音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: ハイレゾ

    mora qualitas ハイレゾ音源の定額制ストリーミング音楽配信国内開始へ!  2018年12月10日

    mora、ハイレゾ1,500タイトルを最大75%値下げ!  2018年12月04日

    YMOの初期3作品、ハイレゾ/アナログ2種/SACDで発売開始。再発プロジェクト「YMO40」第1弾3  2018年11月30日

    「ハイレゾワイヤレスロゴ」Bluetoothなど“無線でハイレゾ”の指標を規定!  2018年11月29日

    ザ・ビートルズ「ホワイト・アルバム」ハイレゾBDや未発表曲大量収録の特別版!5  2018年09月26日

    TB

    1: ムヒタ ★ 2018/12/10(月) 13:27:42.23 ID:CAP_USER
     ソニー・ミュージックエンタテインメントは12月10日、ハイレゾ音源を含む可逆(ロスレス)圧縮方式のストリーミング音楽配信サービス「mora qualitas」(モーラ クオリタス)を2019年春に始めると発表した。まずはPC向けに提供し、次世代モバイル通信方式「5G」の実用化をめどにスマートフォン向けにも展開する。料金は月額1980円(税別)。

     24bit/44.1~96kHzのハイレゾ音源と、16bit/44.1kHzのCD音源をロスレスのFLAC形式でストリーミング配信する。まずWindowsとmacOSに対応し、将来はスマホなどモバイルデバイスにも対応する予定。

     同社はmora qualitasの技術パートナーとして、音楽共有サービス「napster」(ナップスター)のブランドを11年に買収した米Rhapsody Internationalと業務提携。グローバルでの展開も検討する。

     ハイレゾ音源は、CDを上回る情報量を持つ音楽ファイル。ファイルサイズが1曲で数百MBと大きく、現在主流のモバイル通信規格「4G」では安定したストリーミング配信が難しい。大容量・低遅延の5Gが登場し、こうした状況が変わる可能性がある。
    2018年12月10日 12時30分
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1812/10/news078.html

    引用元: ・【サービス】ソニー、ハイレゾ音源の定額制ストリーミング音楽配信 19年春から 5Gでスマホにも対応予定

    http://egg.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1544416062/ 【mora qualitas ハイレゾ音源の定額制ストリーミング音楽配信国内開始へ!】の続きを読む

    TB
    mora1812
    音楽配信サービスのmoraは、ハイレゾの名盤や人気作品など約1,500タイトル以上が最大75%値引きになる「冬のハイレゾプライスOFF」キャンペーンを開始。期間は12月25日まで。

    邦楽や洋楽、アニメ/ゲーム、クラシック、ジャズ、サウンドトラックなど約1,500タイトルが値下げの対象で、作品リストや価格は特設ページで案内しています。

    また、moraでは、ハイレゾ配信5周年を記念し、ハイレゾをより広めることを目的とし、アーティスト自らハイレゾ音源をPRする「moraハイレゾPRアーティスト」を開始。声優・大橋彩香が初代アーティストに就任しました。

    【mora、ハイレゾ1,500タイトルを最大75%値下げ!】の続きを読む

    TB
    3
    YELLOW MAGIC ORCHESTRAの結成40周年を記念した再発プロジェクト「YMO40」が始動。その一環としてハイレゾ配信およびアナログレコード、SACDの再発第1弾作品群が本日11月28日から発売された。第2弾が2019年2月27日発売予定であることも明らかになった。

    再発プロジェクト「YMO40」でリリースされる音源には、アメリカのエンジニア、ボブ・ラディックによるリマスターを実施。第一弾としてアルファレコード時代の初期3タイトル「イエロー・マジック・オーケストラ」「イエロー・マジック・オーケストラ<US版>」「ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー」のハイレゾ配信、およびアナログ盤とSACDが発売された。ハイレゾ配信はmoraやe-onkyo musicを始めとする各サービスで展開されている。

    アナログ盤はそれぞれ「Collector's Vinyl Edition」と「Standard Vinyl Edition」の2種類を用意。

    どちらも完全限定生産で、「Collector's Vinyl Edition」には特製外箱に45回転2枚組でカッティングしたディスクと共に、書き下ろしライナーノーツ、関係者インタビュー等を掲載した別冊ブックレット、当時の制作資料のレプリカ等を収納予定。価格は各9,000円(税抜)。

    一方の「Standard Vinyl Edition」は、オリジナル発売当時のフォーマット通りの33回転LP。帯、インナー、レーベルは当時の仕様を可能な限り忠実に復刻したという。なおカラーレコードではない。価格は3,700円(税抜)。

    SACDはハイブリッド仕様のため通常のCDプレーヤーでも再生可能。価格は各3,000円(税抜)。なおこれらの作品は初のSACDハイブリッド化となる。

    そのほか、アナログ盤2種とSACDともに、収録楽曲のデータをスマートフォン等で聴ける「プレイパス」サービスでのダウンロード用コードも付属。また、先着購入特典も用意している。

    第2弾は『パブリック・プレッシャー』『増殖』の2タイトルが2019年2月27日に発売。『増殖』はオリジナル発売時を再現した段ボールパッケージでの発売となり、「Collector's Vinyl Edition」は10インチ2枚組で米国編集盤『マルティプライズ』の復刻ジャケットも付属する。

    【YMOの初期3作品、ハイレゾ/アナログ2種/SACDで発売開始。再発プロジェクト「YMO40」第1弾】の続きを読む

    TB
    ハイレゾオーディオワイヤレスロゴ

    日本オーディオ協会は、Bluetoothなどの無線オーディオ機器を対象に、ハイレゾオーディオとして十分な音質を満たす製品と定めた「ハイレゾオーディオワイヤレスロゴ」のライセンスを28日より開始。

    協会が認証したオーディオコーデックをサポートし、ハイレゾが楽しめる十分な音質を備える製品にロゴの使用が認められます。

    【「ハイレゾワイヤレスロゴ」Bluetoothなど“無線でハイレゾ”の指標を規定!】の続きを読む

    TB
    5


    ユニバーサルミュージックは、ビートルズ『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』 発売50周年を記念した「スーパー・デラックス・エディション」を11月9日に発売。

    ハイレゾ音源収録のブルーレイや多数の未発表曲を含むCD6枚とBD1枚、豪華本付のボックス・セット仕様で、価格は19,500円(税抜)。未発表曲収録ディスクとの4枚組アナログレコード版「4LPデラックス・エディション」(14,300円/税抜)なども同時発売されます。

    ブルーレイオーディオには、新ミックスのハイレゾ音源(ステレオ)などを収録。2018 DTS-HDマスター・オーディオ 5.1 アルバム・ミックス、2018ドルビーTrue HD 5.1 アルバム・ミックス、2018モノ(オリジナル・モノ・ミックスからのダイレクト・トランスファー)も収録。

    【ザ・ビートルズ「ホワイト・アルバム」ハイレゾBDや未発表曲大量収録の特別版!】の続きを読む

    このページのトップヘ