CompanionOne
フューレンコーディネートは、“Celsus Sound”ブランドから、AirPlay経由でのハイレゾ音声入力に対応するUSB-DAC搭載ポータブルヘッドホンアンプ「Companion One」を6月12日に発売。価格は83,000円(税抜)。

DAC部にESS製「ES9018 MK2」を搭載。最大で384kHz/32bit PCM、DSD 5.6MHzのネイティブ再生に対応する。ASIOをサポート。USB伝送時はアシンクロナスモードに対応。

Wi-Fiを内蔵しておりAirPlay機能も使用可能で、iPhoneなどから最大192kHz/24bit PCMまでのワイヤレス音声入力も行えるのが大きな特徴。ただし、この機能はiOS/AirPlay対応機器のみ利用可能となっている上、44.1kHz/16ビットにダウンサンプリングしての再生。

また、有線でつないだiOSデバイスで44.1kHz/24bit以上のフォーマット再生には、iOS端末側にオンキヨーのハイレゾアプリ「HF Player」をインストールの上、あわせて有料の「HDプレーヤーパック」を購入して使用する形となります。

2基の高精度クロックを搭載、44.1kHz(88.2/176.4/352.8)と48kHz(96/192/384)の2系統のサンプリングレートに対応。信号回路とヘッドホンアンプ回路は、ヘッドホンの性能を最大限に引き出すために最適化したとのこと。I/V変換用には「OPA1612」、電圧ゲインと整流バッファリング用に「AD8397」を採用しており、ヘッドホンの駆動力を高めた。ゲインは2段階で切り替えられるなど、ヘッドホンアンプとしての内容に注力。音量調整は100段階。適合インピーダンスは16~300Ω。ヘッドホンアンプ部の出力は160mW(32Ω)/28mW(300Ω)。

入力はmicroUSB端子。音声出力端子は、デジタルが光と同軸の共用端子、アナログが3.5mmステレオミニを装備。USB-DAC/DDCとしても使えます。

筐体はアルミニウムブロック削り出し生成で、曲面仕上げのフレームデザイン。上下面にはゴリラガラスカバーを使用しているなど外見にも配慮。

各種接続用に、「Micro USB-Apple Lightningケーブル」「Micro USB-Apple 30ピンケーブル」「Micro USB-PC USBケーブル」「Micro USB-Android OTG USBケーブル」が同梱。ケーブルの用意に悩まされません。

なお、Celsus Soundは、NuForceの共同創業者で、元CEOのJason Lim氏によるブランドです。 本機は今年4月に登場したイヤホンGramo Oneにつづく第2号の製品。

引用元: ・気軽にポータブルヘッドホンアンプを楽しもうpt.39

【Celsus Sound Companion One iPhoneからWi-Fiで受信できるハイレゾ対応ポタアン!】の続きを読む