音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: DAP

    iBasso Audio AMP9 Nutube搭載DX200/DX150専用アンプモジュール!  2018年12月17日

    FiiO M6 約2万円でAirPlay/ストリーミング対応のDAP!  2018年12月16日

    A&ultima SP1000M Royal Gold ポタフェスで披露!音質の感想もご紹介!  

    DMP-Z1 発売&ポタフェスで展示!購入ユーザーの感想もご紹介!  2018年12月15日

    NW-WM1A/1Z ほかウォークマンのアップデート!データベース更新速度や動作安定性を改善  2018年12月14日

    TB
    AMP9
    ポタフェス2018冬。iBasso Audioのブースでは、ハイレゾプレーヤー「DX200」、「DX150」、「DX120」を展示。

    さらに、アンプ交換対応機DX200/DX150向けの別売アンプモジュール「AMP9」も参考展示。コルグが開発した次世代真空管「Nutube」を使ったもので、25,000円程度になる予定。

    また、DX200の筐体を無酸素銅で作り、金メッキを施し、内部回路も刷新したという「DX200Gold」も参考展示。価格は未定だが、35~36万円をイメージしているとのこと。「DX200Gold」にもAMP9は使用できます。

    Nutube搭載DAPというと、CayinのN8がありますが、高価。その点、AMP9ならDX200/DX150との組み合わせで比較的リーズナブルにNutube搭載DAPを実現できます。

    なお、N8でも実現できていない「Nutube動作時のイヤホンのバランス出力」についてはAMP9でも非対応。イヤホン出力は3.5mm径ステレオミニのみとのことです。

    【iBasso Audio AMP9 Nutube搭載DX200/DX150専用アンプモジュール!】の続きを読む

    TB
    fiio_M6
    ポタフェス2018冬。中国・FiiOのポータブルプレーヤー新モデル「M6」が参考出品されました。発売時期は今冬、価格は1.8~2.3万円前後の予定というエントリークラスのハイレゾDAP。

    大きな特徴は2.4GHz帯のWi-Fiを搭載し、AirPlayのほか、各種音楽ストリーミングサービスを受信・再生に対応する点。特にAirPlay対応は高級DAPを含めてあまり例がなく、iPhoneはじめアップルデバイスを使用しているユーザーにとっては音質面も含め大きな魅力になります。





    【FiiO M6 約2万円でAirPlay/ストリーミング対応のDAP!】の続きを読む

    TB
    SP1000M+RoyalGold
    ポタフェス2018冬。アユートはAstell&KernのハイレゾDAP・「A&ultima SP1000M Royal Gold」を参考出展。試聴可能なデモ機を展示。

    既存機のSP1000Mがベース。ボディ素材がブラス(真鍮)製で、仕上げに金メッキ加工を施した高級感あふれるモデル。内蔵メモリも128GBから256GBへ増加させています。そのほか、内容、仕様などはSP1000Mと同じ。

    筐体素材が変われば音質が変わるのは常識なので、本機もオリジナルとは違うのが当然で、さらには素材の変更による音の違いを意識したチューニングの違いもあるかもしれません。

    実機を試聴したみなさんの感想を見ると、やはりオリジナルとの音質の違いはあるという意見がありました。

    【A&ultima SP1000M Royal Gold ポタフェスで披露!音質の感想もご紹介!】の続きを読む

    TB
    ソニーによる超弩級ポータブルオーディオプレーヤー・DMP-Z1が12月8日に95万円で発売されました。試聴はソニーストアでも可能ですが、12月15日、16日の『ポータブルオーディオフェスティバル 2018 冬 東京・秋葉原』(ポタフェス)にも展示。

    試聴機が2台用意され、内部構造も見ることができるようになっています。また、DMP-Z1専用キャリングケースをバンナイズが受注生産するという新たな情報も出ています。

    おいそれとは買えるモノではありませんが、多くの人の関心を集める話題の機種であることは間違いありません。

    ツイッターには購入したユーザーの方の感想も流れてきています。たしかにポータブル機器としては驚きの価格で、早速購入者がいることにも驚いている人がすくなくありませんがが、単品オーディオコンポとして見れば、普通の価格?なので、そうたいしたことではないのかもしれません。
    【DMP-Z1 発売&ポタフェスで展示!購入ユーザーの感想もご紹介!】の続きを読む

    TB



    ソニーは、同社のDAP “ウォークマン” 「NW-WM1A/WM1Z」、「NW-ZX300/ZX300G」、「NW-A50シリーズ」各モデルの本体ソフトウェアアップデートを12月13日より配信開始。

    アップデート後のソフトウェアバージョンは、「NW-WM1A/WM1Z」が “Ver 3.01” 、「NW-ZX300/ZX300G」が “Ver 2.01” 、「NW-A50シリーズ」が “Ver 1.01” 。

    アップデート内容はすべて共通。起動時などに行う楽曲データベース作成/再構築に時間がかかる現象や、再生中まれに本体が再起動する問題、一部の楽曲の再生時間が正しく画面上に表示されない問題、ブックマークリストの楽曲並び替えが円滑に行えないことがある問題が改善されています。

    191: 名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 9f12-cpga [180.63.214.14]) 2018/11/06(火) 19:38:51.61 ID:DkWF3rKF0
    WM1の後釜は出ないけどアプデで繋ぐだろうな。
    ソニーの言い分は「アプデしてやるから後継機種は我慢しろ!」
    と言う事なんだよ。

    引用元: ・SONY ウォークマン NW-WM1Z/NW-WM1A Part39

    http://matsuri.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1540272709/ 【NW-WM1A/1Z ほかウォークマンのアップデート!データベース更新速度や動作安定性を改善】の続きを読む

    このページのトップヘ