音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: ソフト・CD

    ジョン・コルトレーンの完全未発表作「ザ・ロスト・アルバム」が発売3  2018年06月11日

    ブックオフ3期連続最終赤字。誰もCDを売りに行かないし、誰も買わない!?  2018年05月07日

    音楽好きってどうしてCDやレコードの所有数を競い出すんだろうな  2018年04月10日

    ユニバーサル、MQA-CDを100タイトル発売。“ハイレゾCD”!?  

    「タワーレコード」創業者、ラス・ソロモンさん死去。享年921  2018年03月07日

    TB
    3
    1: 湛然 ★ 2018/06/08(金) 22:26:50.89 ID:CAP_USER9
    2018.6.8 金曜日
    ジョン・コルトレーンの完全未発表スタジオ・アルバムが録音から55年の時を経て6月29日に全世界同時発売されることが明らかになっている。

    今回発表されるアルバム『ザ・ロスト・アルバム(原題:Both Directions at Once: The Lost Album)』は、マッコイ・タイナー(ピアノ)、ジミー・ギャリソン(ベース)、エルヴィン・ジョーンズ(ドラムス)という通称「黄金のカルテット」と呼ばれる伝説のグループで、1963年3月6日にニュージャージーのヴァン・ゲルダー・スタジオで行った公式セッションを収録したものとなっている。

    今回発表されるのは、レコーディング・セッションの記録は残っていたものの海賊盤も含めこれまで一切に世に出たことがなかった幻の音源で、録音終了後にコルトレーンがスタジオから持ち帰り、当時の妻ナイーマに渡していたモノラル録音のリファレンステープが彼女の遺族によって発見され、このたびリリースされることになった。

    今回のアルバム発表について、コルトレーンの友人であり現役最高峰のサックス奏者であるソニー・ロリンズは、「これはまるで、巨大ピラミッドの中に新たな隠し部屋を発見したようなものだ」と喜びのコメントを寄せている。

    Photo: Chuck Stewart / PRESS
    https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2018/06/e3b16f009d6331de5fa757d91f3a9061-720x481.jpg
    ※動画はソースにてご確認ください。
    https://nme-jp.com/news/56319/

    引用元: ・【音楽】ジョン・コルトレーン、録音から55年を経て完全未発表スタジオ・アルバムがリリースされることが決定

    【ジョン・コルトレーンの完全未発表作「ザ・ロスト・アルバム」が発売】の続きを読む

    TB
    1: 47の素敵な(pc?) (5級) 2018/05/03(木) 16:00:49.84
    no title

    VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured

    ブックオフの18年3月期は9億円の最終赤字へ、3期連続

    東証1部上場で中古品販売の「ブックオフコーポレーション」は、2018年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が9億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

    ブランド品買取・販売のハグオール事業が不振だったことに加え、物流倉庫や店舗の減損損失、店舗閉鎖損失などとして12億5000万円の特別損失を計上するため、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。


    また、3期連続での最終赤字見通しとなったことから、代表取締役社長の月額報酬10%減額を併せて発表しました。


    http://www.fukeiki.com/2018/04/bookoff-2018-loss.html

    引用元: ・【悲報】 ブックオフが赤字続きの理由が判明する

    http://rosie.2ch.sc/test/read.cgi/akb/1525330849/ 【ブックオフ3期連続最終赤字。誰もCDを売りに行かないし、誰も買わない!?】の続きを読む

    TB
    mqacd2mqa-cd

    ユニバーサル ミュージックは、MQA技術を活用した「ハイレゾCD」を6月20日に発売。生産限定盤で、全100タイトルをラインナップ。価格は各3,000円で、2枚組で4,000円のタイトルもあり。ハイレゾCDの効果が聴き比べできる体験サンプラーも1,000円で発売。

    ハイレゾCDシリーズの第一弾として、同社ラインナップから洋楽ロック、ジャズ、クラシックの100タイトルを発売。ラインナップはこちら。

    MQAは、ハイレゾ音源を「クオリティそのままに小さくできる」とする技術(不可逆圧縮技術を使用)。16bit/44.1kHz規格のCDに24bit/176.4kHzの情報を入れ込めるとしています。すでに配信でも使われ始めています。再生にはMQAのデコードに対応している必要があります(すでに一部のUSB-DAC、CDプレーヤー、DAP、再生ソフトなどが対応)。

    MQA-CD対応CDプレーヤーと組み合わせればMQA音源をフルデコードしてハイレゾ相当の音質で再生できます。そのほか、PCでリッピングしたデータを各MQA対応機器でハイレゾとして再生することもできます。

    誤解できない重要な点として、MQAに対応していないCDプレーヤーで再生した場合は、通常の16bit/44.1kHz PCMデータとして認識され、CDと同じように再生されるのでハイレゾではないということです。検索などでこのページを見た人もこの点にはご注意ください。ただ、通常のCDプレーヤーのSFDIFデジタル出力からMQA対応DACに入力すればハイレゾ再生できます。

    なお、今回ユニバーサルが発売する“ハイレゾCD”は、このMQA-CDに、素材を吟味することで音質を向上させたというUHQCDの特殊素材と製法を採用しています。

    なお、今回MQAフォーマットで収録される音源のマスターについては、その多くにおいて、同社の「SACD - SHM仕様シリーズ」用のDSD素材から変換した176.4kHz/24bitファイルを用いているとのことです。本シリーズでのみ入手できるデジタル未配信音源も含んでいます。また、本シリーズのために新たにアナログ・テープから起こしたタイトルもあるとのことです。

    ついに、大手CD会社がMQA-CDに手を付けました。ハイレゾに興味のない人にもある人にも同じ物理メディアで対応できるMQA-CDは優れた存在だとは思います。不可逆圧縮らしいのは少し気になりますが、24bit/176.4KHzは十分です。また、合法リッピングができないSACDのような不自由さもありません。

    ただ、すでにCDが斜陽のメディアであること、今回の売り出し方が、さも、普通のCDプレーヤーでもハイレゾ再生できると思わせてしまうような書き方は問題があるかもしれません(20年くらい前のSBMマスタリングCDなどもどんなCDプレーヤーでも20bit精度で聴けるような説明だった気はしますが…)。

    今回のラインナップ。個人的にはクラシックが興味ですが、大抵の音源はすでにハイレゾ所有もしているものばかり。しかも高い…。今後の展開として、クラシックであれば今の輸入廉価ボックスくらいの価格(1枚当たり200円前後)のMQA-CDで売ってくれるのであれば、ばんばん買ってもいいですが…。
    【ユニバーサル、MQA-CDを100タイトル発売。“ハイレゾCD”!?】の続きを読む

    TB
    1
    1: 記憶たどり。 ★ 2018/03/06(火) 10:25:47.05 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180306-00000009-jij_afp-ent

    米楽曲小売りチェーン「タワーレコード(Tower Records)」の創業者、ラス・ソロモン(Russ Solomon)氏が
    4日、カリフォルニア州サクラメント(Sacramento)の自宅で死去した。92歳。家族が地元紙に明らかにした。

    タワーレコードは楽曲の販売にクールさを吹き込み、音楽カルチャーに大きな影響を与えた。
    しかし、ネット通販の台頭によって米国では廃業に追い込まれた。

    息子のマイケル(Michael Solomon)さんがサクラメント・ビー(Sacramento Bee)紙に述べたところによると、
    自宅で第90回アカデミー賞(Academy Awards)授賞式を鑑賞中に心臓発作を起こしたとみられ、それが原因で亡くなった。

    マイケルさんによると、ソロモンさんは「(授賞式で)誰かの衣装は見苦しいと批評した後、(夫人の)パティに
    ウイスキーをもう一杯ついでほしいと頼んだ」が、パティさんが戻ってきた時にはすでに亡くなっていたという。

    ソロモン氏は、レコードがまだ店舗の一角で衣料品やスナックのように売られていた時代にタワーレコードを創業。
    黄色に赤字の印象的なロゴを目印に、音楽ファンを歓迎するスペースを作り出した。

    タワーレコードは、特に音楽業界の中心地であるハリウッド(Hollywood)のサンセット大通り(Sunset Boulevard)や
    ニューヨークのイースト・ビレッジ(East Village)に出店したことで、レコードショップのサブカルチャーを生み出すのに貢献した。

    引用元: ・【訃報】「タワーレコード」の創業者、ラス・ソロモンさん死去。享年92

    http://asahi.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1520299547/ 【「タワーレコード」創業者、ラス・ソロモンさん死去。享年92】の続きを読む

    このページのトップヘ