音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: オーディオ全般

    米フォード、新車から「CDプレイヤー廃止」!  2017年03月07日

    ソニー、魔法力を測定できる新技術を開発!【オーディオ?】  2017年03月06日

    JVC EX-NW1 超小型スピーカーのハイレゾ対応ミニコン!  2017年03月04日

    Spotify Hi-Fi ロスレス音楽ストリーミングを準備中か!  2017年03月03日

    デノン、マランツのD+Mグループが米Sound Unitedに買収!  2017年03月02日

    1: 海江田三郎 ★ 2017/03/06(月) 12:22:16.88 ID:CAP_USER
    http://forbesjapan.com/articles/detail/15449

    3月1日、米公共ラジオNPRは自動車メーカーのフォードが、今後発売する全車両からCDプレイヤーを取り除くと 報道した。フォードの車両はその代わりに、ストリーミングサービスやデジタルラジオのシリウスXMラジオ対応にするという。

    CDプレイヤーの廃止は数年前から大手各社が打ち出しており、フォードの動きは業界で最後発だ。 テスラは言うまでもなく、ホンダやトヨタの昨年の新車にもCDプレイヤーは搭載されていない。 調査企業IHS Automotiveのデータでは2021年までに米国で販売される車の46%から、CDプレイヤーが消えるという。

    自動車メーカーのCD廃止の動きは、かつてカセットテープが滅んだ時と同様に緩慢だ。
    数十年前に消費者らはカセットを見捨てCDに飛びついたが、メーカーの動きは遅く、今でもカセットの再生に対応した車が販売されているほどだ。

    自動車メーカーは音楽業界のトレンドから10年ほど遅れている。彼らがCDが下り坂であることを渋々 認めたのは10年前のことだ。音楽ソフトの売上が年々落ち込む中で、スポティファイや
    アップルミュージック等のストリーミングサービスは急速に普及を遂げた。ニールセンのデータではCDの売上は2016年に 15%減少し9300万枚になった。CDアルバムを買う層は確実に減少を続けている。

    自動車メーカーが新たなトレンドに対応するのが遅い原因としては、新車を購入するのが若者ではな く中高年が多いことが挙げられる。中高年層は今でも大量のCDコレクションを持っており、
    その再生機能を新車から廃止することは、競合に顧客を奪われる可能性を高めてしまう。

    しかし、この先CDプレイヤーが車から消えることは確実だ。ストリーミングが勢力を増す中で、CDが過去の遺産になることは必然の流れなのだ。

    引用元: ・【クルマ】米フォード、新車から「CDプレイヤー廃止」

    http://potato.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1488770536/ 【米フォード、新車から「CDプレイヤー廃止」!】の続きを読む



    1: レッドインク(catv?)@ \(^o^)/[DE] 2017/03/06(月) 15:52:31.08 ID:NaKDrA6s0 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
    ソニーは3月6日、東京ビックサイトにて3月25日と26日の2日間開催されるイベント「AnimeJapan 2017」において、アニメ「魔法科高校の劣等生」とコラボしたブース「魔法師開発研究所」を出展すると発表した。

     魔法科高校の劣等生は、魔法が現実の技術となる2090年代の日本を舞台とした小説作品。TVアニメシリーズとして展開され、6月17日には劇場版の公開も予定されている。

     出展するブースでは、2090年代に向けて魔法の発現や魔法師の発掘を目的とした試験や実験を行うという形で、同社の最新技術や製品、サービスを活用した展示・体験が行われる。
    試験用にチューニングされた拳銃型CAD(シーエーディー)を使い、魔法で敵を捕捉する「魔法師適性試験」では、 独自の動的空間プロジェクション技術を起用した「Moving Projector」や振動デバイスによってリアルな触感を手の平に再現する触覚提示技術を活用。
    知覚系魔法の受信能力を判定する「知覚魔法師適性試験」では、各スピーカーから出力する位相、振幅などを適切に制御することで音場をコントロールする技術などを活用して、
    アニメの世界観を味わえるようになっている。

     ほかにも没入型映像システム技術を活用し、魔法師の候補者が手を動かすと情報素子のサイオン(想子)の量が可視化される「サイオン量測定」や、 魔法師に必須の「魔法工学デバイス」を司波兄妹が紹介するコーナー、劇場版主題歌のハイレゾ試聴や、トレイラーおよびキャストのコメントの映像視聴が体験できる「魔法師への道」といったコーナーも設けられている。

    ソニー、AnimeJapanで「魔法科高校の劣等生」とコラボ--最新技術で“魔法力を測定”
    https://japan.cnet.com/article/35097617/
    https://japan.cnet.com/storage/2017/03/06/8dbace53273dc7c4d636063cc39a37c1/02.jpg

    引用元: ・ソニー、魔法力を測定できる新技術を開発!

    http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1488783151/ 【ソニー、魔法力を測定できる新技術を開発!【オーディオ?】】の続きを読む


    既発売オーディオ製品情報。EX-NW1はJVCケンウッドが2016年12月に発売した木を振動板に採用した独自の「ウッドコーンスピーカー」を搭載するスピーカー分離型ミニコンポ。オープン価格で実売65000円程度。

    スピーカーの振動板素材に木を使ったJVC独自の「ウッドコーンシリーズ」の最小モデルとなるデスクトップサイズのオーディオシステム。
    【JVC EX-NW1 超小型スピーカーのハイレゾ対応ミニコン!】の続きを読む




    音楽ストリーミング世界最大手のSpotifyが、ロスレス音楽ストリーミングサービス「Spotify Hi-Fi」をテストしているとの報告が相次いでいる。

    少数のユーザーを対象にしてテストが行われている模様で、以下のようなスクリーンショットをTwitterなどに投稿しているユーザーや、登録を促す画面が表示されたと報告するユーザーが複数存在する。

    スクリーンショットには、CDクオリティのロスレスオーディオが楽しめる、すべてのプレミアム機能が利用できる、限定版のアナログレコードを安く購入できる、1枚のアナログレコードを無料で手に入れられるといった、Spotify Hi-Fiのサービス内容が記されている。料金はユーザーによってまちまちなようだが、プラス5ドルから10ドルの月額追加料金が書かれているようだ。

    http://www.phileweb.com/sp/news/d-av/201703/02/40662.html
    【Spotify Hi-Fi ロスレス音楽ストリーミングを準備中か!】の続きを読む


    米Sound Unitedは1日、デノンやマランツなどのD+Mグループを買収したと発表。2月28日に売買は完了しており、売買条件は非公開。Sound UnitedはPolk Audio、Definitive Technology、Polk BOOMの親会社。D+Mグループの傘下で展開しているデノン、マランツ、Boston Acoustics、HEOS by Denonブランドにおける「日本国内で活動している内容、オペレーションに変化はない」という。また、Bowers & Wilkins(B&W)やDALIといったインポート系の業務も同様に継続していくという。

    http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1047155.html

    【デノン、マランツのD+Mグループが米Sound Unitedに買収!】の続きを読む

    このページのトップヘ