音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: ヘッドホンアンプ

    FiiO K7 11/18国内発売 購入者の感想は?  2022年11月27日

    iBasso Audio DC03PRO 約1万円のドングル型DACヘッドホンアンプ  2022年11月20日

    FiiO Q7 11/25に約13.5万円で発売!M17比較での発熱・バッテリー寿命が焦点?  2022年11月19日

    ドングルDACは必要な機能と払える価格かどうか見て決めると良い  2022年10月17日

    FiiO M15S、K7、R7、Q7 一挙公開「秋のヘッドフォン祭2022」  2022年09月19日

    TB


    エミライは、FiiO Electronicsより、AKMの最新DAC「AK4493SEQ」をデュアルで搭載した完全バランス設計の小型据え置きヘッドフォンアンプ「K7」を、11月18日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は35,750円前後。

    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1454846.html

    【FiiO K7 11/18国内発売 購入者の感想は?】の続きを読む

    TB


    MUSINは、iBasso Audioの小型USB DAC「DC03PRO」とUSB-OTGケーブル「CB18」を11月25日に発売する。価格は各オープンプライス。店頭予想価格はDC03PROが1万円前後、CB18が5,000円前後。 「DC03」をベースとし、DACチップにCS43131をデュアル構成で採用した小型USB DAC。入力端子はUSB-C、出力端子は3.5mmステレオミニを備えている。

    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1456749.html

    【iBasso Audio DC03PRO 約1万円のドングル型DACヘッドホンアンプ】の続きを読む

    TB

    エミライは、FiiOの新製品としてUSB DAC内蔵のヘッドフォンアンプ「Q7」を11月25日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は134,750円前後。

    FiiOは、弩級DAP「M17」(実売約297,000円)を発売しているが、そのコンセプトを踏襲しながら、プレーヤー機能を取り除いたDAC内蔵ポータブルヘッドフォンアンプがQ7となる。

    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1456668.html

    【FiiO Q7 11/25に約13.5万円で発売!M17比較での発熱・バッテリー寿命が焦点?】の続きを読む

    TB
    公開待ち・
    225: 名無しさん@お腹いっぱい。 (アウアウウー Sa09-pDVY) 2022/08/04(木) 15:24:50.38 ID:c0HpQKh4a
    発熱はシングルとかデュアルの括りなのか?
    KA3はシングルのくせにホカホカだったし、UA3はデュアルだけど熱くなかった
    いままで使った中ではKA3が一番発熱した


    引用元: ・ドングル型dac専用 Part6

    https://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1658419618/

    【ドングルDACは必要な機能と払える価格かどうか見て決めると良い】の続きを読む

    TB
    fiio M15S


    フジヤエービック主催「秋のヘッドフォン祭 2022」が9月18日に中野サンプラザで開催された。1日のみの開催で、入場は事前予約制。ここでは、FiiOやNoble Audioなどの新製品を多数展示しているエミライブースをレポートする。

    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1440966.html

    【FiiO M15S、K7、R7、Q7 一挙公開「秋のヘッドフォン祭2022」】の続きを読む

    このページのトップヘ