完実電気は、Shureより、ヘッドホンアンプを搭載したMMCX接続型Bluetoothケーブル「RMCE-BT2」を本日10月26日に発売。価格は18,800円(税抜)。

RMCE-BT2は、Shureのイヤホン「SEシリーズ」向けに開発されたBluetoothケーブル。イヤホン側にMMCX端子を備えているので、SEシリーズ以外のMMCX採用イヤホンにも使用できます。

従来機・RMCE-BT1(実売1.2万円)よりも対応コーデックを大幅に増やすとともに、内蔵ヘッドホンアンプも強化。大きな違いがあります。

BluetoothはVer.5.0で、コーデックはSBCに加えて、新たにAAC/aptX/aptX HD/aptX Low Latencyと高音質コーデックもサポート。マルチペアリング、2台までのマルチポイントにも対応。

Shure独自設計の高性能・高出力なプレミアムヘッドホンアンプを搭載して音質向上を図ったとしてして、SEシリーズの「SE846」「SE535」といった同社ハイエンドイヤホンのパフォーマンスも最大限発揮させることができるとしています。

約2時間の充電で、最大10時間の連続再生が可能。また15分間の充電で1.5時間使用できるクイックチャージ機能にも対応。ケーブル長は73.7cm、質量は18g。

シュア以外のMMCXリケーブル対応イヤホンユーザーには大いに注目される製品でしょう。LDACコーデックに対応しないのが残念ですが、ワールドワイド的な状況ではそれが現実なのでしょうか。FiiOあたりならLDACにも対応した同様製品を出してくれそうな気はします。

早速、「秋のヘッドフォン祭り2018」にも出展されていますし、購入ユーザーも続々いて、結構な人気商品になりそうです。と思ったら…出たばかりなのに売り切れ続出らしいほどで、予想外な驚きです。

【SHURE RMCE-BT2 Bluetoothケーブル第2弾 RMCE-BT1比較で音質向上!】の続きを読む