音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: スピーカー

    B&W 700 Signature 新スピーカー!従来700 Seriesと比較しての違いは?  2020年09月13日

    KEF MATに対するKEF愛好家のみなさんの反応!  2020年09月08日

    Creative Pebble V3 9/4発売!  

    KEF MAT “音のブラックホール”開発。「まもなく」製品化  2020年09月02日

    "Anker”とかいう中華なのにアンチがいないメーカーwww  2020年08月31日

    TB

    ディーアンドエムホールディングスは、英B&Wのスピーカー“700シリーズ”のSignatureバージョンとして、フロアスタンド型「702 Signature」とブックシェルフ型「705 Signature」を7月31日より発売中。価格は702が331,000円(税抜/1本)で、705が353,000円(税抜/1組)。

    【B&W 700 Signature 新スピーカー!従来700 Seriesと比較しての違いは?】の続きを読む

    TB

    no title
    335: 名無しさん@お腹いっぱい。 2020/09/01(火) 17:40:33.33 ID:Ha1RvNyX


    引用元: ・【Uni-Q】英国・KEF 25【Ref/XQ/iQ/Q/Cresta/ACE】

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1580796032/ 【KEF MATに対するKEF愛好家のみなさんの反応!】の続きを読む

    TB
    Pebble V3

    369: 不明なデバイスさん (ワッチョイ 9232-xiBb) 2020/08/28(金) 19:56:25.43 ID:f/f7ccSq0


    引用元: ・5千円前後までのお勧めアクティブスピーカー 22台目

    http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/hard/1541507315/
    【Creative Pebble V3 9/4発売!】の続きを読む

    TB
    1: ごまカンパチ ★ 2020/09/01(火) 22:00:16.72 ID:30HZQgAh9
    https://www.phileweb.com/news/audio/202009/01/21901.html
     KEFは、ドライバーユニットの背後に生じるノイズを99%吸収する新技術「Metamaterial Absorption Technology」(MAT)を、業界で初めてオーディオ機器に採用すると発表。
    同技術を投入した新スピーカーを「もうまもなく発表する」と予告した。

    香港Acoustic Metamaterials Groupが開発した「Metamaterial」をベースに、今回のMATをKEFとAcoustic Metamaterials Groupとで共同開発。
    これまでオーディオ以外の分野で活用されていたMetamaterialを、オーディオ機器で活用できるようにした。

    MATは、とても複雑な迷路のような構造をしている点が特徴で、それぞれ入り組んだ構造によって特定の周波数帯を効率的に吸収。
    それらを結合すると、
    まるで音のブラックホールのような役割を果たし、ノイズを99%吸収するという。
    以前までのトラディショナルなアプローチでは、60%しか吸収することができなかったところから大幅にノイズ吸収率を向上させ、
    音の歪み削減、および音声の乱れ防止を実現するとしている。

    また、実装に際して物理的なスペースが小さく済むことも特徴のひとつ。
    チューブで背圧をコントロールするような方法よりも筐体を小型化できるのだという。



    画像:Metamaterial Absorption Technologyを採用したパーツイメージ
    no title

    引用元: ・【音響技術】KEF、ドライバー背後のノイズを99%吸音できる新技術「MAT」。採用スピーカーを近日発表へ [ごまカンパチ★]

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1598965216/

    【KEF MAT “音のブラックホール”開発。「まもなく」製品化】の続きを読む

    TB
    1: 風吹けば名無し 2020/08/28(金) 16:02:54.28 ID:RwjgUd7y0
    すき


    引用元: ・"Anker”とかいう中華なのにアンチがいないメーカーwww

    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1598598174

    【"Anker”とかいう中華なのにアンチがいないメーカーwww】の続きを読む

    このページのトップヘ