音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:イヤホン:SENNHEISER

    SENNHEISER IE 100 PRO 1/19発売!購入者などの感想は?  2021年01月22日

    SENNHEISER IE 300 イヤホン新モデル!リケーブルが難しい?  2021年01月12日

    IE 500 Pro & IE 400 Pro ポタ研で展示!比較試聴感想など!  2019年07月11日

    SENNHEISER IE 500 PRO / IE 400 PRO 海外で価格発表!D型1基にこだわるイヤホン!  2019年01月26日

    SENNHEISER IE 40 PRO 新モニターイヤホンはSE215対抗!?  2018年11月30日

    TB
    IE 100 PRO

    ゼンハイザージャパンは、2021年に世界発売を予定している有線タイプのユニバーサル型インイヤーモニターイヤホン「IE 100 PRO」と、Bluetoothコネクターをセットにした「IE 100 PRO BT BUNDLE」を、アジア太平洋地域限定、数量限定、先行発売価格で、'21年1月19日に発売。オープン価格で、店頭予想価格は20,000円前後。


    【SENNHEISER IE 100 PRO 1/19発売!購入者などの感想は?】の続きを読む

    TB
    ie_300

    ゼンハイザーは、同社イヤホン“IEシリーズ”に属する新モデル「IE 300」を1月19日より発売。オープン価格で、税込41,250円前後での実売が予想。

    「IE 800」に採用される7mm Extra Wide Band(XWB)ドライバーをリファインして搭載。

    振動板の前面にレゾネーター・チャンバーを配置し、ステム内で原理的に発生する不要な高音域の共振を排除。加えて振動板の背面にバック・ボリュームを設け、背面からのはね返りによる副作用を最小限に抑制するとしています。

    再生周波数特性は6Hz-20kHzで、インピーダンスは16Ω、感度は124dB(1kHz/1Vrms)。

    ケーブルは着脱可能で「gold-plated Fidelity+MMCXコネクター」を搭載。なお、端子周辺部は独自形状のため、他社製ケーブルとの互換性は確認されていないとしています。

    ケーブル長は125cmで、本体質量(ケーブル除く)は約4g。キャリングケースやクリーニングツールに加え、シリコンタイプ、フォームタイプのイヤーチップのS/M/Lサイズが付属。

    断線トラブルを防ぐためのケーブル着脱機構といった感じで、汎用のMMCXケーブルが簡単には使えないようで、そのあたりを残念に感じる向きも多いようです。

    【SENNHEISER IE 300 イヤホン新モデル!リケーブルが難しい?】の続きを読む

    TB
    ゼンハイザージャパンは、イヤホン新モデル「IE 400 PRO」、「IE 500 PRO」を7月11日に発売。オープン価格で、実売予想価格はIE 400 PROが46,000円前後、IE 500 PROが78,000円前後。どちらのモデルもカラーはCLEARとSMOKY BLACKの2色。

    プロフェッショナル向けとして開発。ダイナミックドライバーの動作原理から再設計し、モニタリングイヤ本に求められる高い性能を提供するとしています。
    【IE 500 Pro & IE 400 Pro ポタ研で展示!比較試聴感想など!】の続きを読む

    TB
    IE500PRO
     ゼンハイザーは、米国アナハイムで開催されているNAMMショーにおいて、ユニバーサルインイヤーモニター(IEM)の新モデル「IE 500 PRO」と「IE 400 PRO」を発表。欧米では3月の発売を予定し、価格は「IE 500 PRO」が599ドル/ユーロ、「IE 400 PRO」が349ドル/ユーロ。両モデルともカラーバリエーションとして「クリア」と「スモーキーブラック」を用意。 【SENNHEISER IE 500 PRO / IE 400 PRO 海外で価格発表!D型1基にこだわるイヤホン!】の続きを読む

    TB
    ゼンハイザーは、耳掛け型のモニターイヤホン「IE 40 PRO」を12月6日に発売。オープン価格で、実売予想価格は13,000円前後。カラーはブラックとクリアの2種類。


    【SENNHEISER IE 40 PRO 新モニターイヤホンはSE215対抗!?】の続きを読む

    このページのトップヘ