音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: ソフト・CD

    Acer ET430Kwmiippx HDCP2.2対応の43型4Kモニター!  2017年01月28日

    ピエール・フルニエ~DG, Decca, Philips録音全集(25CD)5  2017年01月16日

    音楽業界激震 2016年最も売れたCDはモーツァルト!  2016年12月18日

    DENON UHQCDサンプラー 新たな高音質CD登場!  2016年12月02日

    クラウディオ・アバド RCA&SONY全録音集(39CD) 在庫超特価5  2016年09月26日

    TB
    5

    お買い得CD情報。クラシック輸入廉価盤。

    ピエール・フルニエ・エディション DG、デッカ、フィリップス録音全集(25CD)

    端正かつ気品あふれる表現で「チェロの貴公子」と評されたフランス名チェリスト、ピエール・フルニエ。美音と高貴さに溢れた、品位の高い演奏は今も色褪せません。彼のDG(Archiv), Decca, Philipsへの録音を全て収録した限定ボックス。各CDディスクは、オリジナルジャケット・デザインによる紙ジャケットに封入。

    有名なドヴォルザークのチェロ協奏曲は2種、ベートーヴェンのチェロ・ソナタは2種ずつ収録。ベートーヴェンの伴奏はグルダとケンプ。豪華です。

    バッハの無伴奏ももちろんあるので、チェロ名曲の基本ライブラリーにもおすすめ。

    参考:HMVまとめ買い価格(税込) : ¥7,020 HMV発売日:2017年01月20日 【ピエール・フルニエ~DG, Decca, Philips録音全集(25CD)】の続きを読む


    Mozart 225: the New Complete E
    1: ファイナルカット(東京都)@\(^o^)/ [US] 2016/12/13(火) 16:46:31.41 ID:ci4Vx2Br0● BE:583472408-PLT(14015) ポイント特典
    音楽業界激震 2016年最も売れたCDはモーツァルト

    Forbes JAPAN 12/13(火) 14:30配信

    今年最もCDが売れたアーティストにかなり意外な名前があがった。ビルボードの発表によると、2016年米国で最もCDを売ったのはモーツァルトだ。

    モーツァルトの没後225年にちなみ、10月28日にリリースされたのが200枚組のボックスセットの「モーツァルト225」。このセットがこれまで合計で125万枚のCDセールスとなった。

    モーツァルトは今やドレイクやカニエ・ウェスト、ビヨンセよりも売れているアーティストということになる。

    ビルボードによると今年の米国のCD販売枚数は昨年から11.6%減少し過去最低の5,000万枚となった。対照的にストリーミングは急成長を遂げている。

    今回、モーツァルトが売上1位になった背景には次のような背景が考えられる。まず言えるのは、クラシックファンの間では依然としてCDを買い求める傾向が強いことだ。
    オーケストラの演奏を聴くメディアとしては、恐らくストリーミングよりもCDが適しているだろう。

    次に言えるのが、このボックスセットがギフトとして人気を獲得した点だ。ギフトとして贈る場合、形に残る物のほうが好まれる。ストリーミングは今後も普及を続けるだろうが、CDプレイヤーを捨てるのはまだ早いということだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161213-00014568-forbes-ent

    引用元: ・【激震】モーツァルト、死してなおCDランキングで全米1位になる [無断転載禁止]©2ch.net

    【音楽業界激震 2016年最も売れたCDはモーツァルト!】の続きを読む

    UHQCD

    日本コロムビアは、高音質CD「UHQCD」で、DENONレーベルのクラシックタイトルを来年発売することを発表。そのリリースに先駆けて、サンプラーCD「UHQCDの世界!DENONクラシック・ベスト 聴き比べ用サンプラー」を12月21日に発売する。UHQCDと通常CDの2枚組となり、各20曲収録で価格は1,000円(税込)。

    UHQCDとは、高価なクリスタルCD(ガラスCD)に用いられた技術を通常CDに応用した、メモリーテック開発の高音質CD(関連ニュース)。一般的なCDと同じく通常のプレーヤーで再生可能であり、その上で高音質を実現できるとする。

    DENONレーベルのクラシックタイトルとしては2017年1月18日に10タイトル、2017年2月22日に10タイトル、各1,500円(税抜)での発売を予定。先行発売となる今回のサンプラーCDでは、その20曲全てが収録される(各トラックは一部を除きフェードアウト)。UHQCDと通常CDの2枚組で、それぞれに同じ楽曲が収録されているので、聴き比べが行えるようになっている。

    なお、同社からは大野えりのアルバム3タイトルも12月21日にUHQCDで発売予定など、今後も順次UHQCD化を進めていくとしている。

    【サンプラーCD収録タイトル】

    1.スメタナ:わが祖国~モルダウ(F.O.)
     クーベリック指揮 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
    2.マーラー:交響曲第5番~第1楽章(F.O.)
     インバル指揮 フランクフルト放送交響楽団
    3.ブルックナー:交響曲第7番~第1楽章(F.O.)
     マタチッチ指揮 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
    4.ベートーヴェン:交響曲第6番《田園》~第1楽章(F.O.)
     スウィトナー指揮 ベルリン・シュターツカペレ
    5.プロコフィエフ:ロミオとジュリエット~モンタギュー家とキャピュレット家(F.O.)
     スクロヴァチェフスキ指揮 ケルン放送交響楽団
    6.武満徹:ノヴェンバー・ステップス(F.O.)
     若杉宏 指揮 東京都交響楽団
    7.モーツァルト:クラリネット五重奏曲~第1楽章(F.O.)
     プリンツ(クラリネット)、ウィーン室内合奏団
    8.ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲《アメリカ》~第1楽章(F.O.)
     スメタナ四重奏団
    9.ドビュッシー:子供の領分~ゴリウォーグのケークウォーク
     ミシェル・ベロフ(ピアノ)
    10.團伊玖磨・曲/江間章子・詩:花の街
     鮫島有美子(ソプラノ)、ヘルムート・ドイチュ(ピアノ)
    11.ドヴォルザーク:交響曲第9番《新世界より》~第1楽章(F..O.)
     ノイマン指揮 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
    12.ブルックナー:交響曲第5番~第1楽章(F.O.)
     マタチッチ指揮 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
    13.シューベルト:交響曲第9番《グレイト》~第1楽章(F.O.)
     スウィトナー指揮 ベルリン・シュターツカペレ
    14.ブラームス:交響曲第4番~第1楽章(F.O.)
     ザンデルリンク指揮 ドレスデン・シュターツカペレ
    15.J.S.バッハ:主よ、人の望みの喜びよ
     イタリア合奏団
    16.ドヴォルザーク:弦楽セレナード~第1楽章(F.O.)
     プラハ室内管弦楽団
    17.ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第9番《ラズモフスキー第3番》~第1楽章(F.O.)
     スメタナ四重奏団
    18.スメタナ:弦楽四重奏曲第1番《わが生涯より》~第1楽章(F.O.)
     スメタナ四重奏団
    19.メンデルスゾーン:無言歌集~春の歌
     田部京子(ピアノ)
    20.ブラームス:間奏曲 イ短調 作品118の1
     ヴァレリー・アファナシエフ(ピアノ)

    http://www.phileweb.com/news/audio/201611/30/18120.html
    【DENON UHQCDサンプラー 新たな高音質CD登場!】の続きを読む

    TB
    5

    お買い得CD情報。クラシック輸入廉価盤。

    クラウディオ・アバド・コンプリートRCA&SONYレコーディングズ(39CD)
    Claudio Abbado - The RCA and Sony Album Collection Box set

    2014年に出た、クラウディオ・アバド追悼ボックスのひとつが、円高の影響か特価になっていました。HMVでの会員価格(税込) : ¥4,990は売り切れてしまいましたが、アマゾンでは近い価格でまだ買えるようです。

    1990年代のベルリン・フィルとの録音が多いので、この価格は間違いなくお買い得。アバドどうこうというだけでなく、ムソルグスキー:歌劇『ボリス・ゴドゥノフ』全曲3枚組は、クラシック音楽愛好家ならこの曲のファーストチョイスとしてぜひ持っておきたい録音です。

    引用元: ・安くて良いCDスレ Part72

    http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/classical/1469244408/ 【クラウディオ・アバド RCA&SONY全録音集(39CD) 在庫超特価】の続きを読む

    このページのトップヘ