音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: スピーカー

    ELECOM LBT-ESP01 自転車用ヘルメットに固定するBluetoothイヤースピーカー? 自転車イヤホン禁止対策!?  2015年06月10日

    俺も、昔、一度だけ「スピーカーが消える」を体験したことがある  2015年06月08日

    FOSTEX PM0.4d/0.5d フォスも全体的に値上がりしてなんだかな  2015年06月02日

    B&W 805diamondなど800シリーズモデルチェンジか?お値段が信じられないほど上がるだけ?  2015年05月31日

    Pioneer RM-07、05 アクティブスピーカー 窓際族の最後の戦い?  

    1: 海江田三郎 ★ 2015/06/09(火) 17:01:32.34 ID:???.net
    http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20150609_706012.html?ref=hl_rss

    エレコムは、自転車用ヘルメットのストラップに装着するBluetoothイヤースピーカー「LBT-ESP01」シリーズを
    6月下旬より発売する。価格はオープン価格で、店頭予想価格は9,980円前後。
    カラーはブラック(BK)、ピンク(PN)、レッド(RD)の3色を用意する。

    イヤーフックで耳にかけ、自転車用ヘルメットのストラップに巻きつける面ファスナーと イヤースピーカーに貼り付ける面ファスナーを使って耳の前に固定できるBluetoothスピーカー。
    耳の穴を塞がないので周囲の音も聞こえるが、エレコムでは「サイクリング中は大音量で使用しないでほしい」としている。

     Bluetooth Ver.4.0に準拠し、対応プロファイルはA2DP、AVCRP、HFP、HSP。 コーデックはSBCのほか、より高音質なAACとaptXにも対応。著作権保護技術のSCMS-T対応で ワンセグの音声も聴くことができる。右側のハウジングに電源や音量調節、再生/停止ボタンを備え、 曲送り/戻しなどが行なえる。ノイズキャンセル機能搭載のマイクも搭載し、スマートフォン使用時には通話も行なえる。

     バッテリを内蔵し、付属のUSBケーブルで充電可能。充電用コネクタにはキャップを備え、 水の浸入を防止する設計になっているという。連続再生時間はSBC時が最大6時間で、 aptX/AAC時は最大5時間。連続通話時間は最大6時間、待受可能時間は最大120時間。重量は約227g。

    自転車用ヘルメットに装着したところ
    no title

    引用元: ・【商品】エレコム、自転車用ヘルメットに固定するBluetoothイヤースピーカーを発売

    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1433836892/ 【ELECOM LBT-ESP01 自転車用ヘルメットに固定するBluetoothイヤースピーカー? 自転車イヤホン禁止対策!?】の続きを読む

    フォステクスは、アクティブスピーカーの新モデル「PM0.5d」「PM0.4d」を6月上旬に発売。価格は「PM0.5d」が18,800円(税抜)、「PM0.4d」が12,800円(税抜)。

    リアバスレフ式の木製エンクロージャーにデジタルアンプを内蔵したコンパクトなアクティブスピーカー。PM0.1やPM0.3から連なるコンパクトなアクティブスピーカーPMシリーズの新モデル。 ウーファーユニットにはアップロールラバーエッジを採用。パワーインジケーターにブルーLEDを採用。無信号入力状態が約15分間続くと、自動的にスタンバイモードに切り換わり、パワーインジケーターが青の点灯から赤の点灯に変化し、消費電力を約0.5Wまで下げる。スタンバイモードで再び信号が入ると、自動的に電源がオンになる仕様。

    PM0.5dは口径130mmのウーファーと19mmのソフトドームトゥイーターを搭載、それぞれを最大出力35W/23Wのアンプで駆動するバイアンプ方式。入力端子はRCAピンとXLR(TSフォーンとのコンボ型)。

    PM0.4dは口径100mmのウーファーと19mmのソフトドームトゥイーターを搭載。こちらも25W/16Wのバイアンプ駆動。入力端子はRCAとフォーン端子。

    引用元: ・1万円前後でお勧めのアクティブスピーカーPart37

    http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/hard/1430731387/
    230: 不明なデバイスさん 2015/05/28(木) 19:28:43.36 ID:9j9b3T/Y.net
    フォステクス、デジタルバイアンプで1万円台の小型スピーカー「PM0.4d/0.5d」
    http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20150528_704225.html
    PM0.4dのブラックモデル
    no title

    PM0.5d
    no title

    【FOSTEX PM0.4d/0.5d フォスも全体的に値上がりしてなんだかな】の続きを読む

    引用元: ・[B&W] 800~804を語るスレ [14畳目]

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1385226312/
    958: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/05/21(木) 19:33:07.66 ID:Yjo5SEPi.net
    800新型出るみたいだね。

    【B&W 805diamondなど800シリーズモデルチェンジか?お値段が信じられないほど上がるだけ?】の続きを読む

    Pioneer_RM-07

    プロ用音響機器のPioneer DJは、パイオニア(Pioneer)ブランドにて、音楽制作モニター向けアクティブスピーカーRM-07、RM-05を、6月上旬に発売。2機種ともにオープン価格。店頭予想価格はRM-07が82,000円前後(1本)、RM-05が67,000円前後(同)。

    TAD Labのスピーカー開発で培った技術を元にした新開発の点音源同軸ドライバーや、高解像度50kHzツィーターなどを搭載し、コンパクトで高剛性のアルミダイキャストエンクロージャーなどで、プライベートスタジオなどでのモニタリングに最適化を図っているとしています。

    トゥイーターはどちらもアルミドーム型で形状やエッジを最適化し50kHzまでの高域特性で、ハイレゾ音源にも対応。アラミド繊維ウーファーを採用。ユニットサイズがRM-07が6.5インチ(16.5cm)、RM-05が6インチ(15cm)。

    フロントバスレフ方式の採用により、壁などの反射の影響を抑え、設置性を向上。バスレフの開口部には、「アドバンストGrooveテクノロジー」を採用し、空気抵抗を減らすことで、低域音を前面にスムーズに放射するとしています。

    各ユニットに独立で駆動する4基のアンプを内蔵。アンプはクラスAB動作。Low、Mid、Highの3バンドのイコライザーを内蔵。入力端子はバランス入力:XLR×1、アンバランス入力:RCA×1。

    引用元: ・■宅録/DTM用 モニター スレッド48■

    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/dtm/1425635038/ 【Pioneer RM-07、05 アクティブスピーカー 窓際族の最後の戦い?】の続きを読む

    このページのトップヘ