音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:4K

    12月開始「NHK BS4K/8K」番組表公開!  2018年09月21日

    4Kテレビで「4K放送」が見られない深刻問題!?  2018年08月05日

    Amazonプライムデー2018で最も売れたもの アメリカは「東芝 50インチ・4K スマートテレビ」、日本は洗剤…  2018年07月22日

    アンテナ不要で新4K8K衛星放送視聴可能、光回線「フレッツ・テレビ」で12月開始!  2018年07月13日

    「新4K8K衛星放送」視聴に専用機器必要で普及には時間も  2018年06月11日

    TB
    NHKは19日、12月1日に本放送を開始する「NHK BS4K」と「NHK BS8K」の編成について詳細や、番組表を発表。世界初となる南極からの4K生中継や、ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロの原作を8Kドラマ化など。

    BS4Kは、午前6時から夜0時までの一日18時間にわたり、原則として、全て4K画質で制作した番組を放送。

    ゴールデンタイムには、「ダーウィンが来た!」、「BS時代劇」、「日曜美術館」、「小さな旅」など、人気番組の4K版を放送。週末はBS4K独自の特集番組などを編成。土曜の夜の「4Kスペシャル」では、開局の日となる12月1日に、世界初となる南極からの4K生中継を実施。日曜日は、1月から、朝9時に「大河ドラマ いだてん」を放送。このほか、「新日本紀行」の16mmカラーフィルムを4KHDR化した「4Kでよみがえるあの番組」も放送。

    BS8Kは、午前10時から午後10時10分まで、毎日、12時間あまり放送。定時枠を基本とした編成ではなく、番組の内容に応じて臨機応変に編成していくとのこと。

    「2時間でまわるヴェルサイユ宮殿」や「2時間でまわるローマ・コロッセオ」といった紀行番組、「大相撲」や「NHK杯フィギュア」などの大型スポーツ中継も随時編成していく予定。来年3月には、ノーベル文学賞を受賞した作家、カズオ・イシグロ原作の「浮世の画家」を8K特集ドラマで放送。

    音楽の分野では「世界三大オーケストラの響き」と題し、「ウィーン・フィル」、「ベルリン・フィル」、「ロイヤル・コンセルトヘボウ」の三つのオーケストラによる重厚な演奏を、22.2chの立体音響で臨場感豊かに放送。宝塚歌劇団の公演も、5組全てを完全収録して一挙に放送。

    【12月開始「NHK BS4K/8K」番組表公開!】の続きを読む

    TB

    1: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/08/05(日) 11:01:50.81 ID:1Hl+ZkJA0● BE:618588461-PLT(36669)
    sssp://img.5ch.net/ico/u_tobacco.gif
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180805-00232134-toyo-bus_all

    「4Kテレビを購入されるお客様から、4K放送を見たいという声はほとんどない。
    放送が始まっても、チューナーを買って視聴するという流れにはならないと思います」――。大手家電量販店の店員はそうつぶやいた。

    【写真】これが「4K放送開始」をアピールするリーフレット

     新4K・8K衛星放送の開始まで4カ月を切った。4Kは現行のフルハイビジョンの4倍の画素数があり、高精細かつ臨場感のある映像が実現できる。
    現在、4KコンテンツはCSの一部やケーブルテレビで放送されており、ネット動画配信サービスでも視聴できるが、12月から新たにBS・110度CSで放送が始まり、視聴者にとってより身近な存在となる。

    テレビ業界にとっては2011年の地上デジタル放送移行に続く”大きな節目”だ。

    ■4K放送開始の認知度はわずか12%

    しかし、4K放送を視聴するには店頭で販売されている4K対応テレビを購入するだけでは視聴することができない。実際には専用チューナーが必要になるケースが大半だ。昨年来、複数のメディアで指摘されてきたが、いまだに多くのユーザーがこの事実を知らない。


    引用元: ・4Kテレビはチューナー別売り 世間認知度たったの12割 88割の人が知らないとか詐欺だろ

    【4Kテレビで「4K放送」が見られない深刻問題!?】の続きを読む

    TB

    1: 名無しさん@涙目です。(アラビア) [ヌコ] 2018/07/21(土) 21:44:35.12 ID:s0XYSbCe0● BE:324064431-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    アマゾンプライムデーでベストセラーとなった商品

    アメリカ国内でベストセラーとなったのは、通常399.99ドルを289.99ドルにディスカウントした「東芝50インチ4KスマートTV(Toshiba 4K Ultra HD Fire TV Edition 50-inch)」と、
    329.99ドルを249.99ドルに値引きした「東芝43インチ4KスマートTV(Toshiba 4K Ultra HD Fire TV Edition 43-inch)」で同社史上、テレビ販売では最大規模となった。

    他にも99.95ドルが58.99ドルとなった多機能電気圧力なべ「インスタントポット6クォート 7-in-1(Instant Pot 6 Qt 7-in-1)」が30万個以上販売、
    60%オフで9.99ドルとなった携帯用浄水器の「ライフストロー・パーソナル・ウォーター・フィルタ(LifeStraw Personal Water Filters)」が15万個以上売れ、
    139.99ドルが99.99ドルになった遺伝子検査キット「23&ミーDNAテスト(23 and Me DNA Test)」もベストセラーとなった。
    アメリカではプライムデー開始直後、システム障害でウェブサイトへのアクセスができない状況が発生した。

    日本では、1,471円が998円となった「【大容量】トップ スーパーナノックス 洗濯洗剤 液体 詰め替え 超特大1300g」と、
    3,290円となった「明治 ザバス ホエイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g」がベストセラーとなった。
    https://www.fashionsnap.com/article/2018-07-19/post-1684/

    引用元: ・アメリカのアマゾンプライムデーで最も売れた商品は「東芝50インチ4KスマートTV」  日本は洗剤

    http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1532177075/ 【Amazonプライムデー2018で最も売れたもの アメリカは「東芝 50インチ・4K スマートテレビ」、日本は洗剤…】の続きを読む

    TB
    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [CH] 2018/07/13(金) 10:12:28.70 ID:l16SVQly0 BE:837857943-PLT(16930)
    sssp://img.5ch.net/ico/u_giko_ebi.gif
    衛星放送「スカパー!」を運営するスカパーJSATと、NTT東日本、西日本は12日、NTT東西の光回線契約者向けテレビサービス
    「フレッツ・テレビ」で、超高画質の「衛星4K8K放送」の提供を始めると発表した。12月から順次、開始する。フレッツ・テレビの既存利用者は、 衛星アンテナの設置など追加の工事が原則不要で、手軽に衛星放送の4K8Kを視聴できる。

    衛星4K8K放送は今年12月1日から、対応するテレビやチューナー、アンテナのほか、宅内の改修工事などの準備をすれば、 民放の4KやNHKの8Kなど17チャンネルの視聴が可能になる。

    一方、フレッツ・テレビの場合、4K8Kの視聴に対応したテレビやチューナーといった設備やNTT東西の光回線契約は必要だが、 宅内工事や衛星アンテナの設置は不要だ。

    フレッツ・テレビを通じた衛星4K8K放送の提供開始時期はチャンネルごとに異なる。NHKとBS日テレ以外の民放の4K放送は 今年12月1日からで、月額利用料は750円。8K放送や、NHK・民放以外の4K放送は来年夏から提供を開始する。

    https://news.goo.ne.jp/article/sankei/business/sankei-ecn1807120038.html
    no title

    引用元: ・「4K8K放送を光回線で」スカパーとNTT東西が12月開始

    http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1531444348/ 【アンテナ不要で新4K8K衛星放送視聴可能、光回線「フレッツ・テレビ」で12月開始!】の続きを読む

    TB

    1: ムヒタ ★ 2018/06/09(土) 06:14:09.93 ID:CAP_USER
    超高画質のテレビ「新4K8K衛星放送」開始まで半年を切った。12月1日にBS、CSの17チャンネルがスタート、2020年までに19チャンネルに増える。臨場感のある映像が特徴だが、当面は現行ハイビジョンと同等の画質の番組も多い。家庭にある4K対応テレビで視聴するには、新たにチューナーなどが必要で、普及には時間がかかりそうだ。


    電子情報技術産業協会によると、4K映像を表示できるテレビは既に400万台以上、出荷されている。50インチで5万円台の製品も。8K対応テレビは70インチで80万円前後だ。

    しかし、これらのテレビで新放送を受信するには、今秋発売される専用チューナーが必要になる。ピクセラ社製の4K用で3万円程度。チューナー内蔵の4Kテレビも今月、50インチが18万円前後で売り出された。

    さらに、チューナーがあっても、「左旋」といわれる放送方式の一部チャンネルを見るには、アンテナや分配器などを交換しなければならない。共用アンテナのマンションでは、工事費がかさむ。工事内容によっては、費用の3分の2を総務省が補助する。

    ケーブルテレビと契約していて4K対応テレビがあれば、左旋のチャンネルも視聴できる可能性が高い。ただし、8Kを見られるのは、8K対応テレビと光回線がある世帯に限られる。

    このように、新放送を楽しむ環境を整えるのは、必ずしも簡単ではない。放送サービス高度化推進協会の調査では、4K対応テレビを持っていない人の半数以上が「欲しいとは思わない」と答えている。

    https://www.sankeibiz.jp/business/news/180609/bsb1806090500001-n1.htm

    引用元: ・【企業】「新4K8K衛星放送」視聴に専用機器必要 超高画質TV、普及には時間

    【「新4K8K衛星放送」視聴に専用機器必要で普及には時間も】の続きを読む

    このページのトップヘ