音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: アンプ

    SANSUI AU-α607NRA 中古名機紹介 デザインがダサいも音質は!  2017年06月11日

    愛人、風呂をNGにするとヤマハAVアンプのスレが機能しない?  2017年06月08日

    YAMAHA RX-A770 RX-V781後継機!価格も安く!Dolby Vision対応!  2017年06月07日

    McIntosh MC452 ハイパワーステレオパワーアンプ!  

    サンスイ社員だった亡き叔父の部屋から多数のアンプ試作品らしきものが出てきました  2017年06月06日


    生産完了オーディオ製品情報。中古市場でも人気の名機を紹介。AU-α607NRAはサンスイが1997年に発売したプリメインアンプ。価格は108,000円。

    AU-α607MR(1995年・99,000円)の後継機。

    Ultimate α-Xバランス回路を搭載。電源部にはNEW α-Xバランス電源方式を採用。シャーシ構造にはツインモノラルコンストラクションやアイソレーテッドメカニカルフィードバックなどを採用。ボリュームには6連ディテントボリュームを採用。CD、Lineに対応したパワーアンプダイレクト入力機能を搭載。フォノはMCにも対応。

    出力は100W+100W(6Ω)、80W+80W(8Ω)。W432×H165×D450mm 18kg。

    音は従来のサンスイよりも滑らかという評判。それでいて独特の「散乱するサウンド」も確保されていたようです。ジャズだけでなく、幅広い音楽にマッチできるなかなか優れたアンプではあったようです。

    本機が出た時、フロントパネルのデザインにかなり驚きました。このクラスのアンプでは絶対的な定番と思っていた607シリーズでしたが、1996年にDENONのPMA-2000が10万円で出ると、はっきりとその牙城は崩れます。それを食い止めようと出すはずのAU-α607MR後継機は、価格も上がり、違和感のあるデザインでした。

    音は決して悪くなかったようですが、やはり全盛時の607シリーズほどは売れなかったのでしょう。1999年にはデザインは同じまま後継機のAU-α607NRAⅡが1万円高くなって登場します。そしてついにサンスイの607シリーズアンプは終わりを迎えるのです。

    以下の2chにある、本機の電解コンデンサーにまつわる話は本当なのでしょうか?オーディオ評論家の故・金子英男氏にはたしかにいろいろな逸話があるようですが…。
    【SANSUI AU-α607NRA 中古名機紹介 デザインがダサいも音質は!】の続きを読む

    161: 名無しさん┃】【┃Dolby 2017/05/09(火) 21:25:07.29 ID:TqQplq/u0
    おまいらは相変わらず風呂アン談義に花が咲いたようだな
    俺は今日は疲れ果てた
    俺も風呂で癒したい
    風呂の話で盛り上がれるおまいらがうらやましい


    引用元: ・YAMAHA/ヤマハ AVアンプ総合スレ Part26

    http://mevius.2ch.sc/test/read.cgi/av/1492590730/ 【愛人、風呂をNGにするとヤマハAVアンプのスレが機能しない?】の続きを読む


    ヤマハは、ミドルクラスのAVアンプ新製品として「RX-A770」と「RX-A870」の2機種を発売。価格と発売時期は、「RX-A770」が6月下旬で88,000円、「RX-A870」が7月下旬で110,000円。どちらもヤマハの中級以上のAVアンプを示す「AVENTAGE」(アベンタージュ)シリーズです。

    ここでは下位のRX-A770を紹介。
    【YAMAHA RX-A770 RX-V781後継機!価格も安く!Dolby Vision対応!】の続きを読む



    既発売オーディオ製品情報。MC452はマッキントッシュの半導体式ステレオパワーアンプ。発売は2011年。発売当初の価格は90万円。

    入力から出力までの全信号経路で、バランス回路を構成。それぞれの出力を出力オートフォーマーで結合する完全クアッド・バランス回路。

    出力段素子には、電源投入時から最大パワー時までのバイアス電流を正確にコントロールするアメリカ・ ThermalTrak製バイポーラ・パワートランジスタを使用。

    これによりインピーダンスに関わらず450W+450Wのハイパワーを実現しています。

    シックなブラックのガラスパネルに配置されたブルーのパワーメーターもいつも通り。

    入力端子:ラインRCA×1系統、ラインXLR×1系統
    出力端子:ラインRCA×1系統、ラインXLR×1系統
    定格出力:450W+450W(2/4/8 Ω)
    外形寸法:W445×H240×D513mm
    重量:50kg
    674: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/16(土) 19:07:35.44 ID:p1AGGqiB
    MC452なんかよさげ。値段も手頃だし。
    20年近く使ったMC7300から更新するか。


    引用元: ・伝統のMcIntosh(マッキントッシュ)を語ろう!MC12

    http://toki.2ch.net/test/read.cgi/pav/1269594401/ 【McIntosh MC452 ハイパワーステレオパワーアンプ!】の続きを読む


    51: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/04/17(月) 00:12:54.42 ID:746esQgR
    質問ですが山水社員だった亡き叔父の部屋から多数のアンプらしきものが置いてあったのですが、処分しても良いものか悩んでます、しかるべきところに寄贈するべきか?
    開発設計をしていたようで試作品のようなものもありました。
    もう20年ほど前に亡くなり部屋はそのまま残してありましたが叔父の実母である祖母にたのまれて確認したところわかりました。


    引用元: ・サンスイ ■ SANSUI総合スレッド 59 ■ 山水

    http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1491487211/ 【サンスイ社員だった亡き叔父の部屋から多数のアンプ試作品らしきものが出てきました】の続きを読む

    このページのトップヘ