音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:4Kディスプレイ:JAPANNEXT

    JAPANNEXT JN-VT5500UHD 55型4K液晶ディスプレイ!特価69,970円(税込)  2018年01月19日

    JAPANNEXT JN-V400UHD 40型4Kディスプレイ ハーフグレアだった!  2017年09月26日

    JAPANNEXT JN-VC650UHD 65インチ・4K曲面ディスプレイ 5月31日まで4万円引き!  2017年05月20日

    JAPANNEXT JN-T2880UHD 28型4Kディスプレイ 価格は12日まで34,990円!  2017年05月02日

    JAPANNEXT JN-VC550UHD 55型 4K曲面液晶モニター 価格は99,970円!  2017年02月08日

    TB

    JAPANNEXTは、HDCP2.2対応の55型ワイド4K液晶モニター「JN-VT5500UHD」を1月31日から発売。オープン価格で89,970円前後での実売が想定。なお、1月18日から31日までの間は、直販サイトにて発売前モニター特価69,970円(税込)で販売されます。

    4K(3,840×2,160)対応の55型液晶ディスプレイで、画数ピッチを約0.31mmまでに縮めることで、55型でも27型フルHDモニターとほぼ同じピクセル密度となる80ppiの高画数密度を4K解像度で実現。

    視野角上下左右178度のSVAパネルを採用。10bitカラーパネルを使用。コントラストは6000対1。リフレッシュレートは60Hz、応答速度は8ms。ブルーライト低減機能を搭載し、目の負担軽減にも配慮。

    HDCP2.2対応のHDMI 2.0端子を4基装備。ほか、USB×1、イヤホン出力×1、SPDIF×1を装備。出力10Wのステレオスピーカーも搭載。

    消費電力は150W。外形寸法は1,253W×791H×305Dmm、質量は13.7kg。 リモコンや金属製スタンドなどを付属。

    細かいことを言い出せば(細かいこととも言えないかもしれませんが)キリがありませんので、この内容、この価格で良い、と割り切れる人向けであると言えるでしょう。買うなら期間限定特別価格でというのが基本になるでしょう。

    【JAPANNEXT JN-VT5500UHD 55型4K液晶ディスプレイ!特価69,970円(税込)】の続きを読む

    TB

    JAPANNEXTは40型4K液晶ディスプレイ「JN-V400UHD」を発売。通常の直販価格は69,970円ですが、9月17日までの期間限定で特価セールで直販サイトにて49,970円で販売されていました。

    JN-V400UHDはアルミ筐体を採用した最薄部約12mmの薄型ディスプレイで、4K(3,840×2,160ドット)/60Hzの表示に対応。HDMI 2.0、HDMI 1.4×2、DisplayPort、ミニD-Sub15ピンと豊富な映像入力インターフェイスを備え、HDCP 2.2をサポート。

    VAパネルを採用し、上下左右178度の広視野角をサポート。10bitカラーやsRGB 99%にも対応。目への負担を軽減するブルーライト軽減機能や、ゲームに適した3種類のモードなども用意。フリッカーフリーも称しています。

    本機の発売に気づかず、特価セールに間に合いませんでした。申し訳ありません。ただ、今現在の売価も51,970円で、特価とあまり変わりありません。定価?で販売ということもなさそうです。

    そのかわり、もう購入して、届いた方の実機レビューを見ることができました。それによると、ノングレアと謳っていましたが、実際にはハーフグレアであるということのようです。メーカーでは当初そう記載していなかったので、訂正することになったそうです。

    それ以外の情報もあるので、今後購入を検討している方の参考になれば幸いです。

    【JAPANNEXT JN-V400UHD 40型4Kディスプレイ ハーフグレアだった!】の続きを読む


    JAPANNEXTは、曲面型の65型4K液晶ディスプレイ「JN-VC650UHD」を5月31日に発売。オープン価格で実売予想価格は199,970円。予約販売を開始していて、5月19日~5月31日は「発売前モニター特価販売セール」として159,970円で販売されます。amazonなどで購入できます。
    【JAPANNEXT JN-VC650UHD 65インチ・4K曲面ディスプレイ 5月31日まで4万円引き!】の続きを読む


    JAPANNEXTは5月1日、28インチの4Kディスプレイ「JN-T2880UHD」を発表。発売日は5月12日で、価格は39,970円。5月12日までは発売前モニター特価販売セールとして34,990円で販売します。

    仕様は、28インチ・4K(3840 × 2160・TN・ノングレア)、フリッカーフリー、輝度 300cd/㎡、コントラスト比 1000:1、応答速度 3ms、視野角 上下160度/左右170度、表示色 約10.7億色(sRGB 100%)、画数ピッチ約0.16ミリ、157ppi。ブルーライト低減機能、AMD FreeSyncをサポート。HDCP2.2およびHDMI2.0対応のHDMI端子を2系統備え、4K動画配信サービスなども楽しめます。

    ほかLEDバックライトの搭載および省エネモード搭載による省エネ設計も行っています。

    インターフェースはHDMI 2.0×2、Thunderbolt対応のDisplayPort 1.2×2で、5W+5Wのスピーカーを内蔵。

    サイズは663 x 170 x 453mm(スタンドあり)/ 663 x 55 x 391mm(スタンド抜き)、重量は5kg。VESAマウンタは100mm × 100mmサイズに対応。

    とにかく安く、ということであれば発売前モニター特価販売セール34,990円にいくしかないでしょう。パネルがTNだということが気になる人が多いようです。価格の安さかIPSパネル機を買うかが選択の分かれ目でしょう。
    【JAPANNEXT JN-T2880UHD 28型4Kディスプレイ 価格は12日まで34,990円!】の続きを読む



    JAPANNEXTは、55型4Kモニター「JN-VC550UHD」を2月14日から発売。直販サイトでは129,970円で発売。なお、2月7日~2月14日の期間は発売前モニター特価販売セールとして、直販サイトにて99,970円(税込)で販売。

    外形寸法は1245W×223H×780Dmm、質量は22.4kg。 フレームはアルミ製。最薄部は16mmの薄さを実現。VESAマウント対応で壁掛けも可能。

    16:9の曲面型。sRGBを99%カバーするスーパーVAパネルを採用。視野角は上下左右178度。また、10bit/10.7億色対応パネルを採用。

    HDMI端子は3系統で、うち1系統がHDMI 2.0に対応。残り2系統はHDMI 1.4対応。そのほかDisplayportとVGAを搭載。HDCP2.2対応で4K配信動画も視聴可能。マルチウィンドウ機能を備え、画面を最大4つに分割して表示することも可能。また、MHL3.0接続にも対応。

    画数ピッチを約0.31mmに縮めることで、55型と大画面化させつつも27インチのフルHDモニターとほぼ同じピクセル密度の80ppiを実現。また、60Hzのフレッシュレートと4ms(最大)応答速度対応で、動きの速い描写の映像もなめらかに表現できるとしています。

    AMD FreeSyncテクノロジーにより、ゲームプレイやフレームの低下を解消して滑らかな表示が可能とのこと。ゲームモードも3つ搭載。ちらつきを抑えるフリッカーフリー設計やブルーライト軽減モードなども搭載。

    スピーカーは出力6W×2のステレオスピーカーを内蔵。

    安価な4Kディスプレイを次々繰り出すJAPANNEXT。どんな会社なのかを気に掛けられながらも、そんな邪念も抱く暇もないほどの新製品攻勢です。一人で次々と買えるような製品でもないのですが…。

    買うならこれまで発売済みの製品も含めてよく検討してからにしたいですね。

    【JAPANNEXT JN-VC550UHD 55型 4K曲面液晶モニター 価格は99,970円!】の続きを読む

    このページのトップヘ