音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    タグ:イヤホン:KZ

    KZ AS16 8BAのハイコスパイヤホン!CCA C16と比較しての違いは?  2019年05月26日

    KZ ZS10 Pro 4BA+1DD構成の低価格中華イヤホン!  2019年04月21日

    KZ ZSN Pro 1BA+1DDイヤホン!無印ZSN比較で大幅音質向上!?  2019年04月06日

    KZ ZS7 4BA+1DDで約6千円の中華イヤホン!Polarisカラー!  2019年01月20日

    KZ AS06 ブランド初の3BAイヤホン!AS10の廉価版?  2018年12月28日

    TB

    KZ AS16 イヤホン

    中国・KZから8BAで国内アマゾン価格13,888円にして8BAという安さのイヤホンが登場(本国価格は798元=約1.3万円)。
    【KZ AS16 8BAのハイコスパイヤホン!CCA C16と比較しての違いは?】の続きを読む

    TB

    KZ ZS10 PRO 重低音 kz イヤホン

    低価格の中華イヤホン紹介。「ZS10 Pro」はKZ社によるカナル型イヤホン新モデル。4BA+1DD構成によるハイブリッド型。国内アマゾンで5600円程度で購入できます。

    【KZ ZS10 Pro 4BA+1DD構成の低価格中華イヤホン!】の続きを読む

    TB


    KZ ZSN Pro

    低価格の中華イヤホン紹介。KZ社の新製品・ZSN Pro。国内アマゾンで約2600円で発売中。従来機で同じ構成で約2000円のZSNの後継機。

    KZ ZSN

    他メーカーの高級機にインスパイアされたと思しきデザインは維持されつつ、クリアカラーの樹脂部分はさらに洗練された印象で、見た目的には向上しています。2pinリケーブル対応、40kHz再生というスペックも備えます。

    【KZ ZSN Pro 1BA+1DDイヤホン!無印ZSN比較で大幅音質向上!?】の続きを読む

    TB

    低価格中華イヤホン紹介。KZから4BA+1DD構成で国内アマゾン価格が5,980円(マイク無し)という「ZS7」が発売されました。

    KZでは見慣れたデザインの金属筐体はCNC切削のアルミニウム合金製。カラーリングはブルーで、これまたおなじみの元ネタはCampfire Audioの「Polaris」を踏襲?したものと思われます。

    Campfire Audio POLARIS CAM-5089


    形状はZS6の後期版に近いようです。

    KZでBA+1DD構成のイヤホンはすでに「ZS10」がありますが、BAユニット構成が違います。「ZS10」では高域用の「KZ 30095」×2、中高域用の「KZ 50060」×2でしたが、「KZ ZS7」では、高域用の「KZ 30095」×2、中高域用の「KZ 31005」、中音域用の「KZ 29689」という組み合わせになっています。

    ダイナミック型ドライバーは10mm径を使用。そのほか2pin規格によるリケーブル可能など、いつも通りの仕様です。パッケージの内容は、本体、ケーブル、イヤーピース(S/M/L)、説明書・保証書。

    インピーダンス:24Ω
    出力音圧レベル:105db
    再生周波数帯域:7Hz-40000Hz
    ケーブル:125cm 着脱式
    マイク:無し/あり
    プラグ:Φ3.5mm ステレオミニプラグ
    本体カラー:ブルー
    コネクター :2pin (0.75mm)

    【KZ ZS7 4BA+1DDで約6千円の中華イヤホン!Polarisカラー!】の続きを読む

    TB


    低価格な中華イヤホン紹介。KZ AS06はKZブランド初の3BA構成のイヤホン。国内アマゾン価格はマイクなしが4,800円。マイク付きは4,900円。

    低価格帯でもマルチBAとダイナミック型を組み合わせたハイブリッド構成が多かったブランドなので、3BAは比較的シンプルな構成と言えます。

    すべてKZブランド製のBAドライバーを搭載し、高域に「KZ 31005」、中域に「KZ 29689」、低域に「KZ 22955」を採用。これは5BAモデルの上位機「AS10」「BA10」から高域用として搭載された「KZ30095」を省いた構成。

    ハウジングは全体は樹脂製で一部に金属を使用。外観はAS10同様。2pinリケーブルに対応。

    【KZ AS06 ブランド初の3BAイヤホン!AS10の廉価版?】の続きを読む

    このページのトップヘ