音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: ハイレゾ

    e-onkyo music週間ハイレゾベスト10 (11月3日~9日)5  2017年11月11日

    ヴィルヘルム・ケンプ ベートーヴェン ピアノソナタ全集がハイレゾ配信ランキング1位に!  2017年11月01日

    DEEZERが国内展開を準備中 日本初、ロスレス音楽ストリーミングサービスが開始か?  2017年10月30日

    mora 「けいおん!」ハイレゾ音源を配信開始!5  2017年10月17日

    ハイレゾとCDリッピング音源を比較試聴してみたんだが…  2017年10月11日

    TB
    5
    ハイレゾ音楽配信サービス「e-onkyo music」のダウンロードランキング11月3日~9日分。

    先週に引き続き、ヴィルヘルム・ケンプによる「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集」が1位。CD8枚相当のハイレゾでは破格の安さが人気の理由でしょう。

    その他、中森明菜のデビュー30周年記念リマスター盤「ベスト・コレクション ~ラブ・ソングス&ポップ・ソングス~」や、マルーン5の約3年ぶりの新作「Red Pill Blues」などがランクイン。
    【e-onkyo music週間ハイレゾベスト10 (11月3日~9日)】の続きを読む

    TB


    e-onkyo ハイレゾランキング 2017年10月19日-10月25日 1位はなんとケンプによるベートーヴェンピアノソナタ全集(1965年ステレオ録音、24bit/96kHz)。

    2600円という安さが人気の理由のようです。アナログ期にはバックハウスの全集と人気を2分していましたが、その後の録音の登場もあり、影が薄くなってた感は否めませんでした。ただ、昨今の輸入CDボックスの激安化で、アナログ期の演奏の見直されていました。それでもHMVのクラシックランキングではなく、全ジャンル対象のランキングで1位になったとは驚きです。

    アナログ録音の全集でハイレゾ化されているのがこのケンプ盤くらいなのも意外。バックハウスはされていません。今後、グルダのがされるでしょうか?全集にこだわらなければリヒテルのアナログ録音がハイレゾ化されていて、ケンプとは全く異なる演奏。

    現在、定評ある全集の多くが1980年代の録音が入ってしまっているため、ハイレゾ化販売しにくいという技術的事情も見え隠れします。

    【ヴィルヘルム・ケンプ ベートーヴェン ピアノソナタ全集がハイレゾ配信ランキング1位に!】の続きを読む

    TB
    DEEZER
    日本国内ではストリーミングでの定額音楽配信サービスがいくつかありますが、いまだ圧縮音源のみで、ハイレゾはおろか、CDクオリティーのロスレス対応も無い状況です(オンデマンドなら、DSDにも対応したIIJがあります)。

    海外ではTIDALやQobuzなどがあります。DEEZERもロスレス配信を行っており、約180カ国でサービスを展開しています。

    そんな中、「DEEZER」が日本でサービス展開を開始することが明らかに。DEEZERでは約4,000万曲以上の音源を、44.1kHz/16bitのFLACで配信しています。

    おそらくは日本でもロスレス配信するのでしょう。

    まずはCDレベルのFLAC配信が一般化することが大事で、その先には24bitやDSDの配信も定額配信される未来が待っているのでしょうか?まずは新たな一歩を歓迎します。 【DEEZERが国内展開を準備中 日本初、ロスレス音楽ストリーミングサービスが開始か?】の続きを読む

    TB
    5
    ComewithMe!!
    音楽配信サービスのmoraは、TVアニメ「けいおん!」のハイレゾ配信を17日よりスタート。OP・ED主題歌や放課後ティータイム楽曲、キャラクターイメージソングをまとめたアルバム「けいおん! はいれぞ!『Come with Me!!』セット」で、価格は4,860円(税込)。ファイル形式はFLACの96kHz/24bit。多くのユーザーからハイレゾ音源のリクエストが殺到していたということからの配信開始です。 【mora 「けいおん!」ハイレゾ音源を配信開始!】の続きを読む

    このページのトップヘ