音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: オーディオ全般

    高級イヤホンの話出来る人現実に居ないからここでしか話せない、でもここにいるのは…  2018年08月18日

    米国の月1100円で映画館で映画見放題のサービス、あまりの人気で経営難に  

    スマートスピーカーの販売額は来年末までに50%アップする――ただしアメリカ市場のデータの話  2018年08月17日

    ブルーライトで失明早まる可能性  2018年08月16日

    映画館付きアパート登場!ホームシアター要らず?  2018年08月14日

    TB


    545: 名無しさん┃】【┃Dolby (スッップ Sd5a-KMVR [49.98.167.115]) 2018/08/14(火) 07:50:17.73 ID:SaBa108Hd
    LEGEND Xだが、20時間放置でエージングしたら重低音も出るようになってきた
    これはかなり期待できそうだ
    大型スピーカーのうなるような重低音も再現しそうなポテンシャルを感じる
    もう少しエージングしてみる


    引用元: ・【100k~】最高級イヤホン専用スレPart14

    http://mevius.2ch.sc/test/read.cgi/av/1532107189/ 【高級イヤホンの話出来る人現実に居ないからここでしか話せない、でもここにいるのは…】の続きを読む

    TB


    1: 記憶たどり。 ★ 2018/08/16(木) 05:01:33.28 ID:CAP_USER9
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180816/k10011578381000.html

    アメリカで、1か月10ドル、日本円にして1100円で映画館の映画が見放題になる破格のサービスが大人気です。
    しかし、あまりの人気で逆に採算がとれなくなったため、15日から月に3本までに制限されることなり、 映画ファンに失望が広がっています。

    アメリカの主要都市では映画館の料金は10ドル以上します。

    新興企業の「ムービーパス」は1か月10ドル払えば映画が毎日1本見放題という破格のサービスを始め、 300万人以上が会員になっています。

    スマートフォンのアプリで見る映画を選んだうえで映画館に会員証を示せば入館できる仕組みで、 料金は会員にかわって「ムービーパス」が支払います。

    会社は、映画館から割り引きを受けたり映画ファンのデータを販売したりすれば、十分、収益を確保できると見込んでいました。

    しかし映画館の協力が得られなかったばかりか、会員が想定をはるかに超える本数の映画を見たため採算が取れなくなり、 経営が一気に悪化しました。

    このため親会社があわてて5億円以上を借り入れましたが厳しい状況は変わらず、株価は1か月で99.9%急落し、 日本円で10円以下になってしまいました。

    やむを得ず会社は看板の「見放題」を断念して、15日から「月に3本まで」に制限することにしました。

    この決定を失望する映画ファンも多く、会員の女性は「がっかりしたのでキャンセルを決めた」と話していました。 一方で別の男性は「それでも悪くない内容だ」と話していました。

    アメリカでは動画配信大手のネットフリックスの登場で定額制が定着し、「映画館でも見放題」はこの流れに沿う動きとして 注目されましたが、人気が出すぎてサービスを縮小せざるを得なくなりました。

    ただ大手の映画館チェーンが1か月およそ2200円で毎週3本まで映画を見られるサービスを始め、定額制は着実に広がっています。


    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180816/K10011578381_1808152120_1808160455_01_02.jpg

    引用元: ・【海外】「映画館 月1100円で見放題」あまりの人気で経営難に。月3本までに制限、株価は99.9%急落。米

    【米国の月1100円で映画館で映画見放題のサービス、あまりの人気で経営難に】の続きを読む

    TB

    1: ムヒタ ★ 2018/08/15(水) 06:25:10.86 ID:CAP_USER


    消費動向調査の有力企業、NPDが発表したレポートによれば、スマートスピーカーの売れ行きにはまったくかげりが見えないという。 これらのデバイスの販売額は2016-2017年と2018-2019年を比較して50%の成長を示すと推定されている。スマートスピーカーのカテゴリーには来年末までに16億ドルの売上があるものと期待されている。

    AmazonがベストセラーになったDot、スクリーン付のSpotやShowを追加するつれ、Echoシリーズはこの4年間に 急速に売れ行きを伸ばしてきた。一方、GoogleもHomeシリーズでぴったりAmazonの背後につけている。最近LG、Lenovo、JBLが発表したスマートディスプレイはGoogleのホームアシスタントが組み込まれている。


    こうした大企業はすべてスマートスピーカーがスマートホーム製品の普及に道を開くことになるのを期待しているのは疑いない。NPDの調査によれば、アメリカの消費者の19%は1年以内になんらかのスマートホーム製品を購入する予定があるという。
    2018年8月15日
    https://jp.techcrunch.com/2018/08/15/2018-08-14-smart-speaker-sales-on-pace-to-increase-50-percent-by-2019/

    引用元: ・【製品】スマートスピーカーの販売額は来年末までに50%アップする――NPDがアメリカ市場のデータを発表

    【スマートスピーカーの販売額は来年末までに50%アップする――ただしアメリカ市場のデータの話】の続きを読む

    TB

    1: シャチ ★ 2018/08/15(水) 01:39:31.77 ID:CAP_USER9
    8/14(火) 13:23配信 The Telegraph
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00010001-clc_teleg-int
    【記者:Joseph Archer】
     携帯電話やノートパソコンの画面を長時間見続けることによって、失明が早まる可能性があるとする研究論文がこのほど、英オンライン科学誌「サイエンティフィック・リポーツ(Scientific Reports)」に掲載された。

     米オハイオ州のトレド大学(Toledo University)による新たな研究では、デジタル端末から発せられるブルーライトによって、目の光受容細胞を死滅させる有害化学物質の発生が誘発されることが明らかになった。こうした状態は最終的に、視野の中心部に影響を与える黄斑変性症の進行を早める可能性がある。50歳以上の人々の約7人に1人には、この疾患のなんらかの兆候がみられるが、治療法はまだ見つかっていない。

     同大学のアジス・カルナラスン(Ajith Karunarathne)博士は、「私たちはしょっちゅうブルーライトにさらされているが、眼球の角膜と水晶体はそれを遮断したり反射したりすることができない」と述べている。

     ブルーライトは、他の色に比べてエネルギーが強く、波長が短いため、ブルーライトから受けるダメージは、より大きくなる可能性がある。

     研究チームは、暗い場所でデジタル端末を使用すると、瞳孔が開き、より多くのブルーライトが眼球内に届く可能性があるため、暗い場所での使用は避けるべきだと指摘している。


    引用元: ・【研究】スマホのブルーライトで失明早まる可能性 米トレド大

    【ブルーライトで失明早まる可能性】の続きを読む

    TB
    1: 田杉山脈 ★ 2018/08/09(木) 20:22:32.19 ID:CAP_USER
    グローバルエージェンツは、隣人交流型賃貸住宅「ソーシャルアパートメント」の新たな形として、映画などが楽しめる20席のシアターを共用施設として備えた「FILMS(フィルムス)和光」を10月にオープンする。賃料は58,000円~66,000円(2年プラン適用時/管理費・水道光熱費別)。所在地は埼玉県和光市丸山台2丁目11番13号。

    ソーシャルアパートメントは、従来型のワンルームマンションや、シェアハウスとは異なり、賃貸マンション内にデザイン性の高いキッチンやラウンジなどの共用スペースを備え、住人間の自発的なコミュニティ形成を促進させるという共同住宅。

     FILMS和光は、「ソーシャルアパートメントの共用設備で初となる映画館を再現した」という点が特徴。4Kプロジェクタや、サラウンドスピーカーを備えた音響設備などを採用。入居者が自身のデバイスをミラーリングすることもでき、入居者同士で好きな作品を上映できる。

     入口には劇場のエントランスを思わせるデザインを採用。それ以外の共用スペースも随所に映画館の空間要素を取り入れるなど、日常から映画を近くに感じることのできる空間になっているという。

     居室タイプは1BRタイプ(16.9~13.4m2)。世帯数は123戸。築年月は1992年6月、構造は鉄筋コンクリート造陸屋根5階建。アクセスは、東武東上線/東京メトロ有楽町線・副都心線 和光市駅から徒歩9分。

     オープン後には映画関連の各種サービスとコラボレーションし、映画を中心としたコミュニケーションイベントや映像編集ワークショップの開催も予定。入居検討者向けの完成前内覧会は8月より順次開催する。
    no title

    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1137386.html

    引用元: ・【不動産】“映画館付き”賃貸住宅が10月オープン。隣人交流型ソーシャルアパートメント

    http://egg.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1533813752/ 【映画館付きアパート登場!ホームシアター要らず?】の続きを読む

    このページのトップヘ