音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: ハイレゾ

    米津玄師の全楽曲のサブスク解禁!ハイレゾ音源配信も開始!3  2020年08月05日

    AC/DC、全カタログ作品のハイレゾ版を配信開始!『Back in Black』発売40周年記念3  2020年08月01日

    ジョージ・セル没後50年 ハイレゾ音源情報も5  2020年07月30日

    アイザック・スターン生誕100年 SACD・ハイレゾ音源情報も3  2020年07月21日

    MUSIC/SLASH Premium 最大96kHz/24bitでのハイレゾストリーミングに参入!  2020年07月19日

    TB
    3


    米津玄師とハチ名義の楽曲の配信が、本日8月5日から各定額制音楽配信サービスにて開始されました。

    「YANKEE」から本日8月5日リリースの最新アルバム『STRAY SHEEP』までに加え、「パンダヒーロー」などボカロP名義での楽曲も含む全楽曲が解禁。

    さらに、ハイレゾでの音源提供も開始。こちらはアルバム『BOOTLEG』『STRAY SHEEP』収録曲などタイトルは限られています。品位は48.0kHz/24bit〜96kHz/24bit。

    【米津玄師の全楽曲のサブスク解禁!ハイレゾ音源配信も開始!】の続きを読む

    TB
    3


    【AC/DC、全カタログ作品のハイレゾ版を配信開始!『Back in Black』発売40周年記念】の続きを読む

    TB
    5


    2019年7月30日は、20世紀を代表する名指揮者・ジョージ・セルの没後50年に当たります。ジョージ・セルは手兵・クリーヴランド管弦楽団とともに、非常に高い合奏能力と精緻な演奏によって、録音史にその名を刻んでいます。

    【ジョージ・セル没後50年 ハイレゾ音源情報も】の続きを読む

    TB
    3

    20世紀を代表する名ヴァイオリニスト、アイザック・スターンは今日が生誕100年。

    しかし、その名声と実力を考えると、アナログ録音のハイレゾ化が少ない演奏家のように思います。また、たいていの演奏家は全録音のCDボックスセットがとっくに出ていますが、スターンはこの生誕100年を機に、やっとソニー(コロンビア)へのアナログ録音ボックスが出たくらいです。

    彼の録音のステレオ録音のハイレゾ化としては、2000年ごろにSACD・DSD化された「メンデルスゾーン・チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲」、「ヴィヴァルディ:四季ほか」と2010年代半ばにSACD・DSD化された「ベルク、バルトーク:ヴァイオリン協奏曲ほか」くらいしか思い当たりません。(そのほか、1953年の来日時の演奏のモノラル録音のハイレゾ配信があります)

    スターンの録音のハイレゾ化の進展を期待したいところです。

    ベルク:ヴァイオリン協奏曲、バルトーク:同第2番ほか、アイザック・スターン ハイレゾ DSD 
    https://highresoclassic.stores.jp/items/5ec3f09e72b9112a2cbda0c9

    ザ・コンプリート・コロンビア・アナログ・レコーディングズ<完全生産限定盤> アイザック・スターン
    https://tower.jp/item/5054603/

    【アイザック・スターン生誕100年 SACD・ハイレゾ音源情報も】の続きを読む

    TB

    先日、山下達郎のライブ配信を7月30日に行うと発表した「MUSIC/SLASH」。今度は、今年12月に、フラグシップサービス「MUSIC/SLASH Premium」をローンチし、最大96kHz/24bitのハイレゾ音声でストリーミングを行うと発表しました。

    MUSIC/SLASHのサービス提供を行う(株)SPOONとラディウス(株)が共同で、ハイレゾ配信のプラットフォームを共同開発するとのこと。最大96kHz/24bitでの配信を行う予定としています。

    12月のローンチに向け、坂本龍一氏と共に企画を進めていることも明らかにしています。


    【MUSIC/SLASH Premium 最大96kHz/24bitでのハイレゾストリーミングに参入!】の続きを読む

    このページのトップヘ