ECM-100N
ソニーは、50kHzまでフラットに伸びるというワイドレンジな自社製コンデンサーマイクを発表。発売日は3月17日。価格は全てオープン。ボーカル録音に適したサイドアドレスの「C-100」が157,000円前後、楽器用のエンドアドレスで単一指向性の「ECM-100U」が10万円前後、同じく楽器用で全指向性の「ECM-100N」が112,000円前後。

ソニーはCD制作のために1992年に「C-800G」というマイクを開発。様々なスタジオに導入されているが、それから実に約四半世紀ぶりとなる新製品であり、新たなリファレンスマイクという位置づけ。
【SONY ECM-100N ハイレゾ帯域収音対応のマイク新製品!】の続きを読む