音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: スピーカー

    KEF LSX II 国内発表 価格は231,000円  2022年06月25日

    DIYで自作スピーカー作るってお前らどう思う?  2022年06月21日

    KEF LSX II 新型アクティブスピーカー DSD/MQA対応、USB-C/HDMIポートも追加  2022年06月14日

    KEF LS60 Wireless OTOTENにも出展  2022年06月13日

    ビクター、新ウッドコーンオーディオ参考展示 OTOTEN2022  

    TB
    KEF-LSX-II

    KEFは、ワイヤレス接続対応アクティブスピーカーの新製品「LSX II」を国内発表。価格はペアで231,000円。

    従来機「LSX」の後継。外形寸法は155×180×240mm(幅×奥行き×高さ)、重量は1セット7.2kg。

    HDMIやUSB入力を搭載。Bluetoothはもちろん、ネットワークオーディオにも対応など幅広いワイヤレス入力にも対応(Spotify Connect、Tidal Connectにも対応。Amazon Musicなどの音楽配信サービスもサポート。AirPlay 2、Chromecastもサポート)。光デジタル音声入力、ステレオミニのアナログ音声入力も搭載。

    再生対応データは、ネットワーク再生時が最大384kHz/24bit、光デジタルが最大96kHz/24bit、USB-Cが最大192kHz/24bit、HDMIが最大1.411Mbps PCMまでサポート。ネットワーク再生時の対応フォーマットはMQA, DSD, FLAC, WAV, AIFF, ALAC, AAC, WMA, MP3, M4A, LPCM, Ogg Vorbis。

    なお、左右のスピーカーは有線接続も、ワイヤレス接続も可能。ワイヤレスの場合は全てのソースを48kHz/24bit PCMに変換して伝送する。LAN端子での有線接続では、全てのソースを96kHz/24bit PCMに変換しての伝送。

    各ユニットを個別のアンプでドライブ。高域用の出力は30W、中低域用は70W。クラスDアンプを採用。消費電力は200W。

    【KEF LSX II 国内発表 価格は231,000円】の続きを読む

    TB

    1: 以下、2ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/05/31(火) 10:50:45.627 ID:ObXzNyP90
    一度はやってみたいよな


    引用元: ・DIYで自作スピーカー作るってお前らどう思う?

    https://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1653961845/

    【DIYで自作スピーカー作るってお前らどう思う?】の続きを読む

    TB
    KEF-LSX-II


    31: 名無しさん@お腹いっぱい。 2022/06/11(土) 00:47:46.67 ID:/7/Gngp0
    KEF、新型ワイヤレススピーカー「LSX II」発表。DSDやMQAに対応、USB-C/HDMIポートも追加
    https://www.phileweb.com/news/audio/202206/10/23411.html


    引用元: ・【Uni-Q】英国・KEF 27:

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1652741284/ 【KEF LSX II 新型アクティブスピーカー DSD/MQA対応、USB-C/HDMIポートも追加】の続きを読む

    TB
    k02_thumb

    オーディオ・ビジュアル関連の展示会「OTOTEN2022」が、有楽町にある東京国際フォーラムにて6/11~12に開催。

    OTOTEN初出展となる英KEFブースでは、新しいフロア型アクティブスピーカー「LS60 Wireless」が披露。価格はペア88万円。台座を含む外形寸法は130×321×1,042mm(幅×奥行き×高さ)。重量は1セットで、62.4kg。

    基本的な機能・内容面では好評の「LS50 Wireless II 」をトールボーイ化したようなモデルで、フラッグシップスピーカー「BLADE」の技術を応用したシングル・アペアレント・ソース・テクノロジーを搭載しているのが特徴。

    Uni-Core、Uni-Q、MAT(Metamaterial Absorption Technology)搭載第12世代Uni-Qドライバーを搭載。

    Wi-Fi、Apple AirPlay 2、Google Chromecast、Bluetoothなどに対応。KEF ConnectアプリでAmazon Music、Qobuz、Deezerをストリーミングしたり、インターネットラジオやポッドキャストを聴くことも可能。

    eARC対応のHDMIほか、光・同軸デジタル入力、RCAアナログ入力を各1系統搭載。サブウーファー出力も搭載。

    一般的には高額に見えるかもしれませんが、ピュアオーディオ的にはこれだけの内容をバラで揃えることを考えると安い印象。機器スペースを取らないことも見逃せません。

    【KEF LS60 Wireless OTOTENにも出展】の続きを読む

    TB
    オーディオとホームシアターの祭典「OTOTEN2022」が開催。6月11日、12日の2日間で、会場は東京国際フォーラム。

    JVCケンウッドブースでは、ビクターブランドの新製品として開発中の、ウッドコーンオーディオシステムを参考展示。ウッドコーンスピーカーとCDレシーバーによるセットコンポ。

    新たなウッドコーンオーディオシステムとして、今後発売を目指しているとしています。


    【ビクター、新ウッドコーンオーディオ参考展示 OTOTEN2022】の続きを読む

    このページのトップヘ