音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: ソフト・CD

    アルフレート・ブレンデル~フィリップス録音全集(114CD)5  2015年11月06日

    イツァーク・パールマン/ワーナー録音全集(77CD)  2015年11月01日

    CDレンタル店舗数は2,370店に減少。CDレンタルは何故すたれたのか  2015年10月23日

    グレン・グールド・リマスタード・ボックス(81CD) 8年前の箱もまだ聴いてないのに?5  2015年09月22日

    ピエール・モントゥー・コレクション(32CD) 権利切れ録音を集めたか?5  2015年08月04日

    TB
    5
    お買い得CD情報。

    ブレンデル~フィリップス録音全集114枚組
    アルフレート・ブレンデル~フィリップス録音全集Brendel Complete Philips Recordings

    20世紀後半を代表する名ピアニスト・アルフレート・ブレンデル(1930-)の85歳を記念して発売される大規模ボックス。

    彼の録音キャリアの大半を占める、フィリップスへの録音を集成したもの。

    膨大な数のソロ作品に協奏曲、室内楽、歌曲の伴奏のほか、フィリップスレーベルが消滅してデッカに移行してから発売されたライヴ録音や放送音源、フェアウェル・コンサートや、DGのクーベリックとのシェーンベルクまですべて収録。

    ピアノ愛好家だけでなくクラシック音楽愛好家にはおなじみの定番演奏がズラリ。クラシック愛好家ならこれらの録音のどれかを持っているでしょう。とくに、シューベルトの演奏は定番中の定番。21番のソナタは引退直前のライブも収録。とくに聴きものでしょう。

    再録音が多いだけに曲目のダブりが多いのは気になるところ。

    また、膨大な録音がありながらも、ショパンのように全く弾かないレパートリーも多いので、ピアノ名曲の集成としては兼用できないものでもあります(その点はペライアなどと違います)。

    録音的にはアナログ録音と1980年代のデジタル録音初期が多く、ハイレゾマスターのものはかなり少ないと思います。1985年録音のシューベルト・冬の旅は、ステレオ誌10.0など優秀録音としての評価が高く、オーディオ評論家の石田善之氏もリファレンスディスクにしていました。
    :CD:廉価盤:ピアノ:アルフレート・ブレンデル

    引用元: ・安くて良いCDスレ Part69

    【アルフレート・ブレンデル~フィリップス録音全集(114CD)】の続きを読む

    TB
    お買い得CD情報(クラシックBOX-set)。

    イツァーク・パールマン/ワーナー録音全集(77CD)
    Itzhak Perlman - The Complete Warner Recordings

    イツァーク・パールマン(Itzhak Perlman)は今年(2015年)70歳。それを記念してワーナー・クラシックスでは、旧EMIとTeledec, Eratoへ録音したものを、集大成として発売。HMVまとめ買い価格は(税込) : ¥23,814 。アマゾンでは2015年11月9日に発売。

    パールマンは1971年からEMIへ録音を開始し、主要ヴァイオリン協奏曲やソナタ、室内楽、小品集を録音したというだけでなく、ジャズや録音が一般的ではないジューイッシュ音楽なども手がけてきました。ジューイッシュ・メロディは彼の出自からしても、自身、録音として残したかったものなのでしょう。

    どのレパートリーにおいても、徹底的な美音、豊麗な歌い回しなど、パールマンならではのもので、そこが何といっても魅力。

    今回の発売にあたって、アナログ録音のものはアビイ・ロード・スタジオにて、オリジナル・マスターテープより24bit/96kのリマスターが行われています。各ディスクは、初発売当時のデザインが採用。

    パールマンは、上記3レーベルのほか、DG, DECCA, SONY, RCA, そしてPHILIPSでもCDや映像作品の制作をおこなっていたので、メジャー・レーベル総なめですが、もっとどこかに集中して欲しかったともいえます。全ての録音の集成も今後は期待されます。広いレパートリーを持つだけに、さながらヴァイオリン作品事典のようなボックスになるはずです。指揮ではカラヤン、ピアノではアシュケナージ、そして、ヴァイオリンではパールマンが、広いレパートリーとムラのない演奏で録音している人の代表でしょう。また、パールマンはアナログ録音時代の録音も多いので、ハイレゾ配信用の音源としても期待できます。

    まだまだ現役パールマンがドイツ・グラモフォンでニューアルバム。生誕70年を記念し、なんと16年振りのソロ・アルバムが登場! 『フォーレ&シュトラウス:ヴァイオリン・ソナタ』。これも期待です。

    【イツァーク・パールマン/ワーナー録音全集(77CD)】の続きを読む

    no title

    日本レコード協会(RIAJ)は19日、'15年のCDレンタル店の実態調査をまとめた「CDレンタル店調査報告書」を発表した。店舗数は'89年末の6,213店をピークに減少傾向にあり、'15年は前年比7.9%減の2,370店となった。

     「CDレンタル店調査報告書」は、4月1日から6月25日の期間に全国のCDレンタル店925店を対象に訪店調査(店舗規模・業態を勘案したサンプル調査方式)した結果をまとめたもの。  

    全国のCDレンタル店舗数は、'15年6月時点で2,370店となり、'14年6月末の2,573店より203店減少した。1店舗あたりの平均在庫枚数は、前年比7.5%増の19,850枚。一方、調査店の合計を営業店数に換算して算出した総在庫数は、店舗数減少の影響で前年比1%減少の4,704万4,221枚となった。

     1店舗あたりの在庫枚数が15,000枚以上の大型店の比率は、64.2%(前年比5.9%増)に高まった。

     http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20151020_726445.html

    引用元: ・CDレンタル店舗数は6,213店→2,370店に減少

    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1445369327/ 【CDレンタル店舗数は2,370店に減少。CDレンタルは何故すたれたのか】の続きを読む

    TB
    5

    お買い得CD情報(クラシックBOX-set)。

    グレン・グールド・リマスタード・ボックス(81CD)
    Glenn Gould - Remastered - The Complete Columbia Album Collection Box set グレン・グールド・リマスタード~ザ・コンプリート・ソニークラシカル・アルバム・コレクション

    グレン・グールドがソニー・クラシカルに録音し、生前に発売を認めたすべての演奏を、オリジナル・アナログ・マスターからDSDテクノロジーで新たにリミックス/リマスタリングを行ない、CD81枚にまとめた限定ボックス。

    今回のリマスターは、2012年から2015年にかけて元ソニー・クラシカルのエンジニア、アンドレアス・マイヤーが手掛けたもの。ソニー・クラシカルのマスターテープ・アーカイヴに厳重に保管されているオリジナル・アナログ・マスターを使用し、オリジナルが3チャンネル以上のマルチ・マスターの場合は、新たにリミックスした上でリマスターされているなどの入念なもの。

    416ページのオールカラー・ハードカヴァー別冊解説書(欧文のみ)も目玉。

    似たような集成セットは「オリジナル・ジャケット・コレクション」(2007年/80枚組)もありました。音質的には全点新規DSDリマスタリング → 2007年盤はSBMマスタリングという違いがあります。

    また、有名な「ゴルトベルク変奏曲」の2つの録音についての内容も違います。

    ● 1955年の「ゴルトベルク変奏曲」はモノラル盤と疑似ステレオ盤の2種類を収録 → 2007年盤はモノラル盤のみ
    ● 1981年の「ゴルトベルク変奏曲」は、デジタル・マスターと並行して収録されていたアナログ・マスター素材から、グールドやサミュエル・H・カーターの使った編集用のスコアをもとに編集、DSD化した音源を使用 → 2007年盤はデジタル録音のオリジナル・マスターを使用。

    アナログマスター音源については、今後、DSDでのハイレゾ配信も期待されるところです。


    引用元: ・安くて良いCDスレ Part69

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/classical/1440570335/ 【グレン・グールド・リマスタード・ボックス(81CD) 8年前の箱もまだ聴いてないのに?】の続きを読む

    TB
    5

    ピエール・モントゥー・コレクション 1948-1964


    お買い得CD情報。 ピエール・モントゥー・コレクション(32CD)Pierre Monteux The Collection

    ピエール・モントゥーがPHILIPSやDECCA、VANGUARDなどに録音した交響曲と管弦楽曲のステレオ音源を中心にしたボックス。 どうやら、著作隣接権が切れた音源をVENIAS/ヴェニアス・レーベルというところが発売しているもののようです。

    日本国内での著作隣接権はTPPでどうなってしまうでしょうか?(合意されれば現在の50年から70年に延長される見込み)

    引用元: ・安くて良いCDスレ Part68

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/classical/1434271541/ 【ピエール・モントゥー・コレクション(32CD) 権利切れ録音を集めたか?】の続きを読む

    このページのトップヘ