音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: オーディオ全般

    未だにスマホじゃなくて音楽プレイヤーで曲聴いてる香具師なんなの?  2017年09月19日

    「音響攻撃」で在キューバ大使館閉鎖も検討!【アメリカ】3  2017年09月18日

    Bluetooth経由でスマホからPCまで乗っ取れる攻撃手法が発覚!  2017年09月16日

    高校生が日本初の「騒音問題解決モデル」を発足 住民からのクレームが激減  2017年09月13日

    Honda LiB-AID E500 家電も動くハンディ蓄電池 オーオタ向けの理想の電源?  2017年09月08日

    TB

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/09/12(火) 10:10:29.26 ID:5rMm3FOp0
    スマホを肌身離さず持つ時代になったのにわざわざ何で音楽プレイヤーで聴くの?

    引用元: ・未だにスマホじゃなくて音楽プレイヤーで曲聴いてる香具師なんなの?

    http://hawk.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1505178629/ 【未だにスマホじゃなくて音楽プレイヤーで曲聴いてる香具師なんなの?】の続きを読む

    TB
    3

    1: みつを ★ 2017/09/18(月) 09:57:56.43 ID:CAP_USER9
    http://www.afpbb.com/articles/-/3143282?act=all

    【9月18日 AFP】キューバに駐在している米外交官らが謎の「音響攻撃」を受けたとされる問題で、レックス・ティラーソン(Rex Tillerson)米国務長官は17日、大使館の閉鎖も選択肢の一つとして検討していることを明らかにした。キューバの米大使館は半世紀におよぶ国交断絶を経て2年前に再開していた。

     首都ハバナ(Havana)に駐在している米国の外交官ら少なくとも21人とカナダの複数の外交官らが「音響攻撃」を受けたとされ、脳の損傷や難聴の被害に見舞われている。ただ、米政府高官によれば、原因はいまだ明らかになっていない。

     この攻撃が始まったのは2016年で、最近では今年8月にも報告されている。米当局は2月にキューバ当局に苦情を申し立て、5月には米首都ワシントン(Washington D.C.)駐在のキューバの外交官2人を国外追放処分にしていた。

     米政府が「前代未聞の出来事」と呼ぶこの攻撃について何ら説明がなく、被害者数が増え続けていることから、一部の米議員からは大使館を再度閉鎖するよう求める声が上がっている。

     米CBSの報道番組「フェイス・ザ・ネーション(Face the Nation)」に出演したティラーソン氏は大使館閉鎖について問われ、「評価しているところだ。特定の個人が被害を受けたことは非常に深刻な問題だ」と述べ、閉鎖の選択肢も排除しない考えを示した。(c)AFP/Dave Clark

    2017年9月18日 9:42 発信地:ニューヨーク/米国

    引用元: ・【アメリカ/キューバ】「音響攻撃」で在キューバ大使館閉鎖も検討、ティラーソン米国務長官

    http://asahi.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1505696276/ 【「音響攻撃」で在キューバ大使館閉鎖も検討!【アメリカ】】の続きを読む

    TB
    1: trick ★ 2017/09/14(木) 17:04:28.18 ID:CAP_USER9
    Bluetooth経由でスマホからPCまで乗っ取れる攻撃手法が発覚 ~Bluetoothがオンになっているだけで攻撃可能 - PC Watch
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1080650.html
    佐藤 岳大2017年9月13日 15:04

     IoTセキュリティ企業の米Armisは、Bluetooth(以下BT)の脆弱性を突いた攻撃「BlueBorne」について情報を公開した。

     BlueBorne攻撃では、BTを経由してデバイスの完全な制御が可能で、PCやスマートフォン、IoTデバイスなどに大きな影響を与えるとしている。具体的には、リモートコードの実行や中間者攻撃などによるサイバースパイ、データの盗難、ランサムウェアの感染、WireXやMiraiボットネットのように、モバイルデバイスやIoTデバイスで巨大なボットネットを作成するといったことが可能となるとしている。

     ArmisではBlueBorneに関連した8つのゼロデイ脆弱性を発見しており、すでに攻撃が行なわれている可能性もあると指摘。発見された脆弱性は理論上のものではなく、実際に攻撃が可能なものであるほか、BTを使用するさまざまなプラットフォームで、さらなる脆弱性が発見されるとの見解を示している。

    (中略)

     具体的には、Androidであれば、Google Pixel、Samsung Galaxy/Galaxy Tab、LG Watch Sportなど、OSバージョンによらない全デバイス(ウェアラブルデバイスなどBT Low Energyのみを使っているものは除く)が、リモートコードの実行(CVE-2017-0781/CVE-2017-0782)、情報漏洩(CVE-2017-0785)、中間者攻撃(CVE-2017-0783)の4つの脆弱性の影響を受ける。

     GoogleはすでにAndroid 6.0(Marshmallow)および7.0(Nougat)向けにセキュリティ更新プログラムを提供し、パートナー企業に通知しており、Androidデバイスは9月9日付けのセキュリティパッチが適用されていれば前述の脆弱性に対策された状態になる。

     Armisでは「Armis BlueBorneスキャナ」アプリをGoogle Playで提供しており、インストールすることでデバイスが危険にさらされているかを確認できるとしている。

    (中略)

     iOSでは、バージョン9.3.5以下の全iPhone/iPad/iPod touch、およびバージョン7.2.2以下のAppleTVで、リモートコード実行の脆弱性の影響を受ける。脆弱性はiOS 10ですでに対策されているため、新たなパッチのインストールを行なう必要はないことから、Armisでは最新版OSに更新することを推奨している。

    (全文はソース)

    引用元: ・脆弱性】Bluetooth経由でスマホからPCまで乗っ取れる攻撃手法が発覚 Androidで2017年9月以降のアップデート、iOS9.3.5以降なら安全

    http://asahi.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1505376268/ 【Bluetooth経由でスマホからPCまで乗っ取れる攻撃手法が発覚!】の続きを読む

    TB
    1: 名無しさん@涙目です。(東日本)@\(^o^)/ [CN] 2017/09/13(水) 09:18:05.05 ID:wJ+l/BCS0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
    ここ最近「騒音」によるトラブルが全国的に多発、中には殺人事件にまで発展するケースもある。その多くは、かつては「騒音」と
    とられなかったものが原因となっている。しかし、自治体はほとんど何もしてくれず、警察に通報して大ごとになれば身の危険が伴うことも。
    果たして、解決策はあるのだろうか?

    長野県松本深志高校では、10年ほど前から吹奏楽部の楽器や応援団の太鼓、球技などの音に近隣住宅から「うるさい」との
    クレームが寄せられていた。このため、運動部は猛暑でも体育館の住宅側の窓を閉めて練習、吹奏楽部は屋外練習を自粛し、
    応援団も太鼓にタオルを当てて消音に努めてきた。

    昨年9月、応援団と放送委員会に所属する柳原真由さん(当時2年生)は、応援団の顧問から「住民から『うるさい』とクレームがあった」ということを聞き、
    この問題を考え始めるようになったという。

    柳原さんは“騒音”を出すと言われる部活の部長ら20人で実行委員会を立ち上げる。20人は、学校から2区画の範囲に住む140軒の一軒一軒を訪ね、
    「意見交換会」のチラシを渡しながら交換会への参加を呼びかけた。そして11月20日、第1回意見交換会が実現する。

    生徒はそれまで近隣住民と話したこともなければ、話す必要も感じたことがなかった。だが、住民を直接訪問したことと意見交換会をしたことで、
    双方に収穫があったという。

    「住民全員がクレーマーではなく、実は少数の人だけだということがわかりました。住民の方々も、『生徒たちがここまで我慢をしていたのか』と驚いていたようです」

    その後、吹奏楽部に試験的に屋外で演奏してもらい、それが地域でどう聞こえるかを生徒と住民で検証した。その結果、
    住民たちは部活動への理解を深めていったのだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13600084/
    地域・学校・生徒の三者協議会「鼎談深志」の設立に奔走した柳原真由さん
    no title

    引用元: ・高校生が日本初の「騒音問題解決モデル」を発足 住民からのクレームが激減

    http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1505261885/ 【高校生が日本初の「騒音問題解決モデル」を発足 住民からのクレームが激減】の続きを読む

    TB

    ホンダは持ち運び可能なハンディタイプの蓄電機「LiB-AID(リベイド)E500」を開発し、このほど全国のホンダ・カーズで販売を開始した。価格は税込み7万9920円~8万6400円で、年間の販売計画台数は3000台としている。

     リベイドE500は、1965年に発売した同社初の発電機「E300」のデザインをモチーフとしている。容量377Whのリチウムイオン電池を搭載し、最大出力は500W。家庭用コンセント、もしくは車のアクセサリーソケットから充電できる。

     PCなどの精密機器やマイコン搭載の電気製品など、電気の質の影響を受けやすい製品にも安心して使用できるという。一般的な蓄電池は直流電圧(DC)だけでしか出力できない場合が多いが、ホンダが発電機開発で培ってきた独自開発の正弦波インバーターを搭載することで交流(AC)100Vの出力電圧で電力供給を行えるようにした。

     家庭用コンセント、もしくは車のアクセサリーソケットによる充電時間は約6時間。300Wで約1時間、500Wで約35分間の電力供給が行える。主な家電製品の使用可能時間の目安は、白熱電球(消費電力100W)であれば約3時間、液晶テレビ(同69W)は5時間、ラジオが(同12W)約14時間、スマートフォンであれば約20回、ノートPCは4回程度の充電が可能としている

     この他、リベイドE5001台では出力が足りず、使用することができない電気製品でも同製品を2台、もしくは同製品とホンダの発電機を並列接続することで、より消費電力の大きな電気製品を使うことができる。

    http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/spv/1709/06/news033.html

    【Honda LiB-AID E500 家電も動くハンディ蓄電池 オーオタ向けの理想の電源?】の続きを読む

    このページのトップヘ