音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: スピーカー

    Panasonic 響筒 SC-KKL01 茶筒をエンクロージャーにした30万円のポータブルスピーカー!  2019年10月05日

    米ONKYO、Sonosの販売代理店に!  2019年10月03日

    Amazon Echo Studio ほか新モデル多数!種類多すぎで意味分からなくなる  2019年09月26日

    SONY SA-Z1は1000万以上のシステムに匹敵する音が100万以下なら安い!?  2019年09月18日

    FOSTEX 「W160A-HR」「T250A」自作スピーカー用最上位ユニット!  2019年09月10日

    TB
    SC-KKL01

    パナソニックは、京都の手作り茶筒の老舗・開化堂と共に、ワイヤレススピーカー「響筒」(きょうづつ)を開発・発売。11月8日発売。開化堂にて100台限定発売し、価格は30万円。
    【Panasonic 響筒 SC-KKL01 茶筒をエンクロージャーにした30万円のポータブルスピーカー!】の続きを読む

    TB

    新登場Echo Studio (エコースタジオ)Hi-Fiスマートスピーカーwith 3Dオーディオ&Alexa https://www.amazon.co.jp//dp/B07NQDQWW6


    2: 目のつけ所が名無しさん 2019/09/26(木) 07:09:42.75 ID:tQRRaMona
    >Amazon、さらに多彩なAmazon Echoシリーズの新製品を発表
    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001060.000004612.html
    no title


    ・Echo Flex (エコーフレックス) プラグイン式スマートスピーカー
    ¥2,980 2019年11月14日発売予定

    ・Echo Dot (エコードット)第3世代 - スマートスピーカー時計付き
    ¥6,980 2019年10月16日発売予定

    ・Echo (エコー) 第3世代スマートスピーカー
    ¥11,980 2019年10月16日発売予定

    ・Echo Studio (エコースタジオ)Hi-Fiスマートスピーカーwith 3Dオーディオ
    ¥24,980 2019年12月5日発売予定


    引用元: ・Amazon Echo Part 36

    http://lavender.2ch.sc/test/read.cgi/kaden/1569449059/

    【Amazon Echo Studio ほか新モデル多数!種類多すぎで意味分からなくなる】の続きを読む

    TB
    SA-Z1
    1: 田杉山脈 ★ 2019/09/09(月) 20:39:32.91 ID:CAP_USER
    ソニーがIFAに展示したニアフィールドパワードスピーカー「SA-Z1」。高級ヘッドホンやイヤホンの音の良さは体感したことがありますが、スピーカーによる高級オーディオとなると、製品単価が上がるだけではなく、"聴くための部屋"も必要となり、気軽に試せないのが実情です。

    ということで、ソニーのブースで実際に体感してみたところ、これまで経験したスピーカーとは別次元のリアリティのある音でした。欧州での発売は来年4月ごろ、価格は未定とのことですが、ブースの担当者によると7000ユーロくらい(約82万円)と答えていました。

    Signatureシリーズは、その名の通りソニーのエンジニアが自らの銘を刻み込むような思い入れで開発した商品です。今回の製品はソニー・ビジュアル&サウンド事業本部商品設計部門商品技術1部の加来欣志氏が設計とチューニングを担当したとのこと。

    加来氏に「SA-Z1」のコンセプトを伺うと『ヘッドホンやイヤホンなど、音を出すドライバと耳の距離が近いデバイスと同等の"解像度"と"情報量"を実現しながら、スピーカーならではの"広大なステージ感"。すなわち、豊かなで広い音場の表現を行うこと』という説明が返ってきました。

    確かに、高級ヘッドフォンやイヤホンのように、細かな演奏のニュアンスや演奏者の息づかいまでが伝わってくる感じなのに、ヘッドフォンのように頭の周りにまとわりつく音場の狭さがありません。

    しかし、あまりに今までの体験と違いすぎ、比較対象となるたとえが思いつかない。

    そこでEngadget筆者陣の中で、高級オーディオ&ビジュアル評論家もつとめている本田雅一さんに、本機のポイントについて聞いてみました。

    以下、本田雅一氏
    1000万以上のシステムに匹敵する音が100万以下なら安いに決まってる
    この製品を開発した加来さんは、海外の有名オーディオブランドもリファレンスとして採用したことでも知られるSS-AR1という名機を開発したスピーカーエンジニアです。その後もI-Arrayというメインツイーターを2個のアシストツイーターで挟み、位相干渉で高音域特有の指向性の高さを大幅に緩和する技術を用いたスピーカーなど、実にユニークな製品を開発していました。

    SA-Z1の技術的なポイントはいくつもあるんですが、技術的なポイントは後回しにして、この製品で体験できることの価値について先に話しておきたい。というのも、オーディオ経験値の高い人ならすぐに理解できるでしょうが、解像度や情報量といった要素で評価すると、この製品は100万円クラスのプレーヤー、アンプ、スピーカーを揃えても到達できない音なんですよ。

    2つのウーファーユニットを連結し正反対に向けて動かすことで振動をキャンセルする仕組みを採用し、低域再生能力を高めてはいますが、小型スピーカーですから"空気を動かす量"はあまり期待できません。

    ですから、身体を全体で感じるような低音は再現できませんが、そうした点を除けば、コンポーネントあたり数100万円クラスの世界に近い。それも、部屋......リスニングルームをキッチリチューニングして音響特性を整えた専用室で聴く感覚に近い。

    そう考えると、部屋作りやコンポーネント、それに電源周りのケアなども含めて軽く1000万円は軽く超えるようなオーディオ世界を垣間見えるスピーカーです。価格が発表されていませんが、これまでのSignatureシリーズの価格を考えれば、常識的にいって100万円は大きく割り込むのでは?

    もしそうだとしたら、これまで高級ヘッドフォンやアンプ、DAP(デジタルオーディオプレーヤー)に散在してきたひとたちからすると、むしろお買い得なバーゲン製品ですよ。

    「ニアフィールド(スピーカー近傍で聴くこと)」「バスレフポートなどがない」「高域の指向性が広い」「テーブル上に置いた状態でチューニング」「DACとアンプ内蔵で音質が一気通貫で調えられている」といった特徴があるので、いつもの書斎机の上に置いて鳴らすだけでハイエンドの世界を垣間見える。

    しかもニアフィールドでバスレフポートなどもないから、大音量を出さなくとも充分楽しめ、部屋の音響特性による影響も受けにくい。オーディオ専用室なしで高音質を突きつめたいなら、他に選択肢はないですね。何しろ競合が思いつかない。
    以下ソース
    https://japanese.engadget.com/2019/09/09/1000-100/

    引用元: ・【音響】ソニー最新スピーカーが驚愕コスパである理由、1000万円級が100万円以下

    http://egg.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1568029172/

    【SONY SA-Z1は1000万以上のシステムに匹敵する音が100万以下なら安い!?】の続きを読む

    TB
    Premium Craft

    フォステクスカンパニーは、自作スピーカー用ユニットの最上位シリーズ「Premium Craft -プレミアムクラフト-」を発表。独自かつ新開発のHR振動板を搭載した16cmウーファー「W160A-HR」と、純度99.9%の純マグネシウムを振動板に採用した25mmリッジドーム・ツイーター「T250A」を受注生産で発売。受注開始は10月1日から。1台の価格は「W160A-HR」が15万円、「T250A」が13万円。
    【FOSTEX 「W160A-HR」「T250A」自作スピーカー用最上位ユニット!】の続きを読む

    このページのトップヘ