音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: ソフト・CD

    奥田民生「CDはなくなるでしょうね」と言う一方で、アナログデッキでレコーディング!  2019年10月31日

    全英アルバム・チャート、「アビイ・ロード」が50年ぶり1位!ハイレゾ版も用意!5  2019年10月06日

    ジェシー・ノーマン死去 74歳 ハイレゾ音源・SACDはある?1  2019年10月01日

    ワーナーミュージックがMQA-CDを8月7日に発売!MQAへの疑問、意見、礼賛!  2019年08月08日

    定額制の音楽配信が普及「CDショップに行く手間が省けて、すごく便利です」  2019年02月24日

    TB
    1: 湛然 ★ 2019/10/28(月) 05:57:47.76 ID:WxMEnUWW9
    奥田民生「CDはなくなるでしょうね」YouTuberとして活動する理由語る
    2019/10/27 12:02
    https://news.mynavi.jp/article/20191027-915127/
    https://news.mynavi.jp/article/20191027-915127/images/001l.jpg


    歌手の奥田民生が、27日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00~11:15)にVTR出演し、YouTuberとしての活動理由や音楽業界の未来について語った。

    番組では、YouTuberとして活動する奥田に密着。奥田は「DIYレコーディング」と題して、アナログデッキでレコーディングする様子などを配信している。

    収録現場を訪れたピアニスト・清塚信也からYouTuberとして活動するきっかけについて聞かれると、「YouTubeはスピードの速さがすごいところ。CDというものも永遠なわけなくて。なくなっていくことも当たり前だなと思うわけですよ。『前の方が良かった』とか言ってられないし、(時代の流れに)ついていくしかない」と背景を説明。

    一方で、「わりと甘く考えていたんですよ。見てくれたら収入になるんじゃないかと。YouTuberがこれだけ世の中にいるんだから。全然ないですね」と収入源にはなっていないようで、「再生回数がすさまじくないとそれで飯は食えない。実際にやってみて分かりましたけど、収入はないです。僕程度の再生回数では」と苦笑する。

    また、今後の音楽業界については、「CDはなくなるでしょうね。ゼロになるんじゃないかと僕は勝手に思っています」と危機感を抱いているようで、「アナログは残りますけどね」「タダで聴かれると儲からないので、Tシャツを売るしかない。あとライブですよね。そうやって考えるしかないですよね」と終始淡々。

    前スレ(★1=2019/10/27(日) 16:06:23.63)
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1572174260/

    引用元: ・【テレビ】奥田民生「CDはなくなるでしょうね」YouTuberとして活動する理由語る ★3

    http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1572209867/

    【奥田民生「CDはなくなるでしょうね」と言う一方で、アナログデッキでレコーディング!】の続きを読む

    TB
    5

    1: muffin ★ 2019/10/05(土) 14:51:37.79 ID:mBlMZU/m9
    https://www.barks.jp/news/?id=1000172599
    2019.10.5

    今週のUKアルバム・チャートは、50周年を記念しリイッシューされたザ・ビートルズの『Abbey Road』がトップに輝いた。同作が英国で1位を獲得するのは1970年1月31日付のチャート以来49年と252日ぶり、18週目となった。

    ポール・マッカートニーは「これほどの年月を経てまだ1位とは信じられない。いやしかし、めっちゃクールなアルバムだね」とコメントしている。これまで首位返り咲きの最長記録は、同じくビートルズが2017年の『Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band』50周年盤リリース時に打ち立てた49年125日だった。

    https://pbs.twimg.com/media/EGDbndnXkAU583X.jpg
    https://twitter.com/officialcharts/status/1180184575907119106/

    https://img.barks.jp/image/review/1000172599/001.jpg
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    引用元: ・【音楽】全英アルバム・チャート、『アビイ・ロード』が50年ぶり1位 ポール「めっちゃクールなアルバムだね」

    http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1570254697/

    【全英アルバム・チャート、「アビイ・ロード」が50年ぶり1位!ハイレゾ版も用意!】の続きを読む

    TB
    1


    20世紀終盤から現代を代表する世界的ソプラノ歌手であるジェシー・ノーマンさんが亡くなりました。74歳でした。

    力感に富んだスケール感の大きい表現力によって、とくに1980年代は世界的な人気と評価のあったソプラノ歌手です。

    当然、多数の録音があり、なかには最晩年のカラヤンと共演したDGへのライブ録音もありました(カラヤンがライブの正規録音を出すのは極めて珍しいこと。それだけ彼女を評価していた)。

    残念なのは、彼女(がメインの録音)のハイレゾ音源というのは配信、ハイレゾともにどうやら現時点では全くないようです。というのも、彼女の全盛期の有名録音はことごとく1980年代に集中しており(カラヤンとのライブも1987年)、ハイレゾ化の意味がないからかもしれません。

    実は1970年代のアナログ録音終期から録音はしていますが、世界的に有名になったのは、1982年録音の「R.シュトラウス:4つの最後の歌(伴奏:マズア指揮ゲヴァントハウス管弦楽団)からでした。所属レーベルが、現在ハイレゾ化どころかCD発売も少なくなっている、旧フィリップスであることも関係あるのかもしれません。

    となると、CD品位となりますが、CDを買うよりも、Amazon Music HDでCD品位の配信を聴けば、十分な音質で手軽に彼女の録音を堪能できます。クラシック音楽愛好家はもちろん、オーディオ愛好家のみなさんにもぜひ彼女の録音を聴いてみて欲しいと思います。

    【ジェシー・ノーマン死去 74歳 ハイレゾ音源・SACDはある?】の続きを読む

    TB
    318: 名無しさん@お腹いっぱい。 2019/07/11(木) 12:00:25.29 ID:6s06G3uF
    ワーナーミュージックは、ハイレゾ音源も聴けるCD仕様の高音質ディスクMQA-CD×UHQCDを、8月7日に発売する。ラインナップされるのは、同社の豊富なカタログの中から選び抜かれた、ロック/ポップス/ジャズ/邦楽/クラシックの名盤29枚。
    https://online.stereosound.co.jp/_ct/17286655

    > アナログ・テープを基にした192kHz/24bitから作成した2011年DSDマスターを176.4kHz/24bitに変換して収録

    ジャズはこういう収録してるみたいだけど、このやり方は音質的に大丈夫なのかな?

    引用元: ・ハイレゾ音源について語るべ Part913

    http://matsuri.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1557644891/

    【ワーナーミュージックがMQA-CDを8月7日に発売!MQAへの疑問、意見、礼賛!】の続きを読む

    TB

    1: Egg ★ 2019/02/20(水) 00:07:01.59 ID:LKekads89
    昨年くらいまで少なくとも毎月10枚ほどのCDアルバムを購入していたという、比較的ディープな音楽ファンである40代前半自営業の男性・Aさん。
    昨年夏、Apple Music(月額980円)に加入したという。最新曲を含む5000万曲を楽しめるApple Musicによって音楽ライフはどう変わったのか、Aさんはこう話す。

    「音楽はスマホではなく、仕事中などにパソコンで聴くことがほとんどです。Apple Musicに入ってから1か月くらいはかなり活用しました。
    それまであまり聴かなかったようなジャンルの曲を聴いてみたり、いろいろなプレイリストを適当に選んで聞いてみたりしました。

    ただ、自分が聴きたい曲が必ずしも配信されているわけではなく、探し出すのも、だんだん面倒に……。
    検索して出てこなかったときのがっかり感もすごい。どちらかと言えば能動的に音楽を楽しむというよりは、受動的に楽しむもののような気がします。

    結局、配信されていないアルバムは、やはりCDで買い続けています。ただ、CDで買ったはいいけど、あとからApple Musicで配信されていることに気づいて損した気分になることも……。
    それでも、CDを買う枚数は確実に減りましたね。今までは“なんとなく聴いてみたい”というCDもいくつか買っていましたが、それくらいの作品はApple Musicでまかなうようになりました。月に2000~3000円くらいは出費が減ったと思います」

    ■「作品」ではなく「BGM」を買っている、という感覚
     
    一方、Apple Musicに入ったことで、完全にCDを買うことがなくなったというのは、30代前半の男性会社員Bさんだ。

    「もともとCDは月に1、2枚しか買わなかったんですが、Apple Musicを使うようになってからはそれだけで十分という感じになりましたね。もうCDはまったく買っていませんが、音楽を聴く機会は確実に増えています。
    やはり毎月お金を使っていると考えると“聴かなきゃ損”という気分になってしまうので、できるだけいろんなアーティストの曲を聞くようになるんですよね。

    でも、各アーティストに対する“思い入れ”みたいなものは薄れているように感じます。今まではCDを買ったら何度も聴き込むことも多かったのが、サブスク(定額サービス)だとそれが全然なくなってしまいました。
    “作品を買っている”というよりも、“BGMを買っている”という感覚なのかもしれません」(Bさん)

    そんなBさんにとって、配信サービスの最大の利点は、その場で完結させられるということだ。
    「聴きたいと思ったものをとりあえず検索して、その場ですぐに聴けるというのが最大のメリットだと思います。私の場合、そんなにマニアックな曲を聞く方でもないし、大抵の曲が配信されていますからね。
    CDショップに行く手間が省けて、すごく便利です」(Bさん)

    ■「結局同じような曲しか聴かない」という人も
     
    Apple Musicは5000万曲以上、Spoitify(プレミアムプラン月980円、フリープランもあり)は4000万曲以上が聴き放題だが、Amazonプライム(年額3900円)会員が利用できる「Prime Music」の場合、
    聴き放題なのは100万曲以上となっている。曲数が少ないため、聴きたい曲があまりないというケースもあるだろう。このPrime Musicのみを利用しているという30代の女性会社員Cさんの場合、やはり物足りなさを感じているようだ。

    「100万曲もあれば、曲数的には十分な気もするんですが、いざ聴こうとすると、新曲も少ないし、好みからいって積極的には聴かないような曲も多いんです。
    これまで聴かなかったようなアーティストにも出会えたりする点はいいかなと思いますが、結局気に入ったアルバムや選曲リストを延々とループしているという感じです。

    といっても、私は、プライムビデオや送料無料など、他のサービス目当てでAmazonプライム会員になっているので、Prime Musicについてはそもそも“おまけ”という感じ。特に不満というほどでもないんですが、
    約6500万曲があるという有料の『Amazon Music Unlimited』(※月額980円、Amazonプライム会員は月額780円)のほうは気になっているところです。

    今のところ、聴きたいアルバムは、結局レンタルショップでCDを借りてきて、それを取り込んでいます。とにかくモノが増えるのが嫌ということもありますが、曲やアルバムを有料DLするよりも安上がりなので。
    ただ、CDレンタルショップも、利用者が減っているからなのか、気のせいか以前に比べて品揃えが悪くなってきているように思います」(Cさん)

    定額配信サービスが生活に根付き始めたことで、ユーザーたちの音楽ライフも確実に変化し始めてきているようだ。

    2/16(土) 17:00配信 マネーポストWEB
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190216-00000005-moneypost-bus_all

    引用元: ・【音楽】<私たちの音楽ライフはどう変化したか>?定額制の音楽配信が普及「CDショップに行く手間が省けて、すごく便利です」

    http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1550588821/ 【定額制の音楽配信が普及「CDショップに行く手間が省けて、すごく便利です」】の続きを読む

    このページのトップヘ