音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: スピーカー

    SRS-WS1 購入ユーザーの感想続々!音質も振動機能も概ね好評!  2017年10月14日

    JBL BOOMBOX JBL最大のポータブルBluetoothスピーカー!  2017年10月13日

    Olasonicブランド譲渡へ!TW-S7はどうなる!?  2017年10月12日

    SONY HT-ST5000 やっと国内発売!Atmos/DTS:X/HDRパススルー対応!  2017年10月10日

    Google Home 購入ユーザーの感想続々!音質は…  2017年10月09日

    TB


    ソニーが10月14日に発売した、肩に乗せて使う “ウェアラブルネックスピーカー”「SRS-WS1」(実売2.5万円程度)。

    独創的な内容で、ソニーらしい製品でありますが、イロモノ的な印象も免れないものです。それでも、あえて?購入したユーザーの方々の感想、レビューを見るとかなり好意的なものが目立ちます。

    それはわざわざ買ったものだから、というものではなく、本当に良いと感じているような印象が強いです。スピーカーともヘッドホンとも違う新ジャンル的な臨場感は注目ものといった感じ。

    SRS-WS1の詳しい内容についてはこちらでご紹介済みです。入力対応が光デジタルとアナログのみと、Bluetoothに対応しませんが、動画での遅延を防ぐための見識でしょう。オフにはできない振動機能が好評なのも意外?です。
    SONY SRS-WS1 新感覚の震える “肩乗せ”ワイヤレススピーカー!


    【SRS-WS1 購入ユーザーの感想続々!音質も振動機能も概ね好評!】の続きを読む

    TB




    インターアクションは、東和電子が展開してきたオーディオブランド・Olasonic(オラソニック)とその事業の譲渡を受けたと発表。インターアクションは10月11日から、Olasonicブランドで新たにコンシューマ向けオーディオビジネスに参入します。
    【Olasonicブランド譲渡へ!TW-S7はどうなる!?】の続きを読む

    TB


    海外では6月に1500ドルで発売され、日本国内での発売も待望されていたソニーのサウンドバー最上級機・HT-ST5000。11月18日に、実売16万円前後で発売されます。従来機・HT-ST9の後継機です。
    【SONY HT-ST5000 やっと国内発売!Atmos/DTS:X/HDRパススルー対応!】の続きを読む

    TB

    10月5日に国内正式発表され、翌6日にはすぐに発売された音声で操作できるスマートスピーカー「Google Home」(14,000円)。早速購入し、実機を入手したユーザーによる使用感、音質などの感想がネット上に上がってきています。

    やはり、オーディオ用スピーカーとしてはそれなりの音質のようです。スマートスピーカーとしての機能性が売りなのでしょうが、音楽用に期待していた人にとっては落胆する人もいるかもしれません。

    Google Homeの機能面での内容は既にこちらでご紹介済みです。同時発表の弟機・Google Home Miniも扱っています。
    Google Home Mini  コスパ最強のスマートスピーカーか!?Google Homeとの比較、違いは?

    また、現時点で国内未発表のより大型で音質重視タイプのGoogle Home Maxについてはこちら。
    Google Home Max 音にこだわったスマートスピーカー!Google Homeとの比較、違いは?

    【Google Home 購入ユーザーの感想続々!音質は…】の続きを読む

    このページのトップヘ