音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: アンプ

    McIntosh MA5300 プリメイン新機種!MA5200後継機!比較しての違いは?  2018年01月21日

    サンスイ AU-α707MRからPM8006に代えるか迷っている。  2018年01月18日

    DENON AVC-X8500H 13.2ch弩級AVアンプ!HDMI 2.1にも対応へ!  2018年01月17日

    NuPrime CDP-9 多機能なCDプレーヤー/プリアンプ!  2018年01月16日

    SOULNOTE A-2 評論家も自腹購入で絶賛の感想!?  2018年01月15日

    TB


    マッキントッシュのエントリークラスのプリメインアンプが新機種になりました。従来機MA5200(販売終了時は40万円)の後継機。

    新機種はMA5300。2017年12月に55万円(税別)で発売。

    100W+100W(8Ω)、160W+160W(4Ω)の最大出力。 放熱効率を高めたという新デザインのマッキントッシュ・モノグラム・ヒートシンク( McIntosh Monogrammed Heatsinks™)を採用。

    新DA1デジタルモジュール採用。全てのデジタル入力を独立したスロットイン・モジュールに統合し、モジュール交換で将来の新フォーマットに対応可能。 標準状態でDSD256およびDXD384対応デジタル入力を備えるハイスペック。

    6系統のアナログ入力と6系統のデジタル入力を搭載。マッキントッシュ独自のテクノロジーと機能(パワーガード、セントリーモニター、パススルー、HXDヘッドホン出力、パワーコントロール)を多数採用。

    MMカートリッジ対応フォノ入力を装備。 Bass(低域)とTreble(高域)それぞれ-12dB〜+12dBの範囲で調整可能なトーンコントロール搭載。 リモコンも付属。マッキントッシュ伝統の漆黒ガラスフロントパネルも装備。外形寸法:W445×H152( 脚部含む )× D503mm( 突起部含む )、重量:17.2kg


    MA5200もUSB入力を備えていましたが、32bit/192kHzまでに対応し、DSDは非対応でした。出力などは同じ。機能面ではトーンコントロールはありませんでした。フォノは同じくMM対応。より詳しくは以下の記事で。
    McIntosh MA5200 ほか11月から大幅値下げ!

    いずれも出力オートフォーマーの無いマッキントッシュとしてはエントリーになりますが、一般的には十分にハイクラス。機能面では最新のハイスペックUSB-DACを内蔵しているので、デジタル入力前提ならコスパは高いと言えそうです。ヘッドホンアンプも何気に強化しているようです。あまり重視する項目ではないでしょうが。

    【McIntosh MA5300 プリメイン新機種!MA5200後継機!比較しての違いは?】の続きを読む

    TB
    AVC-X8500H
    CES2018で展示されていたデノンの新しいフラグシップAVアンプ。CESではAVR-X8500Hと名乗っていたようですが、国内モデルはAVC-X8500Hというモデル名でした。北米仕様モデルはチューナー内蔵ながら、日本仕様の本機はチューナー非搭載。そのため「AVR(AVレシーバーの意)」ではなく、「AVC(AVセンターの意)」という型番になっているためです。

    2月中旬に発売。価格は48万円。カラーはブラック。
    【DENON AVC-X8500H 13.2ch弩級AVアンプ!HDMI 2.1にも対応へ!】の続きを読む

    TB


    SOULNOTEブランドの高級プリメインアンプ「A-2」(50万円)が2017年12月に発売されました。

    16年4月に発売した「A-1」の思想を受け継ぎ、さらに高音質/高機能化を図ったという上位モデル。「現在におけるSOULNOTEオリジナルの完全バランス無帰還テクノロジーの集大成として、全ての技術を惜しみなく投入した」としています。200W×2ch(4Ω)、1台のモノラルアンプとしてBTL接続する場合は400W(8Ω)というハイパワーも特徴。

    詳しい内容についてはこちらでご紹介済みです。
    SOULNOTE A-2 完全バランス/新型BTLのプリメインアンプ上位機!

    本機について、某オーディオ&ビジュアル評論家が自前で導入したそうで、その音質、使いこなしレポートがその方のブログに発表されています。それまで使っていたというNmode X-PM7との比較で、非常に詳細な感想を、絶賛といった様子で書かれています。

    引用元: ・SOULNOTE ソウルノート pt17.0

    【SOULNOTE A-2 評論家も自腹購入で絶賛の感想!?】の続きを読む

    このページのトップヘ