音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:イヤホン:SONY

    SONY XBA-N1 より小型化したハイブリッドイヤホン!  2016年10月04日

    SONY h.ear in Wireless MDR-EX750BT ネックバンドスタイルのBluetoothイヤホン!  2016年02月22日

    SONY XBA-300 3BAドライバー 純BAイヤホンでソニー初のハイレゾ対応機!  2015年09月09日

    SONY MDR-EX750NA ハイレゾとノイズキャンセリングの両立を初めて実現したイヤホン!  2015年09月05日

    SONYのイヤホンXBA-H1買いたいのだが  2015年07月27日

    ソニーは、バランスド・アーマチュア(BA)ユニットとダイナミック型を両方搭載した、ハイブリッド型のカナル型イヤホン新モデル2機種を10月29日に発売。価格はいずれもオープンで、実売予想価格は「XBA-N3」が35,000円前後、「XBA-N1」が22,000円前後。それぞれ従来機「XBA-A3」と「XBA-A2」の後継機種。

    ここでは弟機のXBA-N1をご紹介。
    【SONY XBA-N1 より小型化したハイブリッドイヤホン!】の続きを読む

    ソニーは、ネックバンドスタイルのBluetoothイヤホン“h.ear in Wireless”を3月12日に発売。オープン価格で21,000円前後での実売が予想。

    「MDR-EX750」をベースにしたBluetooth対応モデル。ハイレゾ相当のデータ伝送が可能な独自コーデックであるLDACにも対応し、ネックバンドスタイルのデザインを採用したBluetoothイヤホンとなっています。

    ソニー独自の高音質コーデック「LDAC」に対応。AACの約3倍となる最大990kbpsの速度で伝送することで、ハイレゾ音源をハイレゾ相当の音質で再現するとしているコーデックです。BluetoothコーデックはSBC/AAC/aptXにも対応。

    なお、LDACでの接続については、機器や周囲の電波状況などで最大速度の990kbpsで伝送できない場合がありますが、ハイレゾ音源を990kbps(音質優先モード)で伝送する場合に限り、ハイレゾ相当の音質を再現できるとしています。

    9mmダイナミック型ドライバーを搭載し、Bluetooth使用時の連続再生時間は約7.5時間。重量は約38g。

    ネックバンドスタイルを採用しているのも特徴。「長時間装着にも最適な、首周りにフィットするスリムな形状」だとしています。

    スマートフォンとペアリングしてのハンズフリー通話も可能。エコーキャンセレーション、ノイズサプレッションに加えて、従来より広い帯域での通話を可能にするという高音質化技術「HD Voice」を搭載し、同技術対応機器/回線を使用している相手との通話時に、より高音質での会話ができるとしています。

    電源ON/OFFなどの動作状態を音声でアナウンスする音声ガイダンス機能も搭載。Bluetoothなどの操作ボタンはネックバンド部に備えます。

    有線接続での使用も可能で、1.0mのケーブルも付属。有線使用時はハイレゾ音源をハイレゾのまま楽しめます。

    カラーは、ビリジアンブルー、シナバーレッド、チャコール・ブラック、ライムイエロー、ボルドーピンクの5色。 本体の色に合わせたキャリングポーチも付属。


    引用元: ・【毎年元年】ワイヤレスで音楽を!34 【Bluetooth】

    http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1454433282/ 【SONY h.ear in Wireless MDR-EX750BT ネックバンドスタイルのBluetoothイヤホン!】の続きを読む

    ソニーは、同社のハイブリッド構成ではないBA(バランスド・アーマチュア)ドライバー搭載イヤホンとして、初のハイレゾ対応モデル「XBA-300」を10月10日に発売。オープン価格で28,000円前後での実売が予想。

    「XBA-40」の後継となり、ソニーBAイヤホンのフラグシップモデルという位置づけ。バランスド・アーマチュア・ドライバーを3基搭載。フルレンジ、ウーファー、HDスーパートゥイーターというトリプルBAドライバーユニット構成。

    この構成により、周波数特性は5Hz~40kHzの広帯域を実現。ダイナミック型ドライバーとのハイブリッドではない、BAドライバーのみを採用した同社製モデルとして、初めてハイレゾに対応することができました。

    全てのBAドライバーには、対象形状によって振動の対称性を高めるシンメトリックアーマチュアと、アーマチュアの振動をロスなく振動板に伝達できるよう配慮した振動板一体の連結ロッドによるダイレクトドライブ構造を採用。それぞれのドライバーに適切な形状と素材の振動板を採用することで、入力信号に忠実に振動板を駆動し、透明度の高い音質の実現を狙ったとしています。従来は音導管に向かって並んでいたBAドライバーユニットを今回は並列で3個搭載。

    また、音導管には真鍮を採用。音導管の内径を拡大することで伸びのあるクリアな中高音を実現したとしています。ハウジングは二重構造のダブルレイヤードハウジング構造。高剛性と高内部損失のマグネシウム合金を使用してドライバーユニットを堅牢に固定することに加え、アウターはウイングとインナーハウジングとを異種材料で複合させることで、音の立ち上がりをさらに改善したとしています。

    再生周波数帯域は5Hz~40kHz、感度は101dB/mW、インピーダンスは16Ω。 重さは7g。

    ケーブル構造・線材は、独立グラウンド独立グラウンドの4芯構成、銀コートOFC線などを採用。ケーブルは着脱式。左右のグラウンドが独立しているのはケーブル内までで、付属ケーブルのプラグは3極仕様。

    SS/S/M/Lのハイブリッドイヤーピースや、キャリングケースなどが付属。ノイズアイソレーションイヤーピースやシリコンフォームイヤーピースは付属しません。

    交換ケーブルとして、XBA-Z5などと共通のMUC-Mシリーズのケーブルが利用できます。「MUC-B12BL1」(予想実売価格22,000円前後)と、よりリーズナブルな「MUC-S12BL1」(予想実売価格8,000円前後)の2種類。いずれもバランス接続対応のケーブルで、同社ヘッドホンアンプ「PHA-3」などとの組み合わせを想定。

    型番的には以前あった、XBA-30の後継機にもなると思います。XBA-30は、XBA-40を超えるような音の自然さ、バランスの良さが個人的には印象的でしたが、なくなってしまい残念に思っていただけに、今回の機種には期待したいです。バランス接続にも対応のリケーブルも歓迎されそうです。

    引用元: ・【SONY】XBAシリーズ総合 Part37【イヤホン】

    http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1441681343/ 【SONY XBA-300 3BAドライバー 純BAイヤホンでソニー初のハイレゾ対応機!】の続きを読む

    SONY_MDR-EX750NA

    ソニーは、ハイレゾ対応ヘッドホン/イヤホンの新モデル「h.ear(ヒア)」をIFA2015にて発表。

    オーバーヘッドタイプの「h.ear on」と、ノイズキャンセリングイヤホン「h.ear in NC」を10月10日より欧州で発売。また、ノイズキャンセリングのない通常イヤホン「h.ear in」も参考出展。「h.ear on」「h.ear in NC」ともに180ユーロ前後で販売される予定。

    ここではh.ear in NCを詳しくご紹介。

    型番は「MDR-EX750NA」。インナーイヤーイヤホンとして初めてハイレゾとノイズキャンセリングの両立を実現させたとのことで、ノイズキャンセリング機能を適用しながらハイレゾ音源を楽しむことができることが最大の特徴。

    新開発の9mmダイナミックドライバーを搭載。振動板ドーム部分を小径化してそのまま音導管に音を放射する構造にることで、装着性を高めつつも40kHzまでの広帯域再生を実現させたとしています。振動板はエッジ部のコルゲーションも調整して低域再生能力の向上も図ったとしています。ハイレゾ対応に相応しいワイドレンジ化を図ったと言えそうです。

    また、振動板の磁気回路にはマグネットをボイスコイルの外側に配置。これにより、振動板サイズに応じてマグネットも小さくせざるを得ない内磁型磁気回路での問題をクリアし、小型でありながら高感度を実現したとしています。アンプへの負担も軽減。

    ノイズキャンセリングには、2つのマイクで騒音を感知するデュアルノイズセンサーテクノロジーにおるデジタルノイズキャンセリングを採用。ソニーのインナーイヤー型イヤホンとしては初めて採用。

    バッテリーはUSBによる充電で、最長約16時間の駆動が可能。バッテリーが切れた場合やノイズキャンセリング機能をオフにした場合でも通常のパッシブイヤホンとして使用できます。また、ケーブル部にはスマートフォン用マイクリモコンも装備。

    色は、同時発表されたウォークマン「A20シリーズ」に合わせた、ビリジアンブルー/シナバーレッド/チャコールブラック/ライムイエロー/ボルドーピンクの5色をラインナップ。

    参考展示品の“h.ear in”「MDR-EX750AP」は、上記「MDR-EX750NA」からノイズキャンセリング機能を省いたようなモデル。NC機能が要らないユーザーにとってはこちらも注目です。

    引用元: ・【SONY】XBAシリーズ総合 Part36【イヤホン】

    http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1435496577/ 【SONY MDR-EX750NA ハイレゾとノイズキャンセリングの両立を初めて実現したイヤホン!】の続きを読む

    このページのトップヘ