音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:ヘッドホンアンプ:AROMA

    AROMA A100 バランス入出力対応ポタアン!A10後継機!  2018年07月15日

    Nebula N10 発売日6月1日に決定!  2017年05月28日

    AROMA Nebula N10 ブランド初のDAC内蔵ポタアン!価格は8.5万円!  2017年04月26日

    TB
    AROMA_A100

    7月14日(土)・15日(日)と東京・秋葉原にて開催されている、ポータブルオーディオイベント「ポタフェス2018 SUMMER東京・秋葉原」。

    トップウイングサイバーサウンドグループは、香港・AROMAのポータブルヘッドホンアンプ新モデル「A100」を展示。既存モデル「A10」の後継機。発売は8月の予定。価格は未定。

    A10とは異なり3.5mmステレオミニ入出力に加え、2.5mm4極バランス入出力と、4.4mm5極バランス出力、計5種類の入出力端子を備え、幅広い接続に対応するのが最大の特徴です。

    一方、A10から引き続き信号増幅部前段のオペアンプが交換可能で、ポータブル製品としては “極めてまれ” という±15Vの高電圧で駆動するのも特徴。電源部に凝っているのも特徴です。

    ポータブルでバランス接続にこだわりたい人にとっては朗報でしょう。現時点では極めて珍しい入出力構成で、大変価値があります。ただ、内部でシングルになるためフルバランスではないとのこと。バランス駆動というより、左右の分離度を高めた再生に重点を置いているということになるのでしょう。
    それでも試聴感想では接続方式以前に高音質ぶりも際立つようで、その点では大変期待できるモデル。価格が10万円を切れるかがポイントでしょうか?

    【AROMA A100 バランス入出力対応ポタアン!A10後継機!】の続きを読む

    TB
    AROMA_Nebula_N10
    トップウイングサイバーサウンドグループは、香港・AROMAのUSB-DAC内蔵ポータブルヘッドホンアンプ「Nebula N10」を6月1日に発売することを発表。価格は発表済みのとおり85,000円(税抜)。

    Nebula N10はDACチップに「AKM AK4490」を採用、最大DSD 11.2MHzおよびPCM 384kHzに対応。USB-DACとして、スマートフォンはiOS、Androidに両対応。

    特徴は2.5mmバランスヘッドホン出力の装備。3.5mmヘッドホン/ライン出力も備えています。入力端子はUSB-microB、3.5mmステレオミニを各1系統装備。最大連続使用時間はDAC&アンプモードで8時間、アンプモードで15時間。外形寸法は69.5W×123H×19.5Dmm、質量は260g。

    DAPとの違いが不明瞭ですが、ヘッドホンアンプの力が多くのDAPより上ということでしょう。USB入力が容易にできる環境なら外でも高音質で聴けそうではあります。

    【Nebula N10 発売日6月1日に決定!】の続きを読む

    このページのトップヘ