音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:プリメインアンプ:LUXMAN

    LUXMAN L-507s2 中古名機紹介 ラックストーンに懐古したければ買い!  2017年08月17日

    LUXMAN L-505uX 中古注目機紹介!あまり話題にならない?  2017年08月13日

    LUXMAN L-305 中古名機へ!レトロデザインに音質は?  2017年08月12日

    L-505uXII ビジネス板での反応 やはりミツバチ云々が注目か?  2017年07月21日

    LUXMAN L-505uXII L-505uX後継機 比較、違いは!ミツバチも関係?  2017年07月15日

    TB
    LUXMAN_L-507s2
    生産完了オーディオ製品情報。L-507s2(L-507sII)はラックスマンが1999年に28万円で発売したプリメインアンプ。L-507s(1996年・25万円)の後継機。

    AB級動作のプリメインアンプ。Pc150W級の大容量トランジスターのパラレル・プッシュプルで出力は110W+110W(8Ω)。トーンコントロールなど各種機能装備、フォノMM/MC対応、バランス入力あり、プリパワー分離可、アナログメーター、リモコンなど機能はフル装備。
    【LUXMAN L-507s2 中古名機紹介 ラックストーンに懐古したければ買い!】の続きを読む

    TB


    生産完了オーディオ製品情報。L-305はラックスマンが2012年に30万円(税別)で発売した半導体式プリメインアンプ。

    1970年代製品に特徴的なノブ類を多数備えたフロントパネルと、木箱入りデザインを採用した、トランジスタ式のプリメインアンプ。 全体にレトロな雰囲気の外観が大きな特徴となります。ただし、リモコンを装備するなど機能性は現代的。 【LUXMAN L-305 中古名機へ!レトロデザインに音質は?】の続きを読む

    TB


    ラックスマンの新プリメインアンプ・L-505uXII。8月下旬に発売。価格は26万8,000円。従来機・L-505uX(2011年・249,900円)の後継機です。すでにこちらの記事でもご紹介済み。
    LUXMAN L-505uXII L-505uX後継機 比較、違いは!ミツバチも関係?

    通常、こうしたオーディオ愛好家向けのプリメインアンプは、2chのビジネス板で紹介されることは少ないかと思いますが、本機は取り上げられています。その理由として、どうやら本機でラックスマンがアピールしている「ミツバチの動きも取り入れた」という部分が注目された結果のようです。

    何のことはない、オーディオではよくある内部配線の最短化、効率化の一種ですが、やはり印象的な宣伝内容が功を奏したようです。…これで多少注目されたとしても売れ行きが上がることにつながる効果はあるのでしょうか。
    【L-505uXII ビジネス板での反応 やはりミツバチ云々が注目か?】の続きを読む

    TB

    ラックスマンは、AB級プリメインアンプ「L-505uXII」を8月下旬に発売。価格は26万8,000円。従来機・L-505uX(2011年・249,900円)の後継機。ここでは先代との内容面で比較しての違いも交えご紹介します。


    【LUXMAN L-505uXII L-505uX後継機 比較、違いは!ミツバチも関係?】の続きを読む

    このページのトップヘ