音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:プリメインアンプ:LUXMAN

    LUXMAN L-509XとL-507uXIIの比較、違いは?  2018年02月25日

    LUXMAN L-503s 中古でも人気ない? メーター無しで黒歴史?  2017年09月24日

    LUXMAN L-509X 同社新フラグシッププリメイン!L-509uとの違いは?  2017年08月25日

    LUXMAN L-507s2 中古名機紹介 ラックストーンに懐古したければ買い!  2017年08月17日

    LUXMAN L-505uX 中古注目機紹介!あまり話題にならない?  2017年08月13日

    TB

    ラックスマンのAB級プリメインアンプ・L-509X(78万円)とL-507uXII(48万円)。L-507uXIIのほうが先に2017年6月に発売され、同社のAB級プリメインアンプの最上位機となっていました。

    ところが、9月下旬に、もっと上位のL-509Xが発売。ラックスマンのAB級プリメインアンプの最上位と言えばながらく509型番でしたが、2006年のL-509u以来、久しぶりの登場とあって、驚きを持って迎えられました。

    いずれも看板の電子制御アッテネーター・LECUA、独自の高音質帰還回路「ODNF」も、バージョン4.0で搭載と基本的な部分は同様。

    L-507uXIIは110W+110W(8Ω)、220W+220W(4Ω)の出力値、バイポーラトランジスタの3パラレル・プッシュプル構成。L-509Xは120W×2ch(8Ω)、240W×2ch(4Ω)、4パラレル・プッシュプル構成。

    機能面でもだいたい同じで、こうなるとL-507uXIIのほうが得なようにも見えますが、オーディオは出力やスペックではわかならない音の違いが重要なだけに、実際に聴いた人の感触で比較を語ってもらうのが良いわけですが、なかなか簡単なことでもないのかもしれません。もう出力値で選ぶ領域ではなく、個人の価値観と判断によって選ぶしかないものでしょう。

    LUXMAN - L-507uXII

    5: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/10/08(日) 01:00:50.91 ID:7QVGXnZ3
    どうやら507と509はグレードの差と言うよりも
    好みで選ぶべきもののようだ


    引用元: ・Luxman総合スレッド 43台目

    http://lavender.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1507348635/ 【LUXMAN L-509XとL-507uXIIの比較、違いは?】の続きを読む

    TB
    lux_l-503s
    生産完了オーディオ製品紹介。L-503sはラックスマン(LUXMAN)のプリメインアンプで、1997年に13.9万円(税別)で発売されました。

    1990年代以降のラックスマンのプリメインアンプとしてはL-501s(1998年・10.9万円)と並んで最エントリー機のひとつ。

    https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/pav/1504715526/ 469-

    http://audio-heritage.jp/LUXMAN/amp/l-503s.html 【LUXMAN L-503s 中古でも人気ない? メーター無しで黒歴史?】の続きを読む

    TB
    LUXMAN_L-507s2
    生産完了オーディオ製品情報。L-507s2(L-507sII)はラックスマンが1999年に28万円で発売したプリメインアンプ。L-507s(1996年・25万円)の後継機。

    AB級動作のプリメインアンプ。Pc150W級の大容量トランジスターのパラレル・プッシュプルで出力は110W+110W(8Ω)。トーンコントロールなど各種機能装備、フォノMM/MC対応、バランス入力あり、プリパワー分離可、アナログメーター、リモコンなど機能はフル装備。
    【LUXMAN L-507s2 中古名機紹介 ラックストーンに懐古したければ買い!】の続きを読む

    このページのトップヘ