音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:サブウーファー:FOSTEX

    FOSTEX CW250D 音楽再生向けサブウーファー CW250B後継機!  2018年04月03日

    FOSTEX PM-SUB8 サブウーファー新機種!PM-SUBn後継機 比較、違いは?  2017年07月01日

    FOSTEX CW250A 後継よりもいいみたいだけど…中古かな?  2017年04月18日

    TB
    CW250D

    フォステクスは、音楽再生向けのサブウーファー新機種「CW250D」を4月上旬に発売。価格は11万円。“音楽専用”というCWシリーズのアクティブサブウーファー新機種で「CW250B」(2016年・¥100,000)の後継機。

    ウーファーユニットは25cm径で、内蔵アンプの最大出力は300W。エンクロージャーは密閉型。

    動特性を改善するために新設計のPWMアンプを採用。電源部を強化、コンデンサーの大型化により瞬時電源供給能力を高め、連続した超低域の再現性を改善したとしています。アンプを構成する部品を細部まで見直し、SN感を向上させたというのも改良点。

    BKPパルプとケブラーの混抄による高剛性振動板と、1.1テスラの強力磁気回路、特殊ボイスコイル(MFB 検出コイル)を使用。「5弦コントラバスの最低音である32Hzを完璧に再生し、パイプオルガンの16Hzまでもほぼ再生できる能力を持つ」としています。

    バッフル板には2種類の特性の異なる材料として、18mmのCE合板(楠木/ユーカリ合板)と15mm MDFを再合板して剛性と内部損失を両立。その他の部分には共振を分散し付帯音が少ないMDF(18mm)を使用しています。

    遅延を改善するため、振動板の動きを入力信号と同期させるモーショナル・フィードバック(MFB)を掛けています。

    ローパスフィルタのクロスオーバー周波数は40Hz~140Hzの連続で可変。クロスオーバーポイントの遮断特性は、最も自然に合成されるという12dB/oct.に設定。270Hz以上の不要帯域は36dB/oct.で遮断。

    入力端子は、ライン入力とサブウーファー入力、スピーカー入力を備え、ラインとスピーカーのスルー出力も各1系統装備。ステレオ用に左右独立して使用するのも簡単です。

    消費電力は50W(無信号時11W)とD級アンプならではの省電力。外形寸法は340×394×360mm(幅×奥行き×高さ)、重量は19.5kg。RCAケーブル(3m)やスピーカーケーブル(3m)、ACケーブルなどが付属。

    製造コストの上昇に苦しんでいるフォステクスですので、本機も価格アップ。それでも音質向上を謳ってはいるので、それが確かなら買う価値は十分にあるとは思います。これでも音楽再生専用として高額すぎない手頃なサブウーファーの領域にはまだ留まっていると言えましょう。

    【FOSTEX CW250D 音楽再生向けサブウーファー CW250B後継機!】の続きを読む


    生産完了オーディオ製品情報。FOSTEX CW250A フォステクスのサブウーファー。価格は10万5千円(税別)で発売2010年。

    ユニットは25cm径で、最大34.6mmのロングストロークタイプ。BKPパルプとケブラーを混抄した高剛性振動板を使い、磁気回路も1.1テスラの強力なものを採用。パイプオルガンの16Hzまでもほぼ再生できる能力を持つという高度な低音再生能力を持ちます。
    【FOSTEX CW250A 後継よりもいいみたいだけど…中古かな?】の続きを読む

    このページのトップヘ