dCS_NetworkBridge

英dCSは、手持ちのDACをネットワーク接続可能にする「Network Bridge」を発売。価格は65万円。

EthernetとUPnPレンダラー機能を備え、NASやPCなどの音楽ファイルをネットワーク経由でストリーミングで受信し、手持ちのDACなどへデジタル出力できるネットワークブリッジ。

iPhone/iPadなどからのAirPlayに対応するほか、ライブラリー管理の高い利便性などが特徴のRoonにも対応するRoon Ready仕様。Spotify Connect、Tidalにも対応する。DSDは最大5.6MHz、PCMは384kHz/24bitまで対応。

デジタル出力端子はAESやRCA、BNCを装備。AESとRCAは最大192kHz/24bitのPCMまたはDSD 2.8MHz、BNCからは96kHz/24bitまたはDSD 2.8MHzで出力可能。Dual AES伝送時は最大384kHz、DSD 5.6MHzで出力可能。

DSDからPCMへのダウンサンプリングも行なえます。そのほか、ストレージ接続用のUSB 2.0端子も搭載し、USB HDDなどに収めた楽曲ファイルも外部機器へ出力できます。

また、BNCのワードクロック入出力端子を備えます。一方、同社の「Vivaldi」や「Rossini」に搭載されているものと同じマスタークロックを内蔵し、ジッターを抑制するのもポイント。

シャーシは切削加工による航空機グレードのハードアルミを使用した高品位なもの。外形寸法は360×245×67mm(幅×奥行き×高さ)、重量は4.6kg。

ネットワークトランスポートと呼ばれるものの一つ。このブランドにしてはリーズナブル?なのも魅力?でしょうか。
【dCS Network Bridge RoonReady対応のネットワークトランスポート!】の続きを読む