音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: アナログ

    いよいよソニーの自社生産レコード再開第1弾、3月2日に発売!3  2018年03月19日

    IKEAがレコードプレイヤー発売へ!【速報】  2018年03月10日

    ELAC MIRACORD 70 90周年記念モデルの技術を活かしたレコードプレーヤー!  2018年02月20日

    LINN URIKA II MC型デジタルフォノイコライザー!  2018年02月09日

    大貫妙子 「MIGNONNE」「ROMANTIQUE」のアナログレコード復刻決定!4  2018年02月08日

    TB
    3

    1: ノチラ ★ 2018/03/18(日) 15:19:35.86 ID:CAP_USER
    アナログレコードの自社生産を復活させたソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)は21日、29年ぶりとなる復活第1弾のレコード2タイトルを発売する。人気再燃を受け、SMEは今後ラインアップの拡充を図りレコード文化の復権を目指す。

     レコードはかつて音楽の主役だったが、昭和63年にCDの生産枚数がレコードを上回り、SMEも平成元年にレコードの自社生産を終了した。

     昨今はスマホなどを使いストリーミング再生で音楽を楽しむ定額制音楽配信サービスが浸透しつつあるが、その一方で、針を落として再生するアナログレコード特有の温かみある音質が見直されてきた。

     日本レコード協会によると、生産枚数が最も少なかった21年は約10万2千枚だったが29年には約106万3千枚と10倍以上伸びている。

     ジャケットデザインに魅力を感じ、「ジャケ買い」するファンも増加。プレーヤーがなくても中身の音楽は付属のQRコードを読み取ってダウンロードできるものも多い。アイドルグループもレコードを出しており、同協会は「昭和以来の愛好家に加えて、若いファンの増加で裾野が拡大している」と分析する。

     レコードを成長市場と見たSMEは自社生産の復活を決め、昨年から設備の導入を進めた。マスター音源を入力する「ラッカー盤」に溝を彫るカッティングマシンを手始めに、静岡県内の工場にはレコードの元になる円形の塩化ビニールに金型を押し当てるプレス機を設置した。

    SMEは自社生産態勢を整えたことで外部委託よりも新盤を素早く生産でき、ラインアップの充実も図れる。アナログレコードを出したいというアーティストの要望にも応えやすくなったメリットもあるという。

     SMEは自社生産復活第1弾として米国の人気歌手、ビリー・ジョエルのアルバム「ニューヨーク52番街」を発売。大ヒット曲「オネスティ」などを収録した。このほか大瀧詠一作品集も発売する。
    https://www.sankeibiz.jp/business/news/180317/bsb1803172146003-n1.htm

    引用元: ・【AV】アナログレコード人気再燃 ソニーが29年ぶり自社生産 2タイトルを21日発売

    http://egg.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1521353975/ 【いよいよソニーの自社生産レコード再開第1弾、3月2日に発売!】の続きを読む

    TB
    世界最大の家具量販店であるスウェーデンのIKEA(イケア)がレコードプレイヤーなどのミュージック・ハードウェア産業に参加することが発表されました。

    ポータブルシンセサイザー 「OP-1」などの製品を持つ同じくスウェーデンのシンセブランド・Teenage Engineeringとのコラボレーションで発表されたライン「FREKVENS」(スウェーデン語でrequencyの意味) として発表されました。

    FREKVENSではレコードプレイヤーやパーティー用のライトなど、「最高なパーティーを開くために必要なもの全て」が揃えられるラインナップを形成する予定。2019年2月より世界中のIKEAで発売開始というスケジュールも発表されています。「ナプキンやグラスを買いに行くように、IKEAで音楽を探せるようにしたかった」というのもいかにもです。

    レコードプレーヤー愛好家からすると、どうせ既存メーカーのOEMだろいうという観測も出ているようですが、それでもこれだけ世界的な企業で、しかもおしゃれでスタイリッシュな生活様式に絶大な影響力を持つイケアです。見た目がよければものすごく売れる可能性は十分にあるでしょう。

    もっとも、それがレコード再生文化を本質的に蘇らせることになるのかは別の話ですが。

    とはいえ、(いい意味で)予想外のこともあるでしょうから、期待して見守りたいと思います。

    https://newsroom.inter.ikea.com/news/upcoming-collection-frekvens-ikea-and-teenage-engineering-in-collaboration/s/6c20233d-1766-45da-a199-5c4e1f4d5389 【IKEAがレコードプレイヤー発売へ!【速報】】の続きを読む

    TB
    MIRACORD 70
    ユキムは、独ELACのレコードプレーヤー「MIRACORD 70」を4月に発売。価格は24万円。

    ELAC創立90周年を機に発売した、'17年発売のレコードプレーヤー「MIRACORD 90」(42万円)に続くモデルで「MIRACORD 90」の技術を活かしながら約半額程度に価格を抑えたハイコスパ機。

    ELAC Miracord 90 90周年レコードプレーヤー! 価格は36万円

    スムースな回転性能のプリモテック製のシンクロナスモーターによるベルトドライブ式。

    トップをハイグロス・ブラック仕上げとしたキャビネットは堅牢なMDF製。底面を黒のセラミックでコーティングした2.6kgの石英ガラス製プラッターを備え、振動を抑えた高音質再生を実現。

    サブプラッタースピンドルの先端にあるセラミックボールで点接触する「ポイント・マウンティング・システム」構造や、モーターを本体と分離するアイソレーション技術は、MIRACORD 90から継承。高度な制振性を発揮します。

    箱から出せば誰もがすぐに使えるという「レディ・トゥ・ゴー」のコンセプトでデザイン。装着済みのオーディオテクニカ製MMカートリッジ「AT95E」とマッチングしたアルミ製トーンアームを備え、初心者でも簡単に使い始められます。

    出力端子はアナログRCA。周波数特性は20Hz~20kHz、チャンネルセパレーションは20dB以上。針圧は2.0±0.5g。外形寸法は465×365×140mm(幅×奥行き×高さ)、重量は11kg。

    「MIRACORD 90」もオーディオテクニカ製MMカートリッジが付属していて、ビギナーにも優しい設計でした。そういう点では似ています。本機の「AT95E」付属というのは普通のレコード愛好家からしたら価格的なバランスの違和感を感じざるを得ませんが。

    いずれにしても本格的なレコード愛好家ならカートリッジ変更は必須でしょうが…。
    【ELAC MIRACORD 70 90周年記念モデルの技術を活かしたレコードプレーヤー!】の続きを読む

    TB
    URIKA II
    LINN JAPANは、LINNブランドのレコードプレーヤー「LP12」にも対応するMCフォノイコライザー「URIKA II」(ユリーカ2)を2月末に発売。価格は50万円。

    ネットワークプレーヤーのDSシリーズやスピーカーまでデジタル伝送する「EXAKT」などの技術を活用し、フォノイコライザー出力をデジタル信号として伝送するのが多きな特長。

    EXAKT LINKにより、DS/DSM/EXAKTへの接続が可能。光デジタル(TOS)の音声出力にも対応するので、光デジタル入力を備えた幅広い機器とも接続可能。

    独自のデジタルプロセッシングテクノロジーを採用し、レコード盤に秘められたアナログ情報を引き出し、「歪みの極小化、ノイズの根絶」を図るとしています。使用カートリッジに応じて負荷値を設定し、最適化。なお、アナログタイプの現行URIKAも引き続き販売します。

    一般的な機器とも接続できるとは言え、「EXAKT」リンク前提でしょうから、やはりほぼLINN社のシステム限定的な製品なのでしょう。音作りも一致するでしょうし。ただ、ここまでしてアナログをデジタルで聴く意味があるのかは別問題。そこは哲学的な領域とさえ言えるでしょう。

    引用元: ・気軽にアナログプレイヤーの話題スレ 83rpm

    http://lavender.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1514304248/ 【LINN URIKA II MC型デジタルフォノイコライザー!】の続きを読む

    TB
    4

    1: 湛然 ★ 2018/02/06(火) 22:47:24.79 ID:CAP_USER9
    2018/02/06 12:47

    大貫妙子 『MIGNONNE』『ROMANTIQUE』のアナログレコードが今春復刻決定

    大貫妙子大好きYOUが再び来日し、本人との対面も実現した2月5日(月)放送のテレビ東京『YOUは何しに日本へ?』。ソニー・ミュージックダイレクトの公式サイト“otonano”のツイッターによれば、大貫妙子のアルバム『MIGNONNE』と『ROMANTIQUE』のアナログレコードが今春に復刻される予定。

    大貫妙子YOU再来日し、本人と感動のご対面!「MIGNONNE」と「ROMANTIQUE」のアナログ盤今春復刻予定!CDは好評発売中!
    https://twitter.com/otonanoenta/status/960697266280517633


    http://amass.jp/100786/


    引用元: ・【音楽】大貫妙子 『MIGNONNE』『ROMANTIQUE』のアナログレコードが今春復刻決定

    http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1517924844/ 【大貫妙子 「MIGNONNE」「ROMANTIQUE」のアナログレコード復刻決定!】の続きを読む

    このページのトップヘ