音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:秋のヘッドフォン祭2018

    FiiO K3 Type-C USB-DAC/ヘッドホンアンプ!  2018年11月02日

    COWON PLENUE L 「へ祭り」で国内初披露!感想は良好!  2018年10月30日

    final E8000 約15万円の高級イヤホンの存在が明らかに!  

    FiiO M9 LDAC&HWA対応ハイレゾDAP!約3.5万円!X3 MarkIII後継機!  2018年10月28日

    秋のヘッドフォン祭2018が開催!  2018年10月27日

    TB
    FiiO+K3


    エミライは、中国・FiiO Electronicsの小型USB-DAC/ヘッドホンアンプ「K3」を発売。発売時期や価格は未定ですが、「性能に対し、価格競争力のあるものになる」としています。

    USBバスパワーで駆動し、バッテリーは内蔵しない据え置き型。USB Type-C端子を備えます。

    DACチップは旭化成エレクトロニクス製AK4452。PCM 384kHz/32bitとDSD 11.2MHzのネイティブ再生に対応。ヘッドホン端子は、ステレオミニと2.5mmバランスを装備。オペアンプはOPA926を搭載。OPA1612はローパスフィルターとして動作。

    光/同軸デジタル出力も備え、DSD 2.8MHz(DoP)対応のDDCとしても利用可能。

    USBレシーバーICはXMOS。本体でUSB Audio Class 2.0/1.0の切り替えができ、外出先などのパソコンで専用ドライバーが無い状態でも音を聴けるのも特徴。

    なお、10月27~28日に東京・中野サンプラザで開催される「秋のヘッドフォン祭2018」で、新ハイレゾプレーヤー「M9」とともに試聴可能な状態で展示されました。

    USB Type-C接続、DSD対応DDC機能あたりがポイント。バランスヘッドホン端子だけでは差別化できなくなってきたところで、うまい具合に製品を投入してくる感じです。

    【FiiO K3 Type-C USB-DAC/ヘッドホンアンプ!】の続きを読む

    TB
    cowon-plenue-l
    「秋のヘッドフォン祭2018」。韓国のCOWONは、ポータブルプレーヤーのフラッグシップモデル「PLENUE L」が国内初披露。最短で年内発売。価格は25万円前後で検討中とのこと。

    アンバランスに加え4.4mmバランス端子を備えたハイレゾDAP。DACにはES9038PROを搭載。384kHz/32bitのPCMやDSD256の再生が可能。内蔵メモリーは256GB。もちろん、microSDカードで拡張も可能。ヘッドホンアンプには高性能アンプ「SoundPLus」を搭載。クロックデュアルTCXOも装備。

    デザインは金管楽器をイメージしたというもので金属製。上部の二つのコントロールホイールも、トランペットなどのピストンバルブに見立てています。ディスプレイには3.7インチ有機ELを採用。

    COWONの特徴であるJetEffectやBBE+といった多彩な音質調整機能ももちろん搭載しています。

    国内情報ではまだ概要のみですが、COWONのもう一つの特徴であるロングバッテリー性はどうなっているのでしょうか。国内正式発表が待たれます。

    追記:国内正式発表されました。

    【COWON PLENUE L 「へ祭り」で国内初披露!感想は良好!】の続きを読む

    TB
    E8000

    「秋のヘッドフォン祭2018」において、S’NEXTは自社・finalブランドの人気イヤホン「Eシリーズ」の新エントリーモデル「E1000」、代理店を務めるDITAブランドの新モデル「PROJECT 71」を発表。

    また、finalブランドでは「D8000」の残価設定クレジットを開始することも発表。加えて「E8000」「D6000」といった新モデルを現在開発中であることも明かしました。

    E8000はEシリーズのフラグシップで、来春までの発売を目指し、価格は15万円くらいとのこと。ベリリウム振動板を採用。一般的なベリリウム蒸着ではなく、ベリリウムの薄膜を用いる点が大きな特徴としています。

    下は数千円からあるEシリーズに、いきなり10万円越えのハイエンド機が追加。もともと20万円超のイヤホンで有名なブランドなので驚きはしませんが、従来のEシリーズしか知らないようなライトユーザーにとっては驚きかもしれません。

    もっとも、今はソニー、ビクターといった大手が10万円以上のイヤホンを出してきているので、それほど違和感はない状況と言えます。


    【final E8000 約15万円の高級イヤホンの存在が明らかに!】の続きを読む

    TB


    エミライは、中国・FiiO Electronicsの新ハイレゾプレーヤー「M9」を国内正式発表。発売は11月下旬で、価格はオープン。実売予想価格は34,800円前後。10月27日午前11時から、オンラインショップ「Fiio Direct」で、数量限定の先行販売を実施。また、10月27~28日に東京・中野サンプラザで開催される「秋のヘッドフォン祭2018」でも展示されました。


    【FiiO M9 LDAC&HWA対応ハイレゾDAP!約3.5万円!X3 MarkIII後継機!】の続きを読む

    TB
    hpfes2018a_imagednn

    ヘッドホン・イヤホン関連ブランド、製品が多数展示、発表される恒例のオーディオイベント「秋のヘッドフォン祭2018」が10月27日(土)と28日(日)に開催。

    会場は今回も東京・中野サンプラザで、27日は11時~19時、2日目の28日は10時30分~18時での開催。入場は無料。

    100を超える企業/団体、200ブランド超がブースを出展。各社のヘッドホン/イヤホン、ポータブルオーディオプレーヤー、ヘッドホンアンプやリケーブル等周辺機器、アクセサリーまで幅広く展示されます。

    ロスレスストリーミング配信を行っている「Deezer HiFi」の体験・説明会、オーディオ評論家などによるイベントも行われます。

    ゼンハイザー初の完全ワイヤレスイヤホン「MOMENTUM True Wireless」の国内初出展や、Victorの最上位イヤホン「HA-FW10000」、ソニーの高級イヤホン「IER-M9」など注目の展示が目白押しです。


    【秋のヘッドフォン祭2018が開催!】の続きを読む

    このページのトップヘ