音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:プリメインアンプ:LUXMAN

    LUXMAN LXV-OT7「朗音! 真空管アンプの愉悦」が発売へ!  2018年10月26日

    LUXMAN SQ-N150 コンパクトな真空管プリメイン!SQ-N100と比較しての違いは?  2018年10月21日

    LUXMAN L-509XとL-507uXIIの比較、違いは?  2018年02月25日

    LUXMAN L-503s 中古でも人気ない? メーター無しで黒歴史?  2017年09月24日

    LUXMAN L-509X 同社新フラグシッププリメイン!L-509uとの違いは?  2017年08月25日

    TB



    音楽之友社・ステレオ誌のムック本シリーズから、ラックスマン製真空管ハイブリッドプリメインアンプのキットが同梱された「朗音! 真空管アンプの愉悦」が発売されます。12月19日に税込み16,200円。

    あの真空管ハーモナイザーに続く、「真空管付録シリーズ第2弾」と銘打っています。

    プリ部に真空管12AU7、パワー部はA/B級のアナログアンプというハイブリッド構成。出力:5W+5W(4Ω)、入力:RCA 2系統とシンプルながらも、用途を工夫すれば十分に実用的な内容。これまでの付録デジタルアンプなどでの経験も踏まえた完成度の高いモデルが期待されます。

    真空管やコンデンサーの交換が可能なうえ、本誌で解説もするということなので、グレードアップの楽しみもあります。

    一見、真空管プリにD級アンプのハイブリッドという最近よくある構成かと思いましたが、パワー部はアナログAB級と、それだけでもなかなか凝っていると思う内容。どんな音の評価になるのか楽しみです。

    【LUXMAN LXV-OT7「朗音! 真空管アンプの愉悦」が発売へ!】の続きを読む

    TB





    ラックスマンは、コンパクトさやデザイン性も追求した単品コンポ「Neo Classico(ネオクラシコ)」シリーズを復活。

    11年ぶりの第2弾モデルとして、真空管プリメインアンプの「SQ-N150」と、CDプレーヤー「D-N150」を11月に発売。価格はアンプが22万8,000円、CDが18万8,000円。

    Neo Classicoは、2007年に真空管プリメインの「SQ-N100」とCDプレーヤー「D-N100」が発売され、生産終了後も復活を望む声が寄せられていたものを復活させた格好。

    シリーズ名の「NeoClassico」は、「ラックスマンと真空管が歩んだ長い歴史への回帰と新たな提案を、18世紀ヨーロッパにおける古代ローマへの回帰運動になぞらえた」としているものです。A4サイズのコンパクトさにこだわり、リビングや書斎などでの利用も想定しているのが特徴。

    ここでは「SQ-N100」の後継機、「SQ-N150」をご紹介。

    【LUXMAN SQ-N150 コンパクトな真空管プリメイン!SQ-N100と比較しての違いは?】の続きを読む

    TB

    ラックスマンのAB級プリメインアンプ・L-509X(78万円)とL-507uXII(48万円)。L-507uXIIのほうが先に2017年6月に発売され、同社のAB級プリメインアンプの最上位機となっていました。

    ところが、9月下旬に、もっと上位のL-509Xが発売。ラックスマンのAB級プリメインアンプの最上位と言えばながらく509型番でしたが、2006年のL-509u以来、久しぶりの登場とあって、驚きを持って迎えられました。

    いずれも看板の電子制御アッテネーター・LECUA、独自の高音質帰還回路「ODNF」も、バージョン4.0で搭載と基本的な部分は同様。

    L-507uXIIは110W+110W(8Ω)、220W+220W(4Ω)の出力値、バイポーラトランジスタの3パラレル・プッシュプル構成。L-509Xは120W×2ch(8Ω)、240W×2ch(4Ω)、4パラレル・プッシュプル構成。

    機能面でもだいたい同じで、こうなるとL-507uXIIのほうが得なようにも見えますが、オーディオは出力やスペックではわかならない音の違いが重要なだけに、実際に聴いた人の感触で比較を語ってもらうのが良いわけですが、なかなか簡単なことでもないのかもしれません。もう出力値で選ぶ領域ではなく、個人の価値観と判断によって選ぶしかないものでしょう。

    LUXMAN - L-507uXII

    5: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/10/08(日) 01:00:50.91 ID:7QVGXnZ3
    どうやら507と509はグレードの差と言うよりも
    好みで選ぶべきもののようだ


    引用元: ・Luxman総合スレッド 43台目

    http://lavender.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1507348635/ 【LUXMAN L-509XとL-507uXIIの比較、違いは?】の続きを読む

    TB
    lux_l-503s
    生産完了オーディオ製品紹介。L-503sはラックスマン(LUXMAN)のプリメインアンプで、1997年に13.9万円(税別)で発売されました。

    1990年代以降のラックスマンのプリメインアンプとしてはL-501s(1998年・10.9万円)と並んで最エントリー機のひとつ。

    https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/pav/1504715526/ 469-

    http://audio-heritage.jp/LUXMAN/amp/l-503s.html 【LUXMAN L-503s 中古でも人気ない? メーター無しで黒歴史?】の続きを読む

    このページのトップヘ