音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: スピーカー

    ダイソー 300円USBミニスピーカーは侮れない音質!改造して楽しむのも〇!  2017年12月07日

    Franco Serblin LIGNEA 宇宙人みたいなスピーカー!?  2017年12月05日

    【衝撃?】スマートスピーカー、認知6割も所有わずか1%! 購入希望は14%…  

    ONKYO X-MW300 お風呂の天井を振動させて音楽を楽しむシステム!【迷走?】  2017年12月04日

    Google Home Miniが半額の3,000円に!ツクモと楽天ブックスで限定セール!  2017年12月02日

    TB
    daiso300sp


    ダイソーでついにステレオタイプのアクティブスピーカーが売られ始めたそうです。これまでも100円で、モノラルのテレビ用手元スピーカー的なアクティブ機はあったように思いますが、300円ながらとうとうステレオ機が登場。

    それも、USB給電でPC脇やモバイル使用も可能な便利タイプ。さすがに音声入力はステレオミニですが、公称3W+3Wのアンプも内蔵してこの価格は恐るべきです(USB給電ですから実際は最大でも2.5W+2.5Wのはず。ユニットの耐入力のことでしょうか)。再生周波数範囲35-20000Hzというのは数値通りなら立派です。ちょっと怪しそうですが。

    個人的には300円程度で古いアナログ入力専用の中古のアクティブスピーカーを何組も買い込んだりしましたが、荷物になって結局捨てることになったのですが、これは結構小さいし、とりあえず買ってしまいそうなものです。

    最近売り出されたことで注目されているのか、ツイッターを見たらずいぶん購入者の感想があります。さすがに限界はありますが、大手の1000円クラスとは同等以上のようで、ハイコスパは間違いないところ。

    しかも、かなりの人が思い思いに改造して、さらなる高音質(やお遊び?)を実現しているのも目につきます。

    箱に書いてある仕様
    ・出力:3W×2
    ・インピーダンス:6Ω
    ・周波数特性:35Hz~20kHz
    ・外形寸法:幅63×高さ75×奥行55mm(突起物除く)
    ・USBケーブル長:1m 【ダイソー 300円USBミニスピーカーは侮れない音質!改造して楽しむのも〇!】の続きを読む

    TB
    1: ハンバーグタイカレー ★ 2017/12/04(月) 17:20:13.87 ID:CAP_USER9
    http://www.zaikei.co.jp/article/20171204/414851.html

     今年秋になって音声認識で機器を操作するスマートスピーカーが次々とリリースされている。10月上旬には、LINE社の「Clova WAVE」とGoogle社の「Google Home」が、11月にはAmazon社の「Amazon Echo」が発売開始となった。

    11月21日、株式会社マクロミルは消費者のスマートスピーカーに対する認識に関する調査の結果を公表した。この調査は今年10月下旬に全国の20~59歳の男女1000人をサンプルにインターネットを経由して実施されたものである。

     調査結果によれば、スマートスピーカーを「すでに保有している」が1.1%、「どのような製品か知っている」が22%、「名前は聞いたことがある」39%で、これらを合計すると62%がスマートスピーカーを認知していることになる。調査対象者の全てについてスマートスピーカーについて説明をした上で、スマートスピーカーの購入の希望について質問したところ、「是非購入したい」が1.8%、「やや購入したい」が11.9%で、両者を合わせると13.7%となり、これに既に「保有している」1.1%を合計しても14.8%のみが購入への希望をもっているにとどまった。

     「スマートスピーカーの流行予想」について尋ねたところ、「絶対に流行る」が2.6%、「流行りそう」が37.3%、「あまり流行らなそう」が52.7%、「絶対に流行らない」が7.4%となり、「絶対に流行る」と「流行りそう」の合計は39.9%で半数に満たず、「流行らない」の合計が6割を超えており、現段階では消費者のスマートスピーカーへの関心は極めて薄いと言える。

     スマートスピーカーで魅力を感じる機能について質問したところ、「音楽を再生する」に魅力を感じると答えた者が60.3%と最も多く、「天気やニュースを読み上げる」が51.1%、「スマート電気(照明、エアコン、テレビ、等)の操作」が49.7%、「タイマーを設定する」が47.7%、「メモをとる/メモを読み上げる」が47.0%の順になっている。

     この調査結果からは消費者のスマートスピーカーへの関心は極めて薄く、普及する見込みは極めて低いと考えられる。しかし、インターネットの登場の際も、これに当初から強い関心を示していたのは少数派であったことも考慮すると、ある程度の普及段階で消費者の認識にも変化が生じることも予想される。現段階では発売開始から数ヶ月も経っておらず、スマートスピーカーの普及については未だ不透明であると言える。(編集担当:久保田雄城)

    http://www.zaikei.co.jp/files/general/20171204081144410ecbig.jpg

    引用元: ・【経済】スマートスピーカー、認知6割も所有1% 購入希望は14%

    http://asahi.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1512375613/ 【【衝撃?】スマートスピーカー、認知6割も所有わずか1%! 購入希望は14%…】の続きを読む

    TB
    1: ハンバーグタイカレー ★ 2017/12/02(土) 21:17:26.61 ID:CAP_USER9
    http://www.zaikei.co.jp/article/20171202/414520.html

     オンキヨーは11月30日、お風呂場の天井を振動させることでサウンドを楽しむ音響システム「X-MW300」を発表した。

    通常バスルーム用の音響システムは、天井に穴を開けて設置するが、同システムは、天井裏に設置するアンプ部と加振器である「Vibtone」と、洗面所に埋め込むコントロール部から交差精されており、穴を開ける必要がない。浴室に穴を開けないため、防滴・防水を損なうことなくサウンドを楽しめる。

    X-MW300は、加振器であるVibtone、埋め込み式のコントローラー、天井の裏側に設置するアンプから構成されている。お風呂や浴室にスピーカーを設置する方法は普及しているが、天井の板を運動させて音を出すシステムは画期的である。同システムは、旭化成ホームズ、積水ハウス、大和ハウス工業、住友不動産などの大手住宅メーカーにて導入が検討されている。

     音質面もオンキヨーならではのサウンドとなっており、浴室全体に音が広がるように設計されている。また、タブレットやスマートフォンをBluetoothで接続し、浴室内から音楽をコントロールできるようになっている。

     同システムのアンプ部は、出力が5ワットのステレオとなっており、専用のケーブルは5メートルとなっている。コントローラ部は、ステレオミニジャックの入力端子となっており、BluetoothはSBCとSCMS-Tに対応している。

     オンキヨーは、今回の大手住宅メーカーとの協業や提携のように、他社とのコラボレーションを推進している。オーディオ業界以外でも「Powered by Onkyo」「Sound by Onkyo」といったロゴを使用し、あらゆる業種や機器と連携をおこない長年培ったサウンド技術を活用している。

     現在までのコラボレーションとしては、富士通のパソコン「FMV」、シャープの液晶テレビ「アクオス」、東芝のパソコン「ダイナブック」などがある。また、セイコー、タイガーともコラボレーションしている。

    no title

    引用元: ・【商品】オンキョー、加振器を利用した風呂用音響システム 穴あけ不要で設置

    http://asahi.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1512217046/ 【ONKYO X-MW300 お風呂の天井を振動させて音楽を楽しむシステム!【迷走?】】の続きを読む

    TB

    【楽天スーパーSALE限定価格】Google Home Mini チョーク(12/2 19:00 スタート)
    333: 名無し に一致する情報は見つかりませんでした。 2017/11/30(木) 22:45:43.44 ID:NCRnAaUK
    Google Home Miniのタップ機能はついに修正されず
    http://getnews.jp/archives/1984485

    ちょっと残念。


    引用元: ・google home Part.4

    【Google Home Miniが半額の3,000円に!ツクモと楽天ブックスで限定セール!】の続きを読む

    このページのトップヘ