音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: アンプ

    Aura note V2 CDレシーバー定番がD級アンプを採用!でも?  2017年08月13日

    LUXMAN L-305 中古名機へ!レトロデザインに音質は?  2017年08月12日

    PMA-2500NE 音質は解像度だけで決まると思わない人向け?  

    耳が信用できるのはアコースティック楽器やってる人間だな?  

    Accuphase E-470 AB級プリメイン最上位!E-460との違いは?  2017年08月11日

    TB

    既発売オーディオ製品情報。note V2はオーラデザインが2014年に32万円で発売したCDレシーバー。初代のnoteからすると3代目。先代のnote premierから新たにパワーアンプ部を変更したのが大きな違い。

    【Aura note V2 CDレシーバー定番がD級アンプを採用!でも?】の続きを読む

    TB


    生産完了オーディオ製品情報。L-305はラックスマンが2012年に30万円(税別)で発売した半導体式プリメインアンプ。

    1970年代製品に特徴的なノブ類を多数備えたフロントパネルと、木箱入りデザインを採用した、トランジスタ式のプリメインアンプ。 全体にレトロな雰囲気の外観が大きな特徴となります。ただし、リモコンを装備するなど機能性は現代的。 【LUXMAN L-305 中古名機へ!レトロデザインに音質は?】の続きを読む

    TB

    デノンの既発売プリメインアンプ・PMA-2500NE。2016年2月に23万円(税別)で発売されています。直接的には2012年10月発売のプリメインアンプ「PMA-2000RE」の後継。つまり、国内メーカー製中級プリメインアンプの定番シリーズがついに型番が変わっての新展開となったものです。

    本機PMA-2500NEは、PMA-2000から続くシリーズ機として初めてUSB-DACを含むデジタル入力を搭載。USB-DACは11.2MHz DSDや384kHz/32bit PCMの再生に対応するハイスペックです。

    アンプ部はAdvanced UHC-MOSシングルプッシュプル回路を引き続き採用しつつ、増幅回路を1段構成に変更するなどアナログアンプ部にも手を入れています。高耐圧・大容量のUHC-MOS(Ultra High Current MOS)FETをシングルプッシュプルで用いたシンプルな回路構成を採用するという基本は堅持しています。
    【PMA-2500NE 音質は解像度だけで決まると思わない人向け?】の続きを読む

    TB
    960: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/06/29(木) 15:20:34.27 ID:8LCenGqv
    機器単体の音なんて整備された環境下で1年くらい聴かないとわからん


    引用元: ・Luxman総合スレッド 40台目

    http://lavender.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1487235424/ 【耳が信用できるのはアコースティック楽器やってる人間だな?】の続きを読む

    TB

    既発売オーディオ製品情報。E-470はアキュフェーズのAB級プイメインアンプの最上級機。2014年に50万円(税別)で発売。E-460(2010年・48万円)の後継機。
    【Accuphase E-470 AB級プリメイン最上位!E-460との違いは?】の続きを読む

    このページのトップヘ