パナソニックは、4K撮影対応ビデオカメラの新製品3機種を5月17日に発売。価格はいずれもオープンで、実売予想価格は「HC-WXF1M」が15万円前後、「HC-WX1M」が12万円前後、「HC-VX1M」が95,000円前後。型番に「W」がついているモデルはモニター脇にサブカメラを備え、ワイプ撮りが可能。「F」のあるモデルはファインダー付きがおもな違い。

いずれも新レンズと新開発センサーを搭載し、高感度撮影能力などを高めています。

【Panasonic HC-WXF1M 新レンズ・新センサーの4Kビデオカメラ!HC-WXF990Mとの比較、違いは?】の続きを読む