音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: オーディオ全般

    現在時刻を「音で聴く」高級腕時計、お値段なんと4,000万円  2019年02月20日

    【悲報】パイオニア、カーナビ事業不振で130億円の最終赤字へ  2019年02月16日

    オーディオテクニカ ASM460 大幅に性能向上した新型すしメーカーを開発!  2019年02月15日

    レーザー光線を使って耳に音を直接伝達する方法をMITが開発!  2019年02月12日

    昔のオーディオを否定する必要もないし、今のオーディオを否定する必要もないよ  2019年02月10日

    TB
    1: 田杉山脈 ★ 2019/02/17(日) 21:03:35.59 ID:CAP_USER
    スイスのジュネーヴで1月中旬に開かれた高級時計の国際見本市「SIHH(通称・ジュネーヴサロン)」では、多種多様な魅力をもつ新しい腕時計が展示された。ここであるブランドが、一見すると「Apple Watch」によく似ているものの、そのアンチテーゼとしか表現しようのない時計を公開した。

    H. モーザー(H.Moser & Cie)の「スイス アルプ ウォッチ コンセプト ブラック」は、アップルのスマートウォッチのファンにはおなじみの黒っぽい長方形をしているが、時刻を表示させるコマンドに対応することはない。しかもこの高級腕時計には、ダイヤルや針など、現在時刻を表示するための部品が見当たらない。その代わり、時刻を音によって知らせるのだ。
    no title


    あえてApple Watch風のデザインに
    その仕組みを説明しよう。コンセプト ブラックは6時の位置に、ムーヴメントが重力の影響を受けないようにするための機構「ミニッツ フライング トゥールビヨン」を備えている。そして時刻を確認する際には耳を澄まし、音で時刻を知らせるミニッツリピーターの機構から時刻を知る。

    電気と発光技術が普及するずっと昔、腕時計のユーザーは、時計から奏でられるひと続きのチャイムの音によって正確な時刻を確認していた。つまり、非常に慎重に、時刻を知らせる音に耳を傾けなければならないのだ。

    H. モーザーは、明らかにスマートウォッチのような外観でありながら、同時に「非常に権威のある時計製造の伝統への賛意」と自らが謳う時計をつくり出すことを楽しんでいるようだ。事実、同社はコンセプト ブラックについて、意図的にスタンバイ状態のスマートウォッチのように見えるようにしたと説明している。

    プラチナ製のコンセプト ブラックは手巻き式で、87時間ほど動作する。しかし、心拍モニターの記録を心臓医に見せたり、電話をかけたり、音楽をストリーミングしたりすることはできない。

    すでに増産のリクエストも
    それに時刻を調整するには、かなりのスキルを要するだろう。時刻合わせには、竜頭に刻まれた目盛りを利用する。この竜頭を引き出すと、12段階の目盛りによって5分刻みで時刻を調整できるようになっている。

    時刻を知らせる音は1時間、1/4時間、1分ごとに、斜めに取り付けられた2つのゴングから奏でられる。この音を響かせて増幅するために、中央のケースは完全に空洞になっている。

    この時計の価格は、なんと27万4,852ポンド(約3,916万円)もする。いかにハイエンドな腕時計のファンとはいえ、Apple Watchに似ているのにはるかに高額で、精度が劣り、実質的に正確な時間を知ることができない腕時計を所有したいと考えるのは、驚くべきことのように思える。

    しかし、すでに購入した人たちがいる。H. モーザーのもとには、異なるカラーヴァリエーションで増産してほしいというリクエストが届いているそうだ。腕時計の世界とは、かくも素晴らしく、ときに常軌を逸しているとさえ感じられるものなのだ。
    no title

    no title

    https://wired.jp/2019/02/17/swiss-alp-watch-concept-black/

    引用元: ・【時計】Apple Watchのアンチテーゼ? 現在時刻を「音で聴く」高級腕時計、お値段なんと4,000万円

    http://egg.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1550405015/ 【現在時刻を「音で聴く」高級腕時計、お値段なんと4,000万円】の続きを読む

    TB
    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [NG] 2019/02/14(木) 20:25:30.39 ID:NT2KboLV0 BE:123322212-PLT(13121)
    sssp://img.5ch.net/ico/pc3.gif
    「パイオニア」は、今年度の業績見通しについて、カーナビ事業で不振が続いた影響などで130億円の最終赤字になる見込みだと発表しました。

    パイオニアが14日発表した、去年4月から12月までの9か月間の決算は、売り上げが前の年の同じ時期より3.7%減って2608億円、最終損益は106億円の赤字となりました。

    これは、自動車メーカー向けのカーナビ事業で各社の競争が激しくなる中、ソフトウエアの性能を高めるための開発費用がかさみ、採算が悪化したことなどが主な要因です。

    また、今年度1年間の最終損益は130億円の赤字になる見通しで、最終赤字は3年連続です。

    業績の不振が続くパイオニアは、香港のファンドにすべての株式を譲り渡し、その傘下に入ることが決まっていて、早ければ来月下旬にも上場廃止になる予定です。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190214/k10011815091000.html

    引用元: ・パイオニア、最終赤字130億円 カーナビの低迷が深刻

    http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1550143530/ 【【悲報】パイオニア、カーナビ事業不振で130億円の最終赤字へ】の続きを読む

    TB

    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [ニダ] 2019/02/13(水) 20:35:09.55 ID:+FQrOZ5C0 BE:323057825-PLT(12000)
    sssp://img.5ch.net/ico/u_okotowari.gif
    オーディオテクニカ(町田市西成瀬2)は2月13日より、新型すしメーカー「ASM460」を展示会でお披露目する。

     同機は、時間当たりの成形数が最大3500個と従来機に比べ59%向上。
    新開発の仕組みにより、シャリを確実に整列し、ユーザーの作業効率が大幅アップするという。

     トレーを機械に差し入れるだけで成形がスタート。1トレー分のシャリ玉成形を80秒から約51秒へ短縮した。 省スペース設計で、重要はクラス最軽量という43キロ。機械の移設もスムーズだという。

     実機は、食品関連展示会「FOOD TABLE in JAPAN 2019」と「HCJ 2019」で発表する。発売は6月下旬の予定。オープン価格。

     同社のすし製造機第1号は、1984年発売の家庭用すしにぎり器「にぎりっこ」。
    レコードカートリッジの製造販売で1962年に創業した同社が、「アナログからデジタルに移行する時代を生き抜く」新規事業の社内公募から生まれた。

    オーディオテクニカ、新型「すしメーカー」発売へ シャリを確実に整列
    https://machida.keizai.biz/headline/2780/
    no title

    no title

    引用元: ・オーディオテクニカ、新型すしメーカーを開発!時間当たりの成形数が59%向上

    http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1550057709/ 【オーディオテクニカ ASM460 大幅に性能向上した新型すしメーカーを開発!】の続きを読む

    TB
    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [US] 2019/02/05(火) 21:51:38.96 ID:obcXkan20 BE:416336462-PLT(12000)
    sssp://img.5ch.net/premium/6931153.gif
    米マサチューセッツ工科大学の研究者らは、音を暗号化し、レーザー光線を使って対象人物の耳に直接伝達する方法を開発した。
    このようなメッセージの受信には特別な機器は必要ない。米学術誌『オプティクス・レターズ(Optics Letters)』が報じた。

    米国の研究者やエンジニアは、レーザー光線を使って離れたところに音を伝えるシステムの実験に成功した。
    このシステムの基本は光音響効果で、その効果の下では、ある材料による光の吸収の結果として音波が形成される。
    その物質とは普通の空気中に存在する水蒸気粒子だ。

    研究者たちは、彼らによって作成されたシステムは、空気中の水分が極少量でも機能すると指摘している。
    それは、最も少ない水分子でもほぼ完全に吸収されるレーザー波長を選定することができたためだ。

    実験では、レーザーによって伝達された音声情報は、同じ部屋にいた他の人に聞かれることなく、2メートル離れた人の耳に直接届けられた。
    なお開発者らは、これは人間の目と肌にとってまったく安全なレーザーを使用したはじめてのシステムであると主張する。

    https://jp.sputniknews.com/incidents/201902055888059/

    引用元: ・周りには聞こえない声が聞こえる。

    http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1549371098/ 【レーザー光線を使って耳に音を直接伝達する方法をMITが開発!】の続きを読む

    TB
    382: 名無しさん@お腹いっぱい。 (オッペケ Srf1-LCSa) 2019/01/27(日) 14:13:22.52 ID:XXqt4iW8r
    もうね、オーディオなんてやり尽くしちゃってメーカーもお手上げ状態なのよ
    キツネとタヌキの化かしあい状態なのよ
    60年前のマランツやJBLで音楽聴いてごらんなさい
    何の不満もないどころか今の木っ端オーディオなんかより遥かに素晴らしい音で鳴る
    人間が2つの耳で20~20000Hzを聞いている以上もうやることなんて何もないんですよ


    引用元: ・Luxman総合スレッド 47台目

    http://lavender.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1544031389/ 【昔のオーディオを否定する必要もないし、今のオーディオを否定する必要もないよ】の続きを読む

    このページのトップヘ