音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: ハイレゾ

    i-dio TS ONE ネット配信で4月から全国で視聴可能に Windows対応も!  2017年03月21日

    MQA-CD発売!MQA非対応プレーヤーでも再生可能なハイレゾCD5  2017年03月20日

    TM NETWORK GET WILD 2017 TK REMIX ハイレゾ配信スタート!3  2017年03月09日

    e-onkyo music ハイレゾ配信 アイマス楽曲が多数登場。DECCA 100作品値下げ5  2017年02月27日

    TIDAL株式の33%をソフトバンク子会社の米Sprintが取得!利用者水増し疑惑も…  2017年01月25日


    無料デジタル放送i-dioの高音質チャンネル「TS ONE」は、視聴アプリ「TS PLAY」を使ったインターネット受信モードによる番組受信可能地域を、4月1日より日本国内全地域へ拡大する。このエリア拡大に合わせて、TS PLAYアプリは従来のiOS/Android版に加え、Windows版も提供開始する。アプリの対応OSは、iOS 8以上、Android 4.4以上、Windows 8.1/10。

    地上アナログテレビ放送終了後の帯域を利用したV-Lowマルチメディア放送のi-dioは、現在、福岡/東京近郊/大阪/東海の一部地域で視聴できるサービスとして展開し、今後エリアを拡大予定。i-dioのチャンネルの一つ「TS ONE」は、放送波に加えて提供している「インターネット受信モード」において、他のチャンネルに先駆けて4月1日より視聴対象エリアを日本国内全地域へ拡大する。

    TS ONEは、“地上波デジタル放送最高の音質”とするAAC 320kbpsで、音楽・カルチャー・ニュースを中心とした番組を放送。今後は“ハイレゾ級”とする96kHz音源にも対応予定。

    http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1050392.html

    【i-dio TS ONE ネット配信で4月から全国で視聴可能に Windows対応も!】の続きを読む

    TB
    5

    ハイレゾ形式のひとつであるMQAフォーマットで音源を収録しながら、通常のCDプレーヤーでも再生できる「MQA-CD」が発表。その第一弾作品として、OTTAVA Recordsから『A.Piazzolla by Strings and Oboe』が本日3月17日に発売。価格は2,500円(税抜)。
    【MQA-CD発売!MQA非対応プレーヤーでも再生可能なハイレゾCD】の続きを読む

    TB
    3

    e-onkyo musicの3月8日ハイレゾ配信開始楽曲を紹介します。TM NETWORKの代表曲「GET WILD」リリース30周年を記念し、様々なカバーやリミックスを収めるアルバム「GET WILD Thanks 30th Anniversary(仮)」が4月発売予定だが、それに先がけ、小室哲哉が手がけたリミックス版が配信。マスタリングはバーニー・グランドマン・マスタリング スタジオの前田康二が担当。

     そのほか、ドラマーの大坂昌彦を中心としたピアノトリオ、東京キネマ・ジャズトリオによるネイティブDSD 11.2MHz収録作「ジャズ・シネマ・ノスタルジア」や、三月のパンタシアの1stフルアルバム「あのときの歌が聴こえる」、光田康典とサラ・オレイン、東京交響楽団が共演したRPG「蒼き革命のヴァルキュリア」オリジナルサウンドトラックなどが追加されています。


    http://av.watch.impress.co.jp/docs/ship/eonkyo/1048524.html


    【TM NETWORK GET WILD 2017 TK REMIX ハイレゾ配信スタート!】の続きを読む

    TB
    5

    e-onkyo musicの2月24日ハイレゾ配信開始楽曲を紹介します。アイドル育成ゲーム「THE IDOLM@STER」シリーズ楽曲のハイレゾ独占先行配信が開始されました。初代アイマス/シンデレラガールズ/ミリオンライブの3タイトルから計14曲が登場。また、オンキヨーブランドのハイレゾプレーヤー「DP-X1A」とアイマスのコラボモデルが、直販サイト「ONKYO DIRECT」で3月2日より予約販売開始となります。

    名門レーベル「DECCA」のクラシック作品100タイトルを5月8日までの期間限定で値下げするキャンペーンも実施。ギドン・クレーメル「J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ(全曲)」(値下げ後の価格:1,725円)や、カラヤン指揮、ウィーン・フィル演奏の「R.シュトラウス:交響詩《ツァラトゥストラはかく語りき》」(同1,725円)、諏訪内晶子とバーミンガム市交響楽団が共演した「シベリウス & ウォルトン:ヴァイオリン協奏曲」(同1,500円)などがラインナップされています。対象作品などの詳細は特設サイトにて。

    http://av.watch.impress.co.jp/docs/ship/eonkyo/1046275.html

    特設サイト

    【e-onkyo music ハイレゾ配信 アイマス楽曲が多数登場。DECCA 100作品値下げ】の続きを読む


    米携帯電話大手のSprintは、高音質音楽配信サービスを手がけるTIDALに33%出資することを発表した。

    Sprintは4,500万人に及ぶ同社の顧客に対して、TIDALへの無制限のアクセス権を提供する。またTIDALはSprintユーザーに対して、「これまでどこにも出ていなかった」という独占コンテンツを提供する。独占コンテンツの内容やプロモーションについては、間もなく明らかにされるという。

    TIDALはアーティストのJAY-Zなどがオーナーとなっている高音質音楽サービス。52カ国でサービスを提供しており、4,250万曲の楽曲カタログと14万の高画質ビデオライブラリーを持っている。ロスレス音源のストリーミング配信を行っているほか、最近ではMQAによるハイレゾ音源配信も開始した。

    http://www.phileweb.com/news/d-av/201701/23/40409.html



    ※Sprintは米4位の携帯電話会社で、2013年にソフトバンクグループが買収しています。また、TIDALは日本ではサービス提供されていません。今後の国内展開も不明です。

    このニュースが出たためなのか、今度はTIDALに利用者数の水増し疑惑が報道されました。ノルウェーの経済誌「Dagens Naeringsliv」が報じたところによりますと、TIDALはテックメディア「The Verge」に対して、昨年3月時点でのトライアルを含めない利用者数は300万人だと述べていました。しかし、Dagens Naeringslivの調査によって、その翌月の社内資料には利用者数が120万人と記されていたとのこと。

    同社は、Dagens Naeringslivの取材に対して拒んでいましたが、その後顧問弁護士が記事の内容を全面的に否定したともしています。

    いずれにしても、会員数では業界最大手のスポティファイに圧倒的な差があります。同社の経営は赤字が続いており、経営難もささやかれているのも確かです。

    オーディオ面ではMQAによるハイレゾ配信の部分で大いに期待できるだけに、頑張って欲しいと思います。
    【TIDAL株式の33%をソフトバンク子会社の米Sprintが取得!利用者水増し疑惑も…】の続きを読む

    このページのトップヘ