音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:8K

    4K、8Kテレビにはチューナーが必要と知らない消費者がいる 家電量販店は周知させろ!【総務省】  2017年12月06日

    SONY UHC-8300 8K/120p撮影対応3板式カメラシステム 4800万円!  2017年09月21日

    SHARP LC-70X500 8Kテレビも4Kと見分けが付かない…  2017年09月19日

    シャープ AQUOS 8K LC-70X500 世界初8K液晶テレビ!  2017年08月31日

    B-CASカードは4K/8Kになると“悪質化”する!?  2017年07月26日

    TB

    シャープ 70V型地上・BS・110度CSデジタル 8K対応 LED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応) 8K対応AQUOS LC-70X500

    (※↑世界初の8Kテレビと称していますが、4K、8Kチューナーを搭載しているわけではありません)

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [CN] 2017/12/06(水) 10:31:47.91 ID:VID0vEb00 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
    sssp://img.5ch.net/ico/u_giko_ebi.gif
    総務省は5日、来年12月に高精細な4K、8Kの衛星放送が始まるのを前に、視聴には対応チューナーを別途購入する
    必要があるとテレビ売り場で消費者に周知するよう、家電量販店に要請すると発表した。

    家電量販店では現行、多くの4K対応テレビが売られている。ただ、対応チューナーは今後発売の見込みで、消費者は別途購入が必要だ。
    こうした点を明記して掲示するよう求め、対応テレビだけで4Kが視聴できると消費者が誤解しないようにする。テレビメーカーに対しても、
    カタログや取扱説明書への記載を求める。

    http://www.sankeibiz.jp/macro/news/171206/mca1712060500003-n1.htm

    引用元: ・4K、8Kテレビにはチューナーが必要と知らない消費者がいる 家電量販店は周知させろ 総務省

    http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1512523907/ 【4K、8Kテレビにはチューナーが必要と知らない消費者がいる 家電量販店は周知させろ!【総務省】】の続きを読む

    TB
    1: 名無しさん@涙目です。(北海道)@\(^o^)/ [US] 2017/09/19(火) 15:52:00.39 ID:kddxgdJw0 BE:422186189-PLT(12015) ポイント特典
    ソニー、8Kイメージセンサーを搭載した8K3板式カメラシステム「UHC-8300」を発売

    ソニーは、新開発1.25 型8K イメージセンサーを搭載した 8K 3 板式カメラシステムを発売します。

    イメージセンサーとプリズムの組み合わせにより、高解像度8K(7680×4320)で最大120p の高速撮影や、広色域でハイダイナミックレンジ(HDR)に対応した映像撮影が可能です。
    スポーツシーンからエンタテインメント、学術映像に至るまで、幅広い用途で豊かな映像表現を実現します。

    ・型名:1.25 型8K 3 板式カメラシステム『UHC-8300』

    ・受注開始月:2017 年10 月

    ・メーカー希望小売価格:参考予定システム価格 48,000,000 円+税(構成(*)により変化します)

    *本価格は、『UHC-8300』 本体と、カメラコントロールユニット『UHCU-8300』で構成した場合のシステム価格の一例です。

    『UHC-8300』は4K映像やHD映像の制作用途にも幅広く使えるよう、8K/4K/HD信号の同時出力に対応しています。お持ちの 4K/HD 制作機器と連携したシステム構築も可能です。

    また、8K映像から任意の4K映像を切り出して運用できる4Kカットアウト機能を搭載し、4K映像表現の可能性や制作の用途がより広がります。
    また、B4レンズアダプター(>>1�と組み合わせれば、将来的にはB4マウントレンズが装着できるため、スポーツシーンなど高倍率のレンズが必要な制作現場においても、撮影に適した 4K レンズを幅広い選択肢から選べます(>>2�。

    日本では、4K および 8K の試験放送がすでに開始しており、2018 年中には実用放送が始まる予定です。
    ソニーは、本商品の展開を通じて、8K 映像とともに、カットアウト機能などにより 8K 映像を活用した 4K 映像表現の可能性も広げ、市場での 4K および 8K の映像制作環境の普及を推し進めていきます。

    なお、ソニーは本商品を日本放送協会(NHK)から製品仕様のアドバイスを受けて開発しました。
    https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP457427_V10C17A9000000/
    no title

    引用元: ・カメラ技術はソニーが10馬身差で独走だという現実 

    http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1505803920/ 【SONY UHC-8300 8K/120p撮影対応3板式カメラシステム 4800万円!】の続きを読む

    TB
    no title
    sankeibizの9月19日付け記事によると、シャープが満を持して放つ70型8Kテレビ・AQUOS LC-70X500(12月発売・約100万円)について、「8Kと4Kはぱっと見ても、それほど違いは分からなかった。」という根本的な指摘?を行っています。

    一方、当のシャープはやる気満々。9月16日、大阪府八尾市のシャープ八尾事業所において、販売店や主要顧客などを対象に、関西で初公開。

    「8月31日に、8K対応液晶テレビを発表して以降、販売店やお客様から、想像を超える反響をもらっている。とくに、販売店からは、『世の中にない商品を発売することにより、市場拡大につながる』との声があがっており、業界に先駆けた取り組みが高く評価されている」と、強い手応えを得ていると力説。

    12月1日の発売を前に、10月2日からは予約を開始。「予約販売では200台を目標にし、2017年度下期(2018年3月)中に、1,000台以上の販売を目標にする」と意欲をみせています。

    さて、結果はどうなるでしょうか。

    http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1081398.html



    【SHARP LC-70X500 8Kテレビも4Kと見分けが付かない…】の続きを読む

    TB
    シャープが世界初の8K液晶テレビ(チューナー内蔵という意味。ただし普通の。)を発売します。この6月に、70型の業務用8Kモニター「LV-70002」を発表していた。価格は800万円前後でした。今回、同じ画面サイズながら、100万円と、価格を大きく引き下げたのも大きなトピックです。
    1: trick ★ 2017/08/31(木) 14:40:24.14 ID:CAP_USER9
    世界初8K液晶テレビ「AQUOS 8K」登場。70型「LC-70X500」が約100万円 - AV Watch
    http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1078305.html
    臼田勤哉2017年8月31日 14:00
    no title


     シャープは世界初の8K対応液晶テレビ「AQUOS 8K LC-70X500」を12月1日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は100万円前後。8Kの高精細液晶パネルを世界で初めて民生用液晶テレビに採用したAQUOSシリーズ最上位機種となり、「究極のリアリズムを追求した」という。

     2015年に80型の8K液晶ディスプレイ「LV-85001」、'17年に70型の「LV-70002」を発売したシャープだが、LC-70X500はチューナ搭載の“テレビ”として、世界初の8K対応製品となる。チューナは地上/BS/110度CSデジタルを装備。2018年12月開始予定の8K実用放送に向け開発中の「8K放送対応受信機(別売)」と組み合わせることで、8K実用放送の視聴にも対応する。

     70型の8K/7,680×4,320ドットの液晶パネルを搭載し、フルHDの16倍の高解像度を活かしたきめ細かくリアルな映像表現が特徴。目の前に実物があるかのような「臨場感」、「実物感」、物体の奥行きやふくらみなどの「立体感」をリアルに表現できる8Kの魅力をアピールする。シャープは「8Kエコシステムの構築」を中期的な重点戦略に掲げており、実用放送の開始に先駆け、8K対応テレビを商品化する。

     AQUOSで培ってきた、広色域・高輝度技術を採用し、地上デジタル放送や4K放送は、8Kにアップコンバートして表示できる。広色域技術「リッチカラーテクノロジープロ」や、輝きを復元する「メガコントラスト(ダイナミックレンジ拡張)」などの技術を搭載し、テレビ放送を始めとした現在の様々なコンテンツも高画質に楽しめるという。デジタルカメラの高解像度写真データ(JPEG)の、8K表示にも対応する。

     メガコントラストでは、LEDバックライト制御によりコントラスト感を向上。光源や光源を受けて反射する輝き部分を映像信号から解析して、そのエリアのLED輝度を調整しながら輝きを復元する。HDRにも対応し、対応HDR方式はPQ(HDR10)とHLG(ハイブリッドログガンマ)。表示フレームは60Hz。視野角は上下176度、左右176度。

     スピーカーは、総合出力35W(10W×2ch+15W)で、フルレンジユニット×2とサブウーファ×1を内蔵する。

     チューナは地上/BS/110度CSデジタル。8Kチューナは搭載していないが、後日発売予定の8K放送対応受信機を利用することで、8K実用放送も視聴できる。8K信号入力用に、HDMIを4本使用する「8K映像対応端子」を1系統備えている。

     その他の入力端子はHDMI×4、AV入力×1、アナログRGB。アナログ音声出力や光デジタル音声出力、ヘッドフォン出力も備えている。USB端子は、USBメモリ用とHDD用の2系統。LAN端子も備えている。

     消費電力は470W(待機時0.15W)。外形寸法は156.4×96.7×37.5cm(幅×奥行き×高さ)、重量は50kg(スタンド装着時)/42.5kg(ディスプレイのみ)。リモコンやB-CASカードが付属する。

    8Kをグローバル展開
     「8Kエコシステム」の強化を掲げるシャープは、8Kテレビやディスプレイを日本だけでなく、海外でも展開。10月に中国で発売し、12月に日本、2018年2月から台湾、3月から欧州で発売する。中国と日本は8Kテレビ、台湾と欧州は8Kディスプレイとして展開。テレビやディスプレイだけでなく、8K放送受信機や8Kカメラなどの8K関連商品の開発を加速し、「8Kエコシステム構築で世界をリードする」としている。


    引用元: ・【家電】シャープから世界初8K液晶テレビ「AQUOS 8K」 70型で約100万円 後日発売の8Kチューナとの接続はHDMI4本使用

    http://asahi.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1504158024/ 【シャープ AQUOS 8K LC-70X500 世界初8K液晶テレビ!】の続きを読む

    TB
    1: 北村ゆきひろ ★ 2017/07/21(金) 15:26:09.43 ID:CAP_USER9
    総務省は今年1月、2018年12月1日から4K/8Kの実用放送を開始することを明らかにした。それにともない、各メーカーは対応チューナーの開発を始めなければならないタイミングに差し掛かっている。

     ところが、この次世代放送に際し、消費者の目線からは看過できない運用ルールの変更が、NHK主導で進められようとしていることが筆者の取材で明らかになった。

    ■チップの価格がレコーダーに上乗せされる

     その実態を端的に説明すると、「消費者の負担増」である。
    .

     これまで消費者は放送の暗号化および契約者識別に用いるICチップ(現行方式ではB-CASカード、新方式ではACASチップ)のコストを負担してこなかった。ところが、4K/8K放送に
    対応するすべてのテレビや外部チューナー、あるいはレコーダーなどの価格に、ACASのコストが上乗せされる可能性が高くなっているのだ。

     2018年12月まで1年半を切った今、ACAS規格を策定している一般社団法人「新CAS協議会(NHKおよび有料放送事業者による業界団体)」は、万一、加入者識別の仕組みが
    破られたことを懸念し、ACASの機能をカードではなくチューナー搭載機器に埋め込む方向で押し切ろうとしている。
    .

     これが大きな問題だ。従来のB-CASカードは1枚当たり300円のコストがかかっていたが、このコストのうち210円は放送事業者が、残り90円は受信機メーカーが負担してきた。
    消費者はカードが故障したときのみ2050円を負担する必要があるが、テレビやレコーダーの販売価格に上乗せされるものではなかった。

     ところが新CAS協議会が主張する方式では、中間業者である半導体商社がチップを各メーカーにACASチップを販売したうえで、チューナー部に直接搭載することが求められる。
    すでに新CAS協議会はチップの販売業者の公募を開始した。
    .

     すなわち、ACASチップを搭載するコストは製品の販売価格に上乗せされることになる。メインボード上にACASチップが直接搭載されるため、修理もカード交換だけでは済まず
    メーカー対応となり修理代が大幅に上昇(数万円)するほか、商社とメーカーがそれぞれ適正利潤を乗せようとすれば、B-CASカードのコスト300円を超えることは必至だ。
    そして、その金額は製品価格に加えねばならなくなる。

     金額は小さいかもしれない。しかし、問題はこのような議論が密室で行われてしまっていることだ。

    http://toyokeizai.net/articles/-/181314

    引用元: ・【社会】B-CASカードは4K/8Kになると“悪質化”する

    http://asahi.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1500618369/ 【B-CASカードは4K/8Kになると“悪質化”する!?】の続きを読む

    このページのトップヘ