音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: ヘッドホンアンプ

    Astell&Kern AK HC2 発売!音質良好もLightning接続時の安定性が気になる点  2022年06月28日

    iBasso Audio DC06 6月29日に約1.6万円で発売  2022年06月27日

    HIFIMAN HM800 R-2R DAC採用のポータブルUSB-DAC  2022年06月25日

    iFi Audio GOld bar 6/17発売 価格は8.8万円  2022年06月16日

    HIFIMAN EF400 鳴らしきる論争に終止符を打つヘッドホンアンプ?  2022年06月01日

    TB

    310: 名無しさん@お腹いっぱい。 (アウアウウー Sa67-ZIUg) 2022/06/13(月) 14:46:28.17 ID:qluXYB1Na
    最近のドングルってケーブルも一体型何かな?fiioとAstellにmoondropも換装なしだから音質に関係するんかな?
    説明にケーブルも拘って作ってるから問題は無いとは言えやっぱ断線は不安だな
    3万ぐらいのは


    引用元: ・ドングル型dac専用 Part5

    https://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1653584008/ 【Astell&Kern AK HC2 発売!音質良好もLightning接続時の安定性が気になる点】の続きを読む

    TB


    MUSINは、iBassoの小型DACアンプDCシリーズ新モデル「DC06」を6月29日に発売。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は16,000円前後。外形寸法は50×23mm。重量は23g。先着購入特典として、USB-C to Lightningケーブルも付属。

    ESSのDACチップ「ES9219C」を2基搭載。イヤフォン出力は3.5mmのアンバランスと、4.4mmのバランス出力を搭載。バランス出力時、32Ω負荷時で最大320mW出力を実現している。SN比は123dB。

    DCシリーズではじめてUSBケーブルを着脱可能に。付属はUSB-Cコネクタのケーブルで、それ以外にもOTG機能付きのケーブルを用意する事で、幅広いデバイスとの接続が可能。

    対応データは、PCMで最高384kHz/32bitまで、DSDで最高11.2MHzまでのネイティブ再生に対応。最大16倍までのMQA展開にも対応。
    【iBasso Audio DC06 6月29日に約1.6万円で発売】の続きを読む

    TB
    r2r-3_s


    HIFIMAN JAPANは、FPGAアルゴリズムに基づくディスクリート設計のR-2R DACモジュール“HYMALAYA”を搭載したポータブルUSB DAC「HM800」を、7月1日に発売。価格は38,500円。

    FPGAアルゴリズムに基づくディスクリート設計のR-2R DACモジュール“HYMALAYA”を搭載。最大24bitのPCM信号伝送に対応し、またNOS(ノンオーバーサンプリング)フィルター設計を採用。

    イヤホンとの接続端子にはMMCX×2を採用しており、これに対応した専用ケーブルが3種類同梱。ケーブルはそれぞれ、MMCX/0.78mm 2pin/0.75mm 2pin端子を搭載するイヤホンに装着することが可能。

    出力は40mW×2、THD+N(アンプ含)は0.01%、THD+N(DACのみ)は0.0025%。SN比は112dB。重さはケーブルを含めて30g。

    出力方式が独特ですが、もともとイヤホンマニア向け製品ですから、これくらい思い切った仕様でもそれほど問題はないのかもしれません。

    【HIFIMAN HM800 R-2R DAC採用のポータブルUSB-DAC】の続きを読む

    TB


    iFi audio設立10周年を記念して、全世界1000台限定のスティック型(ドングル型)USB-DAC/ヘッドホンアンプ「GOld bar」が6/17に88,000円で国内発売。

    5月27日に49,500円で発売された「GO Bar」をベースにした特別モデル。

    「GO bar」の本体シャーシを銅製に変更して筐体精度とシールド性能を高め、18金メッキも施されています。さらにGold barでは、電源のフィルタリングが強化され、重さも64gとGO barの2倍以上になっています。

    【iFi Audio GOld bar 6/17発売 価格は8.8万円】の続きを読む

    TB
    EF400


    HIFIMAN JAPANは、DAC内蔵ヘッドフォンアンプ「EF400」を6月10日に発売。価格は85,800円。

    2012年発売の「EF6」の後継機。独自の「R2R ヒマラヤ DAC」(R-2R ラダー型マルチビットDAC回路)を搭載。最大解像度24ビットのPCM音楽信号をサポート。

    4チャンネルの完全差動増幅回路で、36Ωの抵抗等価負荷で最大出力10.7Vrms(THD <1%)を実現。これにより「他社とは比較にならないほどの性能でフルバランス出力を実現」と謳うのも特徴。

    音声入力はUSB-B、USB-C。ライン出力端子はRCAとXLRバランスを搭載。ヘッドホン出力は3.5mmアンバランス、6.3mmアンバランス、4.4mmバランス、XLR4ピンバランス。

    外形寸法は228×246.5×61mm(幅×奥行×高さ)。重量は3.08kg。

    【HIFIMAN EF400 鳴らしきる論争に終止符を打つヘッドホンアンプ?】の続きを読む

    このページのトップヘ