音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: ヘッドホンアンプ

    ZuperDAC-S (Zorloo) 超小型のハイレゾ対応ヘッドホンアンプ!  2018年02月05日

    Cypher Labsが事業停止!VentureCraftもオーディオ撤退!  2018年01月26日

    FX-AUDIO- PH-A1J ブランド初のアナログヘッドホンアンプ!約5千円!  2017年12月24日

    JPRiDE JPT2 75%割引復活!?サイバーマンデーセール!  2017年12月10日

    COZOY TAKTPRO Ver.JP 超小型DSD対応DAC/HPAも予想外の3.7万円!  

    TB

    5a7587690826c-500x224

    クラウドファンディングサイトのIndiegogoにZorloo(ゾリュー)ブランドによる超小型のハイレゾ対応ヘッドホンアンプ、ZuperDAC-Sが登場。

    写真のようにチューインガムより小さいボディ。バッテリーは内蔵せず、接続機器からの電力供給で動作します。

    USB-A、Micro-USB、およびUSB-Cインターフェイス用の3本のケーブルが付属。
    iPhoneに接続する場合は、さらにLightning対応の互換ケーブルが必要ですが、幅広い機器とのデジタル接続が可能。

    USBオーディオクラス2通信をサポートし、Windows、macOS、Linux、Android、およびiOSシステム互換。WindowsユーザーはUSB Audio Class 2ドライバをインストールして使うことができます。

    対応スペックはPCM系のみで最大24bit/192kHzまで。さすがにDSDには対応していません。使用DACチップはESS sabre9018Q2C。

    出力は3.5mmイヤホン端子のみとシンプル。ボリュームは16ステップと大雑把め。

    現在49ドル(約5400円)からのプレオーダーを受け付け。国内でも約1万円で売っています。
    https://www.rakunew.com/items/79505

    png


    TB


    おもにポータブルヘッドホンアンプ/DAC製品を発売してきた米Cypher Labsが事業を停止したとのこと。これに伴い、2011年から日本で輸入代理店を務めてきたミックスウェーブは、Cypher Labsの輸入代理店業務を終了すると発表しました。

    Cypher Labsは、ポータブルDACの「AlgoRhythm Solo」や、バランス入出力にも対応し、DACも搭載したポータブルアンプ「AlgoRhythm Duet」などを発売していました。

    しかし、「マーケットからのニーズが日々大きく変化する中で経営不振が続いていた」ということでの今回の残念な結果となりました。

    保証内修理に関しては次のいずれかで対応するとのこと。修理に必要な部品類がミックスウェーブに揃っていて、修理が可能な場合は保証内修理を実施。部品類が無く、修理もできない場合は未修理返却、もしくは、修理のために預かっている製品をミックスウェーブが買い取る。

    詳細はミックスウェーブのサイトでご確認ください。

    しかも、このニュースを調べる過程でわかったのですが、国内でポータブルオーディオを展開していたVentureCraft(ベンチャークラフト)も新規の製品開発を停止。現在は在庫を販売しているのみで、在庫が無くなり次第、オーディオ事業からは撤退するようです。


    理由はそれぞれ違うのでしょうが、多くのポータブルオーディオメーカーが乱立した末に、淘汰されてゆくのは仕方がないのでしょう。また、ポータブルオーディオ業界もそのような局面に入ってきているということです。むしろ、こんなに多くのメーカーの多くがまだあることが驚きなのかもしれません。


    Cypher Labsはいわゆるポタアン3段重ねや、iPhoneとのデジタル接続といったポータブルオーディオマニア界の定番的なスタイルの象徴でしたが、現在はこの2つが廃れ、新たなスタイルに突入しています。一つの時代が終わったことは確かなようです。


    【Cypher Labsが事業停止!VentureCraftもオーディオ撤退!】の続きを読む

    TB

    ノースフラットジャパンは、FX-AUDIO-ブランド初のアナログ入力専用ヘッドホンアンプ「PH-A1J」を23日に発売。価格は4,980円(税込)。カラーはブラックとシルバー。 【FX-AUDIO- PH-A1J ブランド初のアナログヘッドホンアンプ!約5千円!】の続きを読む

    TB



    サーバーマンデーセールで話題をさらっている?JPRiDEブランド。Bluetooth トランスミッター& レシーバーJPT2も3,999円から75%引きできるクーポン配布で話題でした。

    このクーポンがまた、配ったり、やめたり?と戦略なのか、なかなか動きがつかみきれないのも面白いところです。今日もまた、いつの間にか復活しているようです。

    JPRiDE JPT2 Bluetooth トランスミッター& レシーバー サイバーマンデー前に安売り!

    引用元: ・Amazonサイバーマンデー対策本部

    http://hawk.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1512882164/ 【JPRiDE JPT2 75%割引復活!?サイバーマンデーセール!】の続きを読む

    TB

    「秋のヘッドフォン祭 2017」において、オヤイデ電機が参考出品していた中国・COZOYブランドのスティック型で超小型のUSB-DAC/ヘッドホンアンプ「TAKT PRO」が国内正式発表されました。「TAKTPRO Ver.JP」として12月15日に発売。オープン価格で37,000円前後での販売が予想。

    '16年に発売したLightningケーブル直出しモデル「TAKT」の上位機で、新たにmicroUSB端子でケーブル交換できるようになったため、汎用性が大幅にアップ。DAP、Android/iOS端末、PCなどからのバスパワーで動作。

    DACチップにESSのSABRE ES9018Q2Cを搭載してDSD 11.2MHzやPCM 384kHz/32bitに対応。付属ケーブルとしてmicroUSBや、Lightning、USB Aの3本が同梱。

    「TAKT」が実売1.4万円程度であること、FiiOのUSB DAC内蔵ポータブルアンプ「Q1 Mark II」がDSD/2.5mmバランス対応で2万円以下の予定なので、本機も2万円程度かと思っていたら予想外の価格でした…。

    先日、Sabaj Da3というDSD512 32bit/768kHz/2.5mmバランス対応で1.1万円のハイコスパポタアンも紹介しましたが(ES9018Q2Cも同じ)、Android/PCに対応するので、Lightningにこだわらないならこちらのほうがいいような…。

    「Lightning」にこだわるかどうかがポイントでしょうか…。 【COZOY TAKTPRO Ver.JP 超小型DSD対応DAC/HPAも予想外の3.7万円!】の続きを読む

    このページのトップヘ