片側約9g。

    せっかくのハイスペックはまだ生かし切っていないコーデック対応なので、今後のさらなる上位機の登場も期待します。

    【audio-technica ATH-CKR7TW 完全ワイヤレスイヤホンをIFAで発表!】の続きを読む

    このページのトップヘ