音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: アンプ

    FiiO A5 ポタアン入門機の定番新機種!  2016年10月31日

    TEAC NR-7CD 一体型ネットワークCDレシーバー 42万円!  2016年10月23日

    Pioneer SX-S30(S) DSDハイレゾネットワークレシーバー HDMI入出力搭載!  2016年10月22日

    DENON AVR-X4300H アトモス/DTS:X対応 9chアンプ搭載の中級AVアンプ!  2016年10月11日

    ONKYO TX-L50 Atmos/DTS:X/4K/HDR対応の薄型6chAVアンプ!  2016年10月05日

    FiiO_A5
    ヘッドホン/イヤホン関連イベント「秋のヘッドフォン祭 2016」にて、オヤイデ電気は、同社が展開するFiiOブランドの新製品として、ハイレゾDAP「X1 2nd generation」と、ポータブルヘッドホンアンプ「A5」を参考出展。ここではA5をご紹介。

    【FiiO A5 ポタアン入門機の定番新機種!】の続きを読む

    TEAC_NR-7CD
    ティアックは、「New Vintage(ニュービンテージ)」をテーマにしたフラップグシップ単品コンポシリーズ「Reference7」として、ネットワークCDプリメインアンプ(レシーバー)「NR-7CD」を発表。2017年1月下旬発売予定で、価格はオープン。店頭予想価格は42万円程度。
    【TEAC NR-7CD 一体型ネットワークCDレシーバー 42万円!】の続きを読む


    パイオニアブランドのネットワークプレーヤー搭載プリメインアンプ「SX-S30(S)」が11月中旬発売。価格は¥65,000(税別)。ハイレゾ対応ネットワークからアナログまで多彩な再生に対応する幅広さが魅力です。

    【Pioneer SX-S30(S) DSDハイレゾネットワークレシーバー HDMI入出力搭載!】の続きを読む


    デノンは、ドルビーアトモス/DTS:X対応の中級9.2ch AVアンプ「AVR-X4300H」を10月中旬より発売。価格は160,000円(税抜)。

    2015年9月に発売されたAVR-X4200H(15万円)の後継機。AVR-X4200Wが9.2chプロセッシング対応/7chアンプ搭載だったのに対して、本機は11.2chプロセッシング対応/9chアンプ搭載と内容強化されました。また、AVR-X4200WはファームウェアップデートでDTS:Xに対応でしたが、本機は出荷時からDTS:X対応となっているのも違いです。ネットワーク/USBメモリー経由で新たに2.8MHzから5.6MHz DSDを再生可能となったのもポイント。
    【DENON AVR-X4300H アトモス/DTS:X対応 9chアンプ搭載の中級AVアンプ!】の続きを読む

    オンキヨーブランドより、4K/HDRに対応する薄型6chAVアンプ「TX-L50」を10月中旬に発売。価格は65,000円(税抜)。

    本体高さ70mmというスリムな薄型形状の6chアンプ搭載AVアンプで、6.1ch再生に対応。薄型ながら、Dolby AtmosやDTS:Xを含むサラウンド音声やネットワークプレーヤー機能を搭載した多機能機。なお、Dolby AtmosとDTS:Xはファームウェアアップデートでの対応となります。
    【ONKYO TX-L50 Atmos/DTS:X/4K/HDR対応の薄型6chAVアンプ!】の続きを読む

    このページのトップヘ