音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: DAP

    「Gofigure」リリース!CHORD「Poly」のWi-Fi設定などが簡単にできるiOSアプリ  2018年04月16日

    モバイルバッテリーのアンカーが爆発して家が火事になりかけました!?  2018年04月08日

    ハイレゾとかいらないので10万曲ぐらいまで認識できるDAPはないかな?  2018年04月07日

    Lotoo PAW Gold TOUCH 4.4mmバランス接続対応高級DAP!  2018年04月02日

    Google未認証のAndroid端末でGoogle純正アプリが使えなくなる予定!  2018年04月01日

    TB


    Gofigure
    英Chord Electronicsは、ポータブルDAC/ヘッドホンアンプ「Mojo」専用のモジュール「Poly」の設定を行うためのiOSアプリ「Gofigure」の配信を開始。

    Gofigureは、Polyの主な設定を操作・管理ができるiOSデバイス専用アプリ。App Storeから無料ダウンロードできます。アプリの使用環境はiOS11以上を推奨。PolyのファームウェアはVer.1.0.26以降。Android用は現在開発中とのこと。

    Gofigureを使えば、Wi-Fiネットワーク設定をはじめとする各種設定を、アプリから簡単に行えるようになります。Glider Music Playerや8 Playerなどのサードパーティ製ネットワークアプリと、組み合わせて使用する設計になっています。Wi-Fiネットワークの簡単設定や、Bluetooth設定、ホットスポットモードでのBluetoothの段階的な設定が可能。

    MPDで生成されたプレイリストをPolyに装填したmicroSDカードから再生できる「QuickPlay」もサポート。SDカード全体を含めたプレイリス作成も可能で、すべてのリストがアプリ内に表示できます。QuickPlayによる簡易プレーヤー機能も備えます。

    ずいぶん待たされた、という人が多いようですが、出来はどんなものなのでしょうか?
    【「Gofigure」リリース!CHORD「Poly」のWi-Fi設定などが簡単にできるiOSアプリ】の続きを読む

    TB

    1: 風吹けば名無し 2018/04/07(土) 21:51:35.76 ID:Q8On6kK70
    no title

    引用元: ・【悲報】Ankerのモバイルバッテリー、爆発炎上

    http://hawk.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1523105495/ 【モバイルバッテリーのアンカーが爆発して家が火事になりかけました!?】の続きを読む

    TB
    492: 名無しさん@お腹いっぱい。 (アウアウウー Sab1-CZ08) 2018/03/21(水) 21:26:49.63 ID:2XrOEerla
    ファームウェア1.21にアップデートしたら、音楽ライブラリの同期中に「音楽ライブラリがいっぱいです」と表示されて全曲同期できなくなった。
    前は50000曲以上入ったSDカード(400GB)でも同期できていたのに。
    ファームウェア1.20に戻す方法ってない?


    引用元: ・【ONKYO】DP-S1/XDP-30R Part9【Pioneer】

    http://matsuri.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1518766815/ 【ハイレゾとかいらないので10万曲ぐらいまで認識できるDAPはないかな?】の続きを読む

    TB
    PAWGoldTouch
    Lotoo(ロトゥー)から新フラッグシップとなるデジタルオーディオプレーヤー「PAW Gold TOUCH」の存在が発表されました。

    サイズと重量は66.8 x 119 x 21mm 275g。価格17,999元(約30万円)と文句なしの高級価格。3.77インチ (800 x 480)タッチパネルを備えます。OSは独自のLotoo OS。SoCはIngenic X1000。

    最大の特徴はこれまでのLotoo高級機ではまだ対応していなかったイヤホンのバランス接続に、4.4mmで対応していること。下位では2.5mmだっただけに驚き。

    使用DACはAK4497EQ、拡張メモリーは珍しくSDカード、USBはType-C (USB3.1)。Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 4.1双方向、LCAD対応とまるでソニーっぽい内容の連続。音源はDSD512(22.6MHz DSD)および768kHz PCMの再生にも対応。

    4月28日から開催される「春のヘッドフォン祭2018」において、本機の発表会が行われる予定とのことで、国内でも遠からず聴けるのはありがたいことです。

    高級DAP界の勢力図を変えるような潜在力を感じさせます。それどころか、バランス接続規格戦争にも終止符を打つかもしれません。
    【Lotoo PAW Gold TOUCH 4.4mmバランス接続対応高級DAP!】の続きを読む

    TB

    1: アルカリ性寝屋川市民 ★ 2018/03/27(火) 22:14:18.10 ID:CAP_USER9
    GoogleがAndroidの利用条件に掲げる各種認証を受けていないAndroidスマートフォンをブロックする計画であることが分かりました。一部の中国製の端末などで、Androidアプリが一切、利用できなくなる可能性があります。

    Google now blocks GApps on uncertified devices, but lets custom ROM users be whitelisted
    https://www.xda-developers.com/google-blocks-gapps-uncertified-devices-custom-rom-whitelist/

    モバイル端末用OSのAndroidはオープンソースであり、無料で利用できるだけでなく、改良したカスタムOSを作成することも認められています。これに対して、各種Googleサービスアプリはオープンソースではなく、Googleのガイドラインに従った利用が要求されます。例えば、Googleがリリースしている「Googleマップ」「Gmail」「Google Play Store」などのアプリを利用するには、端末メーカーはGoogleによって作成された互換性を定義する文書「CDD」に従って端末を開発することが要求され、さらに互換性テスト「CTS」に合格することが求められています。これらの基準に従う限りGoogleサービスの安定動作が保証されており、Googleサービスアプリを利用したりPlay Storeで提供される各種Androidアプリを利用できるというわけです。

    そもそも、「Android」はGoogleの商標であるため、Googleの定める互換性要件を満たさない端末はAndroidを名乗ることが許されず、厳密には「Androidフォーク」と呼ばれます。例えば、XiaomiのMIUIやAmazonのFire OSなどがAndroidフォークとしては有名です。OSのベースはAndroidですが、これらのAndroidフォーク端末では独自のアプリが提供されており、ユーザーは基本的にはそのエコシステム内での利用が想定されています。

    とはいえ、ベースがAndroidであることから多くのAndroidアプリがAndroidフォーク端末でそのまま動くため、ユーザーが手動でGoogleマップやGmail、Androidアプリを提供するGoogle Play Storeアプリさえもインストール可能です。本来はAndroid端末にプリインストールされているGoogleサービスアプリですが、掲示板やカスタムROMサイト、サードパーティ製のアプリストアなどでAPKファイルが公開されており、Androidフォーク端末ユーザーは、Googleのお墨付きを得ない形でGoogleサービスアプリを利用しているという実態があります。

    端末が認証されていない場合、Play Storeの「設定」の「端末の認証」に「Uncertified」(認証されていません)と表示されます。


    Googleはこれまで認証済みでない端末に対して事実上の黙認状態でしたが、認証済みでない端末のGoogleサービスアプリの利用を認めない方向に舵を切った可能性が、カスタムROMなどに関するフォーラムXDAで指摘されています。

    liam_davenport氏は、未認証の端末で「Device is not certified by Google」(端末はGoogleの認証を受けていません)という画面が現れたと報告しています。この画面が表示されるとGoogleアカウントのサインインが解除され、Googleサービスアプリの利用ができなくなるとのこと。もちろんGoogle Play StoreからAndroidアプリを入手できなくなります。ユーザーに与えられる選択肢は「端末メーカーに認証を受けるようにメールを送ること」です。苦情を受けたメーカーは、Googleの規約通りにCTS認証を受けなければ端末が事実上、市場で受け入れられなくなるというわけです。

    なお、GoogleはカスタムROMに対しては寛容で、カスタムROMユーザーの場合、Android IDを以下の端末の登録ページから通知してホワイトリストに追加してもらい、ロックを解除してもらえるとのこと。ただし、自分の端末のAndroid IDを調べるにはADBコマンドで「settings get secure android_id」と入力する作業が必要で、XDAフォーラム参加者ならいざ知らず、多くのライトユーザーにはハードルが高いと言わざるを得ません。



    gigazine 2018年03月27日 15時00分00秒
    https://gigazine.net/news/20180327-google-block-uncertified-device/

    引用元: ・【Android】Google未認証のAndroid端末でGoogle純正アプリが使えなくなる予定

    http://asahi.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1522156458/ 【Google未認証のAndroid端末でGoogle純正アプリが使えなくなる予定!】の続きを読む

    このページのトップヘ