音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: スピーカー

    FOSTEX FE168SS-HP / T90A-SE 自作用スピーカーユニット新製品!  2021年02月16日

    JBL Bar 5.0 MultiBeam 売れているはずなのにレビューが少ない?  2021年02月14日

    Q Acoustics 「3000iシリーズ」「Concept20」ほかスピーカー値上げ!  2021年02月07日

    Spendor Classic 4/5 「LS3/5a」現代版を目指したスピーカー!  2021年02月06日

    B&W 近日中に壮大な製品の発表を予定!?  2021年02月02日

    TB


    697: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/02/10(水) 15:16:52.41 ID:c30G2Rp6
    FOSTEXから新製品が発表されたね。今回の製品は高級機仕様だけどFOSTEXはどんどん価格が上昇しているな。昔のCPの高いメーカーではなくなってしまったな。

    FE168SS-HP
    販売価格 ¥38,500(税込)/1台
    発売予定日 2021年3月中旬
    商品ページ https://dp00000116.shop-pro.jp/?pid=157300588

    T90A-SE
    販売価格 ¥44,000(税込)/1台
    発売予定日 2021年3月中旬
    商品ページ https://dp00000116.shop-pro.jp/?pid=157300589


    引用元: ・FOSTEXでスピーカー自作を楽しもう!その39

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1603289630/

    【FOSTEX FE168SS-HP / T90A-SE 自作用スピーカーユニット新製品!】の続きを読む

    TB

    ハーマンインターナショナルは、「JBL」ブランドより、サウンドバー「Bar 5.0 MultiBeam(バー 5.0 マルチビーム)」を2月5日より発売。JBLオンラインストアでの販売価格は39,800円。ボディカラーはブラック。

    幅709mmのコンパクトな筐体に、レーストラック型スピーカー5基と75mm径パッシブラジエーター4基を搭載。同ブランド独自のMultiBeam技術による「リアルサラウンド」と、Dolby Atmosによる「バーチャルハイト」とのハイブリッド方式を採用し、「立体的な音響空間を創出する」と謳っているのが特徴。

    また、本体から壁までの距離を測定し、自動で音の調整をする「AMC(Automatic Multibeam Calibration)」機能も搭載。

    HDMIはバージョン2.0bに準拠。主な仕様は、最大出力が250W、周波数特性が50Hz~20kHz。無線通信はIEEE802.11 a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 4.2に対応。本体サイズは709(幅)×61(高さ)×101(奥行)mm、重量は約2.8kg。
    【JBL Bar 5.0 MultiBeam 売れているはずなのにレビューが少ない?】の続きを読む

    TB


    【Q Acoustics 「3000iシリーズ」「Concept20」ほかスピーカー値上げ!】の続きを読む

    TB


    トライオードは、同社が取り扱う英国スペンドールのブックシェルフスピーカー「Classic 4/5」を2月下旬に発売。価格は250,000円(ペア/税抜)。

    2017年10月発売の新「Classic シリーズ」にラインナップした「Classic 3/5」の後継モデル。エンクロージャーを英国BBCのモニタースピーカー「LS3/5a」に近い寸法に変更したのがおもな違い。

    すべて英国の自社内で設計と生産が行われ、エンクロージャーの仕上げは天然技の突板仕上げ。基本色としてチェリー、受注発注としてナチュラルウォルナットも用意。外形寸法は190W×308Hmm×165Dmmで、質量は5kg。

    ウーファーには150mmのユニットを採用し、振動板にはEP77ポリマーコーンを採用。駆動機構を大振幅に対応させたほか、マグネシウム合金のダイキャスト鋳造フレームを採用する。

    ツイーターには、22mmの振動板を幅の広いエッジで支えるワイドエッジトゥイーターを採用。小型振動板の高域特性と大型振動板の低域特性の両方を兼ね備えることで、「広い周波数帯域に渡り安定して歪みの少ない再生」を実現したとしています。

    クロスオーバーネットワークにはリニアリティの良いフィルムコンデンサーを採用。インピーダンスは8Ωとすることで、トランジスタアンプから真空管アンプまで様々なアンプでの駆動しやすさに配慮したとしています。

    周波数帯域は55Hz - 25kHzで、クロスオーバー周波数は4.2kHz。出力音圧レベルは84dB、最大入力は100W。

    「LS3/5a」とは異なり、一般的なインピーダンスや能率に収めることで、鳴らしやすいように配慮されています。

    【Spendor Classic 4/5 「LS3/5a」現代版を目指したスピーカー!】の続きを読む

    TB
    no title

    108: 名無しさん@お腹いっぱい。 (アウアウウー Sa4b-n4Sq) 2021/01/22(金) 16:41:41.62 ID:EWZQZh/ja
    D&Mざまあねえなw潰してやったぜ!(爆笑www

    B&W 800D3シリーズが突然生産完了という一方的な通知。
    http://www.avcat.jp/main/avnews/2021/01/17/bw-800d3

    800d3シリーズ生産終了
    後継モデルの予定は今のところなし、あっても1年以上先

    B&Wの日本における正規輸入代理店である
    株式会社ディーアンドエムホールディングスに
    現地メーカーより下記製品に関して
    突然の生産完了という一方的な通知があったとのこと

    以下のモデルはすでに在庫がなく生産完了
    800シリーズWhite全モデル
    800D3/B 802D3/MR 805D3/PE
    HTM1D3(全色)HTM2D3(全色)
    スタンドFSHTMD3(S/B)

    後継モデルに関する予定は今のところなく、
    仮に新製品が発売になるとしても
    1年以上先になる可能性が高いとのこと


    引用元: ・B&Wのスピーカーについて語るスレ Part.25

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1610409099/

    【B&W 近日中に壮大な製品の発表を予定!?】の続きを読む

    このページのトップヘ