音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:ハイレゾ:クラシック

    マーラー 交響曲第9番 名盤は? ハイレゾ配信情報も5  2016年08月10日

    ガーシュウィン ラプソディー・イン・ブルー 名盤は? ハイレゾ配信情報も4  2016年06月05日

    ベートーヴェン 交響曲第9番「合唱」 ハイレゾ音源情報 格安配信情報も5  2015年12月29日

    日本コロムビア、倍音再構築技術「ORT」開発。DENON Classicのマーラーの名盤などをハイレゾ化5  2015年11月18日

    米良美一、くも膜下出血から273日ぶり「奇跡」復帰 【関連ハイレゾ配信情報も】5  2015年08月27日

    TB
    4

    ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー、パリのアメリカ人/他


    クラシック音楽の名曲の名盤、ハイレゾ音源配信情報をお届け。 ガーシュウィン ラプソディー・イン・ブルー編。

    引用元: ・ガーシュウィンのスレが無いなんて

    http://yomogi.2ch.sc/test/read.cgi/classic/1078752767/ 【ガーシュウィン ラプソディー・イン・ブルー 名盤は? ハイレゾ配信情報も】の続きを読む

    TB
    5
    クラシック音楽の名曲の名盤、ハイレゾ音源配信情報をお届け。ベートーヴェン 交響曲第9番「合唱」編。

    日本の年末の風物詩・ベートーヴェンの第九の演奏を聴く習慣は、日本だけのもののようですが、いずれにしても時節柄の記事として紹介致します。

    引用元: ・ベートーヴェン 第九の名盤7

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/classical/1436174055/ 【ベートーヴェン 交響曲第9番「合唱」 ハイレゾ音源情報 格安配信情報も】の続きを読む

    TB
    5
    ORTMastering_logo
    日本コロムビアは、倍音再構築技術「ORT」を開発したと発表しました。16/44.1マスターなどで高域成分の不足を補完して追加するハイレゾ化技術。

    DENONのクラシック名盤に使用して、ハイレゾ配信するとしています。16/44.1マスター時代のDENONクラシックの名盤といえば、インバル指揮のマーラー・交響曲全集がやはり思い浮かびます。とくに第4番の録音は、純粋ワンポイント録音の名録音として、現在でも有名です。今回も配信第一弾としてラインナップ。

    一方で、あの名録音に手を加えてしまうとどうなってしまうのか、不安もありますが…。

    823: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/11/17(火) 17:40:58.17 ID:UuK/bw+2G
    日本コロムビア、倍音再構築技術「ORT」開発。DENON Classicの名盤などをハイレゾ化
    http://www.phileweb.com/news/audio/201511/17/16640.html

    日本コロムビアは、アナログ/デジタル変換時に失われた高域成分を再構築する技術
    「Overtone Reconstruction Technology(ORT)」を開発。

    PCM録音初期にCD相当のスペックでレコーディングされた名盤を、
    ORTマスタリングを使うことでハイレゾ化してリリースすることを狙う。

    842: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/11/17(火) 23:40:15.86 ID:Yq8vmN97.net
    日本コロムビアは、アナログ信号をデジタルに変換した際に失われた高域成分を、再構築する「Overtone Reconstruction Technology(ORT)」技術を開発。
    これを用いた「ORTマスタリング」の第一弾としてDENON Classicレーベルの名盤を「DENON Classic ORT Masteringシリーズ」として復刻。12月16日からe-onkyo musicにて、ハイレゾ配信を開始する。


    「44.1kHz/16bitなどのマスターで、良い録音なのにハイレゾとして出せないものが多く、忸怩たるものがあった。 一方で、我々は倍音の再構築を機械的に行なうのではなく、録音状態やホールの響きなどに合わせ、人の手でパラメータを変える必要があると考えていたため、慎重になっていた。今回はその技術を煮詰め、皆様に発表できるものができたと考えている」と説明。

    引用元: ・ハイレゾで本当に音は良くなるのか?★35

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1445949169/ 【日本コロムビア、倍音再構築技術「ORT」開発。DENON Classicのマーラーの名盤などをハイレゾ化】の続きを読む

    TB
    5

    ハイレゾ配信・音源のある音楽アーティストのニュースを紹介。
    1: シャチ ★@\(^o^)/ 2015/08/26(水) 10:07:00.13 ID:???*.net
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150826-00000017-nksports-ent
    昨年12月にくも膜下出血で倒れたカウンターテナー歌手米良美一(44)が、来月6日に仕事復帰する。
    3月末に退院後、リハビリに取り組んできた。このほど取材に応じ、再びステージに立てる喜びを語った。

     「神様に生きることを許された」。米良は、今の自分をそう表現した。

     昨年12月8日、自宅で意識不明の状態で発見された。「左部分のくも膜下出血」と診断され、緊急手術を受けた。 意識は年明けに戻ったが、生死の境をさまよった。故郷宮崎に転院し、3月末に退院。
    その後は実家でリハビリに取り組んだ。「体調は倒れる前と変わらない。問題は喉の歌う筋肉です」。5月の連休明けに、 発声の専門家が作成したメニューに従って歌のトレーニングを開始。「スポーツ選手が、けがから戻る時と同じ。 私は『喉のアスリート』。急にやりすぎてもいけない。体と心の状態を見極めながら進めました。 若いころは怖いもの知らずでしたが、ちゃんと元に戻るか不安でした」。

     周囲は「頑張って」と励ますが「根性の問題じゃない。『しなやかな感性』で歌えるようにならなくちゃいけない」と冷静にブレーキをかけた。 「怠けたわけではなく、気が乗るまでは無理しませんでした」。喉の状態は「7割以上まで戻った」と笑顔で話す。

     来月6日に群馬・玉村町文化センターで作曲家宮川彬良氏(54)と共演する「ふたりの歌謡ショウ」が復帰ステージ。 それまでの時間に感性を取り戻す必要があるという。273日ぶりの仕事復帰となり、「恋のバカンス」 「ウナ・セラ・ディ東京」「若いって素晴らしい」などを歌う予定。「ここまで来られたのは奇跡。
    病気を抱えて乗り越えようとしている方に少しでも希望を感じてもらえば」。 来月14日に「ヨコハマ・ポップ・オーケストラ」(神奈川みなとみらいホール)で神奈川フィルハーモニー管弦楽団と共演する。

     大きな夢もある。「次はお芝居に挑戦してみたい。歌は『一人芝居』だから、つながっているはず。
    ほとばしる感情を表現できる場に立たせてもらえれば」と燃えている。【小谷野俊哉】

     ◆米良美一(めら・よしかず)1971年(昭46)5月21日、宮崎県生まれ。幼少期より先天性骨形成不全症を患う。 94年3月洗足学園音楽大を首席で卒業。96年にオランダ政府給費留学生としてアムステルダム音楽学院に入学。 97年映画「もののけ姫」主題歌を担当。98年12月、日本アカデミー賞協会特別賞の主題歌賞受賞。 15年映画「マンゴーと赤い車椅子」主題歌「Truth」を担当。家族は父信八さんと母京子さん。

    画像 クモ膜下出血の手術から再び大輪の花を咲かせようとする米良美一
    http://amd.c.yimg.jp/amd/20150826-00000017-nksports-000-3-view.jpg

    引用元: ・【音楽】米良美一(44)、くも膜下出血から273日ぶり「奇跡」復帰

    【米良美一、くも膜下出血から273日ぶり「奇跡」復帰 【関連ハイレゾ配信情報も】】の続きを読む

    このページのトップヘ