音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:スマホ:SONY

    Xperia XZs ハイレゾ&960fpsスロー撮影対応!  2017年05月11日

    Xperia XZ Premium 世界初4K HDR液晶搭載スマホ!  2017年03月01日

    SONY 次世代Xperiaに有機EL採用へ!  2017年01月12日

    【朗報】SONY Xperia イヤホン端子廃止は現状では検討していない!  2016年12月15日

    Xperia X Compact SO-02J ドコモ独占販売のハイレゾ/LDAC対応スマホ!  2016年10月20日

    Xperia_XZs

    ソフトバンクは、ソニーモバイルコミュニケーションズ製スマートフォン「Xperia XZs」を発売する。カラーはブラック、ウォームシルバー、アイスブルー、シトラスの4色。

    5.2型フルHD液晶と、1,920万画素の背面カメラ/1,300万画素の前面カメラを備えた、Xperiaの新モデル。スマートフォンで世界初となるメモリ積層型イメージセンサーを搭載してデータ読み出しを高速化し、30fpsの32倍となる最高960fpsの「スーパースローモーション撮影」や、シャッターを切る直前の静止画が撮れる「先読み撮影」を可能にした。

    ハイレゾ音楽再生も可能で、デジタルノイズキャンセリング機能も搭載。Bluetooth接続時のコーデックはLDACもサポートする。そのほか、バッテリの「いたわり充電」機能なども強化している。本体はIPX5/8、IP6X対応の防水・防塵仕様。

    チップセットはQualcomm Snapdragon 820(MSM8996)で、2.2GHz(デュアルコア)+1.6GHz(デュアルコア)のクアッドコア構成。メモリは4GBに強化した(XZは3GB)。ストレージは32GB。OSはAndroid 7.1。

     バッテリ容量は2,900mAhで、Qnovoのバッテリ制御技術を採用。バッテリの状態に合わせて最適な充電を行なう「いたわり充電」機能を備え、2年使っても劣化しにくいという。

    外装の素材には、神戸製鋼の「ALKALEIDO(アルカレイド)」を採用。高輝度、高純度のメタル素材にサンドブラスト加工を施し、マットな質感にした。上部にはステレオミニのヘッドフォン出力を装備。下面にはUSB Type-C端子を備える。なお、USB Type-Cケーブルは別売。外形寸法は146×72×8.1mm(縦×横×厚み)、重量は161g。

    http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1058463.html
    ※オーディオ情報サイトとしては、ハイレゾ、LDAC対応がポイントくらいでしょうか。CDやMP3などの圧縮音源をハイレゾ相当に変換できるDSEE HXも搭載。さすがにイヤホンジャックはまだ付いています。

    ROM:32GB(microSDカード 256GBまで対応)
    通信機能:Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth4.2、LTE(下り最大350Mbps)、VoLTE
    指紋リーダー、フルセグ、おサイフケータイ対応。 【Xperia XZs ハイレゾ&960fpsスロー撮影対応!】の続きを読む


    XperiaXZPremium

    ソニーモバイルコミュニケーションズは、スペイン バルセロナで開催中の「Mobile World Congress 2017」においてスマートフォン「Xperia X」シリーズの新商品4機種を発表。なかでもフラグシップの「Xperia XZ Premium」は、世界初4K HDR液晶搭載が大きなトピック。ビジュアル機器面でも注目です。
    【Xperia XZ Premium 世界初4K HDR液晶搭載スマホ!】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2017/01/11(水) 10:14:10.70 ID:CAP_USER
    http://www.nikkan.co.jp/articles/view/00412941

    ソニーは2018―19年に投入するスマートフォンの新モデルに有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)ディスプレー を採用する検討に入った。ソニーのスマホ事業は構造改革を経て、高付加価値路線にシフトした。
    鮮明さやフレキシブル性能を実現できる有機ELディスプレーを採用し、ハイエンド層でのシェアを拡大する。

    有機ELを採用するのは、ソニーモバイルコミュニケーションズ(東京都品川区)のスマホブランド
    「エクスペリア」の上位機種を軸に検討している。ディスプレーの進化に加え、
    中央演算処理装置(CPU)やバッテリーなどの性能も高め、競合他社と差別化する。

    すでに有機ELディスプレー搭載モデルの技術的な検討に入った。スマホ向け有機ELディスプレーを量産するのは現在 、韓国サムスンディスプレイだけだが、18―19年にかけて韓国LGディスプレイやジャパンディスプレイなどが量産に踏み切る見通し。ソニーも調達に向...


    引用元: ・【スマホ】ソニーも有機ELスマホ投入へ、来年にもエクスぺリア上位機に

    http://potato.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1484097250/ 【SONY 次世代Xperiaに有機EL採用へ!】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/12/14(水) 22:20:05.12 ID:CAP_USER
    http://www.phileweb.com/news/mobile_pc/201612/14/710.html

    ソニーモバイルコミュニケーションズジャパンは12月13日、ソニー・ミュージック乃木坂スタジオに
    てXperiaのハイレゾへの取り組みについて記者説明会を行った。

    '16年10月末の時点で、ハイレゾ対応Xperiaは累計販売台数約1,000万台に到達。
    特にこの1年間は431万台から944万台へ約2.2倍もの目覚ましい伸びを見せた。

    同社の調査によると国内のスマホ契約者数は約8,000万人で、そのうちスマホでよく音楽を聴く人は約1,360万人ほどとのこと。
    なかでもXperiaユーザーは音楽への関心/感度が高く、他社製スマホユーザーよりも音質やハイレゾを聴けることを重視して
    製品を選ぶ方が多いのだという。

    最新モデルのXperia XZをはじめ、ここ最近の同シリーズはオーディオ再生機能でドラスティックな進化はなかったが、
    ウォークマンのノウハウを活かしアナログ回路部分がブラッシュアップされてきているとのこと。
    信号をアナログ変換したあとノイズの影響を受けないような回路設計や部品選択になっているのだという。
    なおiPhoneのようにイヤホンジャックを廃止する考えはあるか、という記者の質問に対しては「現状予定していない」とのことだった

    (以下略)

    引用元: ・【スマホ】ソニーのXperia「イヤホンジャック廃止、予定してない」

    http://potato.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1481721605/ 【【朗報】SONY Xperia イヤホン端子廃止は現状では検討していない!】の続きを読む

    Xperia_X_Compact
    NTTドコモは、ソニーモバイルコミュニケーションズ製スマートフォンのXperia最上位モデル「Xperia XZ(SO-01J)」と、小型モデルの「Xperia X Compact(SO-02J)」を11月上旬より発売。実売予想は6万円台前半。

    いずれもオーディオ面ではハイレゾ/LDACに対応する高品位が売り。ここではドコモ独占販売のXperia X Compact(SO-02J)をご紹介。約4.6インチディスプレイのコンパクトサイズながら、上位モデルXperia XZの良い部分を凝縮したというモデルという触れ込みです。 【Xperia X Compact SO-02J ドコモ独占販売のハイレゾ/LDAC対応スマホ!】の続きを読む

    このページのトップヘ