音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: スピーカー

    SONY SRS-XB10 小型BTスピーカー!SRS-X1の後継機? 比較、違いは?  2017年04月24日

    MACKIE XR624 6.5インチウーファーの新モニタースピーカー!  2017年04月23日

    SONY SRS-XB40 他重低音Bluetoothスピーカー新機種3つ!LDACにも対応!  2017年04月21日

    BOSE 363 WestBorough この路線ってもう無いのかな?  

    Ishida model 石田善之氏監修のハンドメイドスピーカー 価格は10万円!  2017年04月20日

    ソニーは、コンパクトな筐体でも強力な重低音が楽しめるというBluetoothスピーカー「SRS-XB10」を5月13日に発売。オープン価格で実売価格は9000円程度の見込み。
    【SONY SRS-XB10 小型BTスピーカー!SRS-X1の後継機? 比較、違いは?】の続きを読む


    MACKIEのモニタースピーカー(アクティブスピーカー)「XR」シリーズの新機種として、8インチウーファー搭載の「XR824」と6.5インチの「XR624」を4月27日より発売。オープン価格。実売予想価格はXR824が58,000円前後/1本、XR624が46,000円前後/1本。

    【MACKIE XR624 6.5インチウーファーの新モニタースピーカー!】の続きを読む


    ソニーは、重低音再生にこだわった「EXTRA BASS」シリーズのポータブル対応Bluetoothスピーカー3モデルを5月13日に発売。いずれもオープン価格で、実売予想価格は「SRS-XB40」が24,000円前後、「SRS-XB30」が19,000円前後、「SRS-XB20」が13,000円前後の見込み。

    【SONY SRS-XB40 他重低音Bluetoothスピーカー新機種3つ!LDACにも対応!】の続きを読む

    BOSE363WB
    生産完了オーディオ製品情報。価格は139600円(ペア) 発売1993年

    人気小型スピーカー・121をミッドレンジ用として、低域に同社の特許技術であるアクースティマスによるウーファーを用い、高域にはソフトドーム型トゥイーターを採用することでワイドレンジ化・中域の再現力強化を実現。

    高域には2.5cmソフトドーム型トゥイーターを搭載。低域には16cmコーン型ウーファーユニットを採用。

    エンクロージャーには針葉樹を100%用いたMDFを使用。サイドパネルは美しいバーズアイメイプル調に仕上げられており、表面には傷などの付きにくい特殊UVコーティングを施してあります。

    方式     3ウェイ・3スピーカー・アクースティマス方式・ブックシェルフ型・防磁設計
    使用ユニット     低域用:16cmコーン型
    中域用:11.5cmコーン型
    高域用:2.5cmコーン型
    インピーダンス     6Ω
    外形寸法     幅270×高さ581×奥行264mm
    重量     16.2kg


    【BOSE 363 WestBorough この路線ってもう無いのかな?】の続きを読む

    Ishida_model
    音楽之友社は、オーディオ評論家・石田善之氏監修の無垢材使用フルレンジスピーカー「Ishida model」(STUK-010)を4月19日に発売。価格は10万円。


    【Ishida model 石田善之氏監修のハンドメイドスピーカー 価格は10万円!】の続きを読む

    このページのトップヘ