音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: スピーカー

    FOCAL DOME FLAX SAT 半円形コンパクトスピーカー!  2017年03月10日

    SONY HT-ST3 音はともかく?4K/60pに対応した後継機が欲しいところ!  2017年03月07日

    Wharfedale DIAMOND 220 安価ながらバイワイヤ対応のブックシェルフSP!  2017年03月04日

    Live Stage 999 大阪音楽大学モデル <吹奏楽> 個性的なBluetoothスピーカー!  2017年03月03日

    GENELEC 8030CPM 定番モニタースピーカーがモデルチェンジ!  2017年03月02日

    FOCAL_DOME_FLAXSAT
    ロッキーインターナショナル株式会社は、フランスの「FOCAL」の小型スピーカー「DOME FLAX SAT (ドーム・フラックス・サテライト )」(39,000円 / 1本)を4月上旬に発売。

    独自の振動板素材である天然亜麻繊維を複合サンドイッチ構造とした10cm径FLAXコーンを採用。

    これはFOCALの「Aria900」シリーズや高性能カーオーディオ用ユニットにも採用されて実績のあるもので、自然でしなやか音色と高い明瞭度が特徴。

    またトゥイーターにはFOCAL独自のアルミ=マグネシウム合金インパーテッド・ドームを採用した2.5cm径。耳なじみよい穏やかな高域特性が持ち味。

    エンクロージャーと台座はアルミニウム・ダイキャスト製で、共振を抑え、明瞭でタイトな低域の再生が可能です。

    ユニット構成が「Aria」シリーズと共通となっていることから、「Aria」シリーズのスピーカーと組み合わせることで一体感のある自然なサラウンド空間が構築可能。1本単位で販売されるため、マルチチャンネルの構成chに合わせて幅広くシステム構成を拡大していくこともできるほか、ドルビーアトモスなどのオブジェクトオーディオで注目される天井などにも取り付けることも可能。

    もちろん、ピュアオーディオとしての2本使いも可能で、別売の専用スタンドと併用してフロント2chスピーカーやデスクトップでのニアフィールド・リスニングなど、幅広く活用できます。

    高すぎず、安くもない微妙な価格ですが、半球形の金属エンクロージャーは音には良さそう。とくにニアフィールドで生きそうです。さすがに低音は伸びていません。高域もハイレゾ対応でもありません。見識のある人が使うスピーカーといった印象です。もちろん、サラウンド用にも使う人はいそうです。

    型式:2ウェイ2スピーカー・密閉型
    使用ユニット:25mm逆ドーム型トゥイーター、100mmコーン型ウーファー
    クロスオーバー周波数:2.5kHz インピーダンス:8Ω
    出力音圧レベル:88dB/2.83V/m 再生周波数帯域:80Hz~28kHz
    寸法/質量:W144×H172×D143mm/1.9kg
    【FOCAL DOME FLAX SAT 半円形コンパクトスピーカー!】の続きを読む


    既発売オーディオ製品情報。HT-ST3はサブウーファー別体型のサウンドバースピーカー。発売は2013年で2017年現在の実売価格は35000円程度です。

    【SONY HT-ST3 音はともかく?4K/60pに対応した後継機が欲しいところ!】の続きを読む


    既発売オーディオ製品情報。DIAMOND 220はワーフェデール(Wharfedale)による2ウェイ・バスレフ型の小型ブックシェルフスピーカー。価格はペア55000円。実売4万数千円程度です。 【Wharfedale DIAMOND 220 安価ながらバイワイヤ対応のブックシェルフSP!】の続きを読む

    LiveStage999osaka
    ディービーテクノロジー(dB TECHNOLOGY)は、大阪音楽大学とコラボレーションしたBluetoothワイヤレススピーカー「Live Stage 999 大阪音楽大学モデル <吹奏楽>」を発売。オープン価格で、実売15000円程度が予想。

    【Live Stage 999 大阪音楽大学モデル <吹奏楽> 個性的なBluetoothスピーカー!】の続きを読む


    (写真は従来機)

    GENELECの定番アクティブモニタースピーカー「8020C」と「8030B」がマイナーチェンジ。国内代理店のオタリテックが4月頃に発売。1台の価格は、「8020DPM」(ダークグレー)が67,000円、「8020DWM(ホワイト)が72,000円、「8030CPM」(ダークグレー)が95,000円、「8030CWM」(ホワイト)が10万円。なお、ホワイトは受注生産。

    現行モデル「8020C」「8030B」は在庫が無くなり次第生産終了となります。
    【GENELEC 8030CPM 定番モニタースピーカーがモデルチェンジ!】の続きを読む

    このページのトップヘ