音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: ハイレゾ

    iOS 11は9月20日提供開始、FLAC再生やAirPlay 2など ハイレゾ対応は…  2017年09月13日

    ハイレゾにも携わったパナソニックの西田郁央容疑者が痴漢で逮捕!  2017年08月12日

    SONY 「Music | Center for PC」。Media Go後継ソフト!x-アプリが復活!?  2017年08月07日

    e-onkyo music ハイレゾダウンロードランキングベスト10(7月21日~27日)  

    「ハイレゾジャズ喫茶」はビジネスとして成立するか?3  2017年07月07日

    TB

    FLAC再生やAirPlay 2といったオーディオ機能面での大きな変更が話題のiOS最新バージョンの「iOS 11」。どういうわけかFLAC=ハイレゾという認識がある程度広がっているようで、実際には今回のバージョンでは本体での16bit/48kHzまで(つまりCDレベルであってハイレゾではない)のFLAC再生にデフォルト対応するだけです。
    AirPlay 2もハイレゾには対応していません。

    これまでも対応アプリとLightning接続の社外品アンプを使えばFLACハイレゾのネイティブ再生は可能でした。本体内でも対応アプリを使えばダウンコンバート再生も可能です。

    アップル社はあまり本腰ではないでしょうが、本体だけでのハイレゾ再生が可能なiOS機を開発することはあるのでしょうか。

    【iOS 11は9月20日提供開始、FLAC再生やAirPlay 2など ハイレゾ対応は…】の続きを読む

    TB
    85: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/08/02(水) 20:29:37.24 ID:2CiJhJnn
    大手家電メーカー「パナソニック」に勤務する51歳の課長が、先月、兵庫県宝塚市の路上で24歳の女性の胸を無理やり触ったとして強制わいせつの疑いで逮捕されました。
    逮捕されたのは、「パナソニック」の家電の開発部門の課長、西田郁央容疑者(51)です。
    警察によりますと、西田課長は、先月8日の未明、宝塚市の路上で会社員の24歳の女性に後ろから近づき、胸を無理やり触ったとして強制わいせつの疑いが持たれています。
    被害届を受けた警察が、現場周辺の防犯カメラを調べたところ、女性の後ろをつけて歩く男が映っていたことから捜査を進めた結果、西田課長が関わった疑いがあることがわかっ
    たということです。
    警察によりますと、調べに対して「間違いありません」と容疑を認めているということです。
    また、市内で起きた別の強制わいせつ事件でも防犯カメラの映像に似た男が映っていることから、警察が、関連を詳しく調べています。
    パナソニックの広報部は、「事実関係を確認中です」とコメントしています。
    http://www3.nhk.or.jp/lnews/kobe/2025717091.html

    Panasonicのハイレゾ関係の論文でよく名前見かけた西田さんが強制わいせつ罪で捕まった
    全然紳士じゃねぇ…

    引用元: ・[R指定]紳士淑女のオーディオ千夜一夜なのさ

    http://lavender.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1501317280/ 【ハイレゾにも携わったパナソニックの西田郁央容疑者が痴漢で逮捕!】の続きを読む

    TB
    Music Center for PC
    495: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/08/04(金) 17:59:46.29 ID:sW1jdOv/0
    ソニー、新音楽再生アプリ「Music | Center for PC」。Media Go後継だがx-アプリベース
    http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1073442.html

    ベースとなった「x-アプリ」は2011年までソニーのウォークマン用アプリとして展開していたが、
    2012年後半のウォークマンからは「Media Go」が推奨アプリとなっていた。
    今回再びx-アプリの系譜となる「Sony | Music Center for PC」が
    ウォークマン並びにソニーオーディオ製品の標準音楽アプリとなる。

     Media Goは、Sony Network Entertainmentなど3社共同開発のアプリとなっていたため、
    音楽専用のアプリとして、ソニービデオ&サウンドプロダクツの専用アプリとして
    「Sony | Music Center for PC」に切り替え。
    Media Goについては、Music Centerへの移行状況などを見ながら、提供終了日時を決定するとしている。


    引用元: ・○○●Media Go 6th●○○ [無断転載禁止]©2ch.net

    【SONY 「Music | Center for PC」。Media Go後継ソフト!x-アプリが復活!?】の続きを読む

    TB
    3


    1: ノチラ ★ 2017/07/06(木) 09:19:06.38 ID:CAP_USER
    中略
    そこで時代を振り返ると、かつて音楽レコードが高価だった時代に、コーヒー一杯で様々な楽曲が高品位な音響装置で楽しめる場として「ジャズ喫茶」が全国にあった。ハイレゾというCDの約6.5倍もの情報量を持つ新規格が世に出始めたいま、音源や再生装置の販促も兼ねて、ハイレゾのいい音を気軽に体験できる「21世紀版ジャズ喫茶」のようなお店が出てくれば、そこに新たな商機も生まれるのではないか?そう考えて、筆者は下調べを開始した。

    だが調べてみると、ジャズ喫茶のハイレゾ版のようなお店はあまり見つからなかった。そこで、このスタイルのお店として恐らくもっとも有名な東京・新宿にある「Spincoaster Music Bar」に取材をし、話を聞くことにした。

    同店はJR新宿駅の近くにあり、元ジャズバーを改装したもの。2013年スタートの音楽メディア事業を主軸とする株式会社Spincoasterが、2015年3月にオープンさせた。林潤社長は学生時代にITベンチャー創業メンバーとしてIT業界に3年間携わり、社会人として大手レコード会社で音楽業界に6年間携わり、その後独立した経歴の持ち主。2014年の組織法人化をきっかけに、「音楽を通じたコミュニケーションを豊かに」という想いを実現するための別のあり方を模索し、ミュージックバーの開設を決意した。そしてクラウドファンディング(インターネットを通じて共感した不特定多数の人から資金を集める方法)で出資を募り、目標額の2倍もの資金を得て、開店に漕ぎつけた。
     
    「音楽好きな人たちのコミュニケーションをもっと盛り上げるには、Webメディアだけでは限界がある。音質のよい音、会話、お酒、人々の偶然の出会い、それらを実現するにはリアルな場所が必要で、たどり着いた答えがミュージックバーでした」(林社長)

     そんな「Spincoaster Music Bar」は、ハイレゾとアナログの音源を多数取り揃え、それぞれに対応した音響装置を別々に用意していることが特徴だ。音楽配信サイトの「mora」や「OTOTOY」から音源の協賛を、そしてSonyやEastern Sound Factory社から機材の協賛を受けることで実現した仕組みだ。

    既存のミュージックバーの客層は1960~80年代の音楽をリアルタイムで体験した世代が中心になりがちだが、20~60代と年齢層が幅広いのが同店の特徴だ。でも若い人はきっとハイレゾが目あてで、アナログレコードには見向きもしないのではないかと思って尋ねると、むしろ逆だと聞かされて驚いた。

    「私は元々音楽好きで、CDショップやクラブによく通っていたのですが、アナログレコードしか流さないDJも多くて、そこでアナログの良さに気づかされたのです。そうした影響からか、今のアーティストの最新アルバムがLPレコードでも出るようになってきて、アナログに若い聴き手が増えつつあります。今の若者はモノよりも体験にお金を使うとよく言われます。まさにその通りで、アナログ音源をよい音で聴ける当店を訪れて未知の音源に触れ、見知らぬ人同士で音楽を通じて知り合い、言葉を交わすことに価値を見い出してくれているおかげですね」(林社長)

     アナログレコードにはデジタル音源では味わえない「温かみ」や「豊かさ」があり、独特な“太い”音が特徴だと林社長は言う。圧縮音源で曲を聴くことが当たり前になった今の若者たちには、その分、違いがより大きく感じられるに違いない。

    Spinster Music Barが若者に受けている理由は理解できたのだが、前述のように21世紀版のジャズ喫茶/ジャズバーのようなハイレゾ音源と音響機器を揃えたお店は今のところごく少ない。その理由として考えられるのは、従来のジャズ喫茶がアナログレコードのコレクションとそれ用の音響機器を元に成り立っており、ファンもそれに満足していることで新たな設備投資の動機づけが働きにくいことだ。

     林社長にそれについて尋ねてみると、ハードルとして立ちはだかるのは音響機器よりも音源コレクションの整備だという。確かに機材はいったん買い揃えればそれで済むが、音源はそもそもの母数が膨大である上に、随時更新もしなければならないからだ。
    http://diamond.jp/articles/-/134321?page=2

    引用元: ・【飲食】「ハイレゾ版ジャズ喫茶」はビジネスとして成立するか

    http://egg.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1499300346/ 【「ハイレゾジャズ喫茶」はビジネスとして成立するか?】の続きを読む

    このページのトップヘ