音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: DAP

    別に具体的なやらかしや不当行為は無いのに噂や思い込みでこんなに負の感情が募るって恐ろしいな……  2020年02月14日

    HIDIZS AP80 Pro / HiBy R8 ほか、ポタ研2020冬の便乗イベントで展示!?代理店は大変?  2020年02月11日

    ウォークマン、ダウンコンバートなしでのハイレゾストリーミング対応も検討中!  2020年02月07日

    COWON PLENUE R2 発売!Bluetooth送信時に音質調整が反映可能なDAP!  2020年01月22日

    FiiO M11 Pro SSは1月24日発売!M15との比較も気になる…  2020年01月19日

    TB
    799: 名無しさん@お腹いっぱい。 2020/02/11(火) 16:59:33.16 ID:L/JpBjCo
    ネタでも故意に壊してサポート受けようとしたやつも酷いが飯田ピアノの叩かれたかもひどい
    ついこの間も試聴機とはいえ現行機叩き売りやって叩かれたばかりだし気持ちはわかる

    個人的にはここば輸入代行業務しかしてないのになんのサポートが圧迫されるのか気になるね

    引用元: ・【高品質中華DAP】Shanling Hiby等 part5【Hi-res】

    http://matsuri.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1576233917/

    【別に具体的なやらかしや不当行為は無いのに噂や思い込みでこんなに負の感情が募るって恐ろしいな……】の続きを読む

    TB
    AP_80_PRO_grande


    2月8日に東京・中野サンプラザで開催された「ポタ研2020冬」。HiBy/HIDIZSブランド等を取り扱う飯田ピアノが独自の展示会を開催しました。HIDIZSブランドでは、昨年末発売済みの小型USB-DAC「S8 DAC」をはじめ、現在発売中の小型DAP「AP80」、その上位としてバランス接続に対応した発売予定の新製品「AP80 Pro」が展示されました。

    AP80 Proはコンパクトな2.5mm径バランスイヤホン端子搭載DAP。2基のESS9218Pチップを搭載。高性能FPGAチップであるHBC3000も採用。DSD 256、PCM 384/32、ISOなどの音楽ファイルを幅広くサポート。OSはHiBy OS。

    サムスンの2.45インチ480x360 IPS HDタッチディスプレイを採用。ホイールノブにより、片手で簡単に操作可能。BluetoothはLDACにも対応で双方向対応。

    また、HiByブランドでは、フラグシップモデルのAndroid搭載DAP「R8」を出展。国内で流通するブランドとしては初めてのSIMカードスロット搭載DAPで、4G通信が可能となっているのが特徴です。

    【HIDIZS AP80 Pro / HiBy R8 ほか、ポタ研2020冬の便乗イベントで展示!?代理店は大変?】の続きを読む

    TB
    310: 名無しさん@お腹いっぱい。 2020/02/06(木) 17:49:20.38 ID:sAz0EsGy0
    ソニー、ウォークマン「ZX500/A100」に自動電源オフ機能追加。「ダウンコンなしのハイレゾストリーミング対応も検討中」ともコメント - PHILE WEB http://www.phileweb.com/news/d-av/202002/06/49674.html


    引用元: ・AMAZON MUSIC HD★4

    http://lavender.2ch.sc/test/read.cgi/mdis/1578798684/

    【ウォークマン、ダウンコンバートなしでのハイレゾストリーミング対応も検討中!】の続きを読む

    TB

    エミライは、FiiO製ポータブルオーディオプレーヤーの数量限定モデル「M11 Pro Stainless Steel Edition(M11 Pro SS)」の発売日を1月24日に決定。実売予想価格は95,000円前後。

    Stainless Steel Editionは、電気的な性能と仕様はM11 Proに準拠しつつ、筐体をアルミニウム合金からSUS316に変更したモデル。SUS316は、18%のCrと12%のNiを含み、さらにモリブデン(Mo)を添加して耐食性、耐孔食性を向上させたステンレス鋼。

    約1.3kgのSUS316のブロックを、アルミニウムの4倍の切削時間をかけて特殊なタングステン製切削ツールを使ってCNC加工後、手磨き工程、レーザー刻印、PVDコーティング、AFフィルムコーティングを経て約130gになるまで加工。製品の重量は、通常のM11 Proと比べて約90g重い、約320g。

    FiiOは海外でM11の上位であるM15をすでに発表していて、価格は1400ドルほどと1.5倍ほどにはなりますが、M11 Pro SSと迷う、という向きもあるようです。




    【FiiO M11 Pro SSは1月24日発売!M15との比較も気になる…】の続きを読む

    このページのトップヘ