音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: アンプ

    DENON AVC-X8500HA、 4K/120p対応AVアンプ!従来機アップグレードサービスも  2021年06月02日

    DENON / marantz SPK618 4K/120Hz入力を可能にするHDMIアダプター  2021年05月31日

    あのゴールドムンドがセパレートアンプ新モデルを発売!セットで2000万円超!  2021年05月26日

    ヤマハ、RX-A2AなどAVアンプ3モデルの無償基板交換を予告。「Xbox Series X」などからの4K/120Hz入力不具合に対応  2021年05月25日

    YAMAHA RX-A8AほかAVアンプ3モデル!DSP-Z11以来の11ch機も!  2021年05月15日

    TB
    638: 名無しさん┃】【┃Dolby 2021/05/28(金) 15:42:31.76 ID:O0Aseh1s0
    デノン、13.2ch“モンスターAVアンプ”が8K/60p、4K/120p対応
    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1327736.html


    639: 名無しさん┃】【┃Dolby 2021/05/28(金) 15:48:26.99 ID:5xbLozK00
    6月15日より、AVC-X8500Hを対象に、HDMI基板の交換により、8K/60Hz、4K/120Hzのパススルー対応など、AVC-X8500HAと同様の機能が利用できるようになる有償アップグレードサービスを実施する。料金は77,000円。預かり期間はセンター到着から約2週間。受付期間は2023年6月15日まで。


    引用元: ・【総合】 DENON AVアンプ 【デノン】その17

    http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/av/1616187610/ 【DENON AVC-X8500HA、 4K/120p対応AVアンプ!従来機アップグレードサービスも】の続きを読む

    TB

    su-1_s


    D&Mホールディングスはデノン、マランツブランドの一部AVアンプ所有者に対し、次世代ゲーム機などからの8Kまたは4K/120Hz入力を可能にするHDMIアダプター「SPK618」を無償提供すると発表しました。

    ファームウェアアップデートでの対応が不可能であり、また、基板交換を行うという大規模な対策の選択肢も難しいということでの判断となっています。



    なお、ヤマハでは同様の不具合に対して、基板交換で対応する予定です。


    【DENON / marantz SPK618 4K/120Hz入力を可能にするHDMIアダプター】の続きを読む

    TB
    MIMESIS 22H Nextgen




    ステラは、輸入販売の再開を発表していたスイス・ゴールドムンドブランドのプリアンプ2機種とパワーアンプ1機種の受注を開始。

    ラインナップと価格は、ステレオプリアンプの「MIMESIS 22H Nextgen」が968万円、「MIMESIS 37S Nextgen」が319万円、モノブロックパワーアンプ「TELOS 1000 Nextgen」が1,210万円/ペア。

    「MIMESIS 22H Nextgen」は、別筐体の電源部にゴールドムンド独自のフィルター機構を内蔵。クラスA動作で同一のシングルエンド回路×2によるフルバランス回路構成。進化したメカニカル・グラウンディングにより、徹底的に内部振動を排除する構造と謳っています。

    「MIMESIS 37S Nextgen」は別筐体電源、デュアルモノコンストラクション、リファレンスモデルのテクノロジーを受け継いだというスタンダードモデルのプリアンプ。

    パワーアンプの「TELOS 1000 Nextgen」は、ハイスピードかつ強力な電源を装備し、超低インピーダンス出力回路による強力なスピーカードライブ力を備えているというモノラルパワーアンプ。定格出力は220W@8Ω。

    ゴールドムンドというといまだに語り草の話題がありますが、メーカーはあまり気にしていないようです。今回の新モデルも例のモデルと組み合わせても違和感のないデザインも踏襲しています。

    【あのゴールドムンドがセパレートアンプ新モデルを発売!セットで2000万円超!】の続きを読む

    TB

    5: 名無しさん┃】【┃Dolby (ブーイモ MM9e-57RG [163.49.206.151]) 2021/05/16(日) 20:48:31.54 ID:OrhF9HeMM
    乙です!

    前スレでヤマハはファームができてないっぽくてソフト開発能力がないとか書いてるやついるけど。

    デノン見てみろよ、結局アダプター噛ませる方法取ったじゃねえかよ。
    あっちだって目処たってないからそんな方法とったじゃん。
    あのスタンスは「HDMI周りに不具合あっても仕方ないです」ってことだぞ。


    引用元: ・YAMAHA/ヤマハ AVアンプ総合スレ Part38

    http://tekito.2ch.sc/test/read.cgi/av/1621149774/ 【ヤマハ、RX-A2AなどAVアンプ3モデルの無償基板交換を予告。「Xbox Series X」などからの4K/120Hz入力不具合に対応】の続きを読む

    TB
    Lpi8yTc6EkJMvJC1621064792

    ヤマハは、同社AVアンプ“AVENTAGE”の新製品として、最上位セパレートモデル「CX-A5200」「MX-A5200」の設計思想を継承した11chパワーアンプ内蔵モデル「RX-A8A」など3モデルを発売。ラインナップと発売日は以下の通り(価格はすべて税込)。

    ・11chモデル「RX-A8A」:418,000円 8月31日発売
    ・9chモデル「RX-A6A」:275,000円 8月31日発売
    ・7chモデル「RX-A4A」:132,000円 7月30日発売

    RX-A8A/RX-A6Aの2機種では、後日ファームウェアアップデートにより、4K/120Hz、8K/60Hz、HDR10+や、VRR、ALLM、QMS、QFTといったHDMI 2.1の機能もサポートするのが注目ポイントでしょう。


    【YAMAHA RX-A8AほかAVアンプ3モデル!DSP-Z11以来の11ch機も!】の続きを読む

    このページのトップヘ