音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: スピーカー

    RJ-3000MK2 Victor 設立90周年記念商品のオルゴール!価格は120万円!ニッパーは付くの?  2018年06月15日

    スマートスピーカーの影響?「音声入力」派がじわり  2018年06月13日

    Olasonic IA-BT7 感想をご紹介、低音出すぎ?  2018年06月12日

    cheero 「ダンボー」デザインのワイヤレススピーカー!なぜか木製!  

    【画像】ドラえもんのスマートスピーカーがいらやしすぎる?  2018年06月10日

    TB
    RJ-3000MK2

    JVCケンウッドは、『ビクター設立90周年記念商品』として、ホーン付卓上型のオルゴール「RJ-3000MK2」を限定90台で直接販売し、本日6月14日より専用窓口にて予約受け付けを開始する。価格は1,200,000円(税抜)。限定受注生産商品のため、受注後から発送までは約2~3カ月を予定しており、商品の発送は8月下旬以降順次行われる。

    本機は、旧日本ビクターが1996年に発売した高級オルゴール「RJ-3000」を元に、当時採用していたカンチレバーによるホーン方式を踏襲しつつ、同社独自技術として培ったウッドコーンスピーカーのキャビネット音響技術を新たに投入。

    オルゴールディスクの交換により80曲を超える楽曲(日本電産サンキョー株式会社製、全84タイトルを発売中、2018年6月14日現在)の演奏が可能。加えて、本機オリジナルの5枚のディスク(曲目:1「ジュ トゥ ヴ」 、2「パッヘルベルのカノン」、3「花のワルツ」、4「いとしのエリー」、 5「らいおんハート」)を同梱する。

    外形寸法は637W× 798H×412/425Dmm(上蓋閉/開寸法)、質量は約18kg(ディスク含む)。



    ビクターと言えば犬のニッパー。そしてニッパーが聞き入っている蓄音機なわけですが、この記念品はどうもその組み合わせとは雰囲気が違うような…。これだけの価格なのでニッパーの置物もセットにして欲しかったところです。

    とにかくビクターブランドとして以前のようなオーディオ機器も期待したいのですが、やはり難しいのでしょうか…。

    【RJ-3000MK2 Victor 設立90周年記念商品のオルゴール!価格は120万円!ニッパーは付くの?】の続きを読む

    TB
    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [JP] 2018/06/06(水) 10:36:49.10 ID:z3wMnFQQ0 BE:837857943-PLT(16930)
    sssp://img.5ch.net/ico/araebi.gif
    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/5/a/5ab5e_1637_36092e04388f01ac1e6fe444fbd06796.jpg

    「Google Home」や「Amazon Echo」、「Clova WAVE」など、AIスピーカーを利用する人が増えてきている昨今。話しかけるだけで
    音楽を再生したり、家電を操作したり、情報を検索したりできるAIスピーカーはとても便利だが、日常生活のなかでも
    徐々に音声入力を取り入れる人が増えてきているようだ。

    実際、音声入力の精度は上がってきているようで、Twitterには、

    “出来心でGoogle音声入力使ってみたんだけど、精度高すぎてビビった(笑)”
    “知らん間に音声入力の精度が格段にアップしててビビった。 一昔前は誤変換だらけでまともに使い物にならなかったのに。”

    と、以前の音声入力からの進化に驚くユーザーが散見される。また、入力方法には音声以外にも多くの人が慣れ親しんでいるであろう
    タイピングやフリック入力などもあるが、

    “少なくとも僕がフリック入力するよりは音声入力した方が入力が速いと言うことはわかった。”
    “やっぱり音声入力便利だわあー。おっさんのフリック入力より、はるかに速い。”
    “フリック入力面倒だなぁ。
    フリック入力<タイピング<音声入力
    の順番で速いし簡単。”
    “音声入力に慣れるとフリック入力すら疲れてくるな”

    と、「慣れてしまえば音声入力が断然ラク」との声も多く見受けられる。

    街中で「何かブツブツ話している人がいる」と思ったら、音声入力だった…という経験も増えてきた感があるが、それだけ音声入力が
    浸透しているということなのかもしれない。少し前までは、フリック入力ができる・できないと話題になることがあったが、
    「昔はフリック入力っていうのをしてたんだって~~」という時代も、そう遠くない?

    http://news.livedoor.com/article/detail/14822635/

    引用元: ・「フリック入力」はもう時代遅れ? 「音声入力」派がじわり

    http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1528249009/ 【スマートスピーカーの影響?「音声入力」派がじわり】の続きを読む

    TB

    no title
    “世界最高音質を目指す”Bluetoothスピーカー、という大きな謳い文句を持つ、新生Olasonicの「IA-BT7」。6月8日に発売され、購入者の方の音質インプレッション、感想も出始めています。

    どうも共通しているのは低音過多ということ。しかも低音の出方もうまく調整できるものでもないようで、好みの分かれる音かもしれません。

    販路もまだ広がっていないようで、以前のオラソニックの活躍ぶりを思うと少し心配になります。




    【Olasonic IA-BT7 感想をご紹介、低音出すぎ?】の続きを読む

    TB
    cheero(ティ・アール・エイ株式会社)は本日6月12日より、ダンボーシリーズ初のワイヤレススピーカー「cheero Danboard Wireless Speaker」を販売開始。

    価格はAmazon直販が通常3,680円、販売開始記念価格が2,980円。楽天直販が通常3,780円、記念価格が3,080円。Yahoo直販が通常3,780円、記念価格が3,080円(すべて税込)。

    モノラルタイプのBluetoothスピーカー。2台購入することでステレオ再生を行うことが可能。BluetoothはVer4.2、コーデックはSBCに対応。AUXでの有線接続にも対応。本体にはマイクを内蔵し、スマホ通話も可能。

    バッテリー容量は700mAhで、連続再生時間は約7時間。最高出力は3W。外形寸法は約70×46×50mm、質量は約105g。

    フルウッド・モノコック構造の筐体はチェコ産ブナの木から削り出し。色や柄に個体差があるため、「100個あれば100種類のダンボーができあがる」と説明しています。

    さすがに段ボール製とはいかないでしょうが、この価格で結構良さそうな木製なのは歓迎されそうです。あまり音質を云々するような製品でもないでしょうが、それでも2台でステレオ再生できるのは立派と言うべきでしょう。

    【cheero 「ダンボー」デザインのワイヤレススピーカー!なぜか木製!】の続きを読む

    TB
    1: 名無しさん@涙目です。(空) [PL] 2018/06/03(日) 16:20:45.83 ID:NaNkKB0n0● BE:842343564-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    可愛すぎるだろおおおおおおお!!! LINEのドラえもんスピーカーを使ってみた
    https://www.buzzfeed.com/jp/yuyayoshida/doraemon-clova2?utm_term=.suwK947Bl#.imxMBLzOo

    no title

    引用元: ・【画像】ドラえもんズのAIスピーカーがいらやしすぎる。

    【【画像】ドラえもんのスマートスピーカーがいらやしすぎる?】の続きを読む

    このページのトップヘ