音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: スピーカー

    ペットのヨウムがネットで買い物 飼い主の声まねてEchoで注文!?  2017年10月01日

    Magico M6 ペア2,300万円の超ド級スピーカー!  

    YG ACOUSTICS Sonja XV Jr.ー 2700万円の超弩級スピーカー!  2017年09月30日

    lumenwhite Kyara 新開発ユニット採用のトールボーイSP!  

    TAD-ME1 Micro Evolution One 新色シルバーも登場!  2017年09月26日

    TB
    1: きつねうどん ★ 2017/09/21(木) 12:43:58.09 ID:CAP_USER
    no title


    ヨウム(2011年9月23日撮影、資料写真)。

    【AFP=時事】英国の首都ロンドンで、ペットのヨウムが飼い主の声をまね、音声認識機能が搭載された人工知能スピーカーを使ってインターネットで商品を注文するという珍事が起こった。英大衆紙サンが20日に伝えた。

     同紙によると、ロンドン南東部に住むコリエンヌ・プレトリアスさんが飼っているヨウムの「バディ」が、インターネット通販最大手の米アマゾン・ドットコムのAI音声アシスタント「アレクサ」を通じて10ポンド(約1500円)のギフトボックスを1セット注文したという。

     プレトリアスさんの家族には身に覚えのない注文が発覚して調べていたところ、バディがスピーカーとやり取りしているのを耳にして「犯人」が分かったという。

     プレトリアスさんは「バディがアマゾンで注文したとわかったときには信じられませんでした」と語っている。

     アマゾンのAIスピーカー「エコー」は、大きな声で話しかけることで、様々なサービスを利用することができる。また、エコーは「アレクサ」と呼び掛けると反応する。

     サン紙の電子版に掲載された動画には、バディが「アレクサ!」と叫ぶと、鳥かごの隣に置かれたスピーカーが青く光り、呼び掛けに反応している様子が映っている。

    「バディが『アレクサ』と呼び掛けた後、何か意味の分からないことを言ったら、その機械(スピーカー)は『何を注文したいのでしょう?』と答えていました」と語るプレトリアスさんだが、このやり取りについては特に気に留めていなかったという。

     しかし、金色のギフトボックス1セットを注文したという通知があり、「声を出して笑いました。それはバディの仕業に違いないと分かったから」と述べている。【翻訳編集】AFPBB News

    http://www.afpbb.com/articles/-/3143664

    引用元: ・ペットのヨウムがネットで買い物 飼い主の声まねてAIスピーカーで注文

    http://carpenter.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1505965438/ 【ペットのヨウムがネットで買い物 飼い主の声まねてEchoで注文!?】の続きを読む

    TB
    Magico_M6
    「2017東京インターナショナルオーディオショウ」エレクトリのブースでは、Magico(マジコ)の新スピーカーにしてフラグシップ機・M6が世界初披露となりました。価格は何とペア2,300万円!
    【Magico M6 ペア2,300万円の超ド級スピーカー!】の続きを読む

    TB
    TAD-ME1-S
    国内メーカー製による高級小型小型ブックシェルフ機として2016年11月発売以来、高い評価を受けているテクニカル オーディオ デバイセズ ラボラトリーズ(TAD)の「Micro Evolution One TAD-ME1」(一本50万円・税別、スピーカースタンドの「TAD-ST3」はペアで16万円。カラーはいずれもブラック)に、新色として、シルバー「TAD-ME1-S」が11月下旬に発売。価格は1本55万円。同カラーのスタンド「TAD-ST3-S」も同時期発売で、価格はペア20万円。
    【TAD-ME1 Micro Evolution One 新色シルバーも登場!】の続きを読む

    このページのトップヘ