音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: アンプ

    Accuphase A-250 A-200後継のモノパワーアンプ!比較、違いは?  2017年04月07日

    FX-AUDIO- FX202J TA2020搭載小型デジタルアンプ!  2017年04月04日

    ELAC EA101EQ-G 音場補正機能付きのハイレゾDAC内蔵プリメインアンプ!  2017年04月03日

    FX-AUDIO- YD-202J 機能、拡張性豊富な小型デジタルアンプ!  2017年03月27日

    Jeff Rowland Model 525 生産完了へ!後継機はある模様  

    Accuphase_A-250
    アキュフェーズは、モノラルパワーアンプ「A-250」を4月下旬に発売。価格は1,250,000円/1台(税抜)。2012年にアキュフェーズ創立40周年記念モデルとして発表された「A-200」の後継機。
    【Accuphase A-250 A-200後継のモノパワーアンプ!比較、違いは?】の続きを読む



    FX202Jは、FX-AUDIO-による、Tripath社「TA2020」を使用したデジタルアンプ。価格は6280円。外形寸法は幅96mm×奥行150mm×高さ32mmとコンパクト。

    最大20W+20W(12V/4Ω時)の出力。入力はアナログ専用でRCA1系統。出力もスピーカー1系統のみとシンプル。

    電源平滑コンデンサーとして大容量の8,200μF×1本と1,000μF×2本の電解コンデンサーを搭載するなど価格を超えたこだわりと、高品位部品の使用が売り。ロットごとの細かい違いがあるので、下記記事を参考にしてください。2017年4月現在は販売されていません。さらなる追加ロットがあるのか、後継機があるのか不透明です。

    定評はあるけれどさすがに古いTA2020を使用しているのは良くも悪くも本機の特徴になっています。例によって電源は別売りです。

    【FX-AUDIO- FX202J TA2020搭載小型デジタルアンプ!】の続きを読む

    ELAC_EA101EQ-G
    ユキムは、ELACのDAC、Bluetoothレシーバー内蔵プリメインアンプ「EA101EQ-G」を4月5日に発売。価格は13万円。

    外形寸法は214×284×60mm(幅×奥行き×高さ)とコンパクトで、質量は2.8kgとコンパクト。同社の「260LINE」をはじめ、「Uni-Fi SLIM」、「Debut」などとのスピーカーとの組み合わせを想定。

    50セット限定で、ブックシェルフスピーカー「Debut B5」(ペア価格55,000円)と、inakustik製スピーカーケーブル「STAR-0.75CT」(1m/ペア)を加えた「101 Debut Set」も15万円のお買い得価格で発売します。
    【ELAC EA101EQ-G 音場補正機能付きのハイレゾDAC内蔵プリメインアンプ!】の続きを読む

    FX-AUDIO-YD-202J
    ノースフラットジャパンは、FX-AUDIO-ブランドより、デュアルモノラル構成のデジタルプリメインアンプ「YD-202J」を3月27日から直販サイトにて発売。価格は4,980円(税込)。 【FX-AUDIO- YD-202J 機能、拡張性豊富な小型デジタルアンプ!】の続きを読む


    Jeff Rowlandはステレオパワーアンプ「Model 525」の生産完了をアナウンス。本国および国内での在庫が無くなり次第販売を終了すると発表しました。

    現在後継機種のモデルを発表するべく、準備を行っているとしています。

    Model 525は2013年に発売。価格は70万円。

    【Jeff Rowland Model 525 生産完了へ!後継機はある模様】の続きを読む

    このページのトップヘ