音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: CDプレーヤー

    Pioneer BDP-180 2.7万円でSACD/DSD/DLNA機能がついたBDプレーヤー!  2015年06月18日

    OPPO BDP-105DJPなどBDプレーヤー4機種の映像/音声分離出力の仕様を強化  2015年06月15日

    SONY BDP-S6500 SACDやDSD5.6MHzなどハイレゾにも対応したBDプレーヤー!  2015年06月08日

    LUXMAN L-590AXII発表! 脱もっさりメーターへ 音の方は?  2015年05月23日

    DENON DCD-50 これで5万円…?ユースケースが不明すぎるw  2015年05月15日

    Pioneer_BDP-180

    オンキヨー&パイオニアは、パイオニア(Pioneer)ブランドのBlu-ray Discプレーヤー新製品として4KアップスケーリングやBlu-ray 3D、DLNAなどに対応した「BDP-180」を実売27,000円前後で7月下旬発売。

    Blu-ray 3DやBDの4K/24pアップコンバート、SACD、ハイレゾ音楽の再生に加え、DLNAなどのネットワークプレーヤー機能も豊富に備えたBDプレーヤー。業界初という音声付き早見/遅見再生の両方に対応しているのも特徴。

    BDなどの音声付き1.5倍速早見再生に加え、新たに0.8倍速の遅見再生も可能に。音程を変えずに音声を聞きながら1.5倍速/0.8倍速で動画再生できる。

    BD/DVDビデオのほか、BD-R/REや、AVCREC/VRモード記録のDVD、AVCHD映像などの再生に対応。

    DLNA 1.5のDMP/DMR(プレーヤー/レンダラー機能)に対応し、NASなどのメディアサーバーからネットワーク経由で動画や音楽などを再生できる。 ハイレゾ音楽ファイルはUSBメモリーやネットワーク経由で再生可能。DSD 2.8MHzや、192kHz/24bitまでのWAV/FLAC/ALAC(Apple Lossless)に対応。WAVやFLACのマルチチャンネル音声も再生可能。そのほか、MP3やWMA再生も可能。 MicarastやWi-Fi Directにも対応。

    パイオニアのAVアンプとのHDMI接続で高画質化する「ストリームスムーサーリンク」や、高音質化機能の「サウンドレトリバーリンク」に対応。

    スマートフォンアプリ「iControlAV5」や、「Pioneer ControlApp」からの操作に対応。

    出力端子はHDMI×1、光デジタル音声×1、アナログ音声×1。EthernetとUSBも装備。外形寸法は435×250×58mm(幅×奥行き×高さ)、重量は2kg。

    なお、BDP-180と同様に音声付き1.5倍速/0.8倍速再生に対応するが、Blu-ray 3Dや4Kアップコンバート、SACD再生に対応せず、DLNAやスマホ連携などのネットワーク機能も省いたモデル「BDP-3140」が15,000円前後で6月下旬発売。ハイレゾはUSBメモリー経由で再生でき、192kHz/24bitまでのWAV/FLACのみ対応。

    引用元: ・【BD】Blu-ray再生機 9台目【プレーヤー】

    http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/av/1424499011/ 【Pioneer BDP-180 2.7万円でSACD/DSD/DLNA機能がついたBDプレーヤー!】の続きを読む


    OPPO Digital BDP-105DJP

    OPPO Digital Japanは、OPPO DigitalのBDプレーヤー「BDP-105DJP」「BDP-105JP」「BDP-103DJP」「BDP-103JP」の4機種のファームウェア・アップデート実施を発表。映像/音声分離出力の仕様を強化するなどの変更を行いました。 A/V Split(映像/音声分離出力)設定について、従来は音声出力側(HDMI2)に映像信号と音声信号が出力されていたのが、今回のアップデートで黒画面信号と音声信号が出力されます。音質面での向上を狙ってのものです。 また、一部の録音機器で作成したメディアファイルの再生に対応。DVD-R及びBD-Rに録画された番組などの日本語タイトル表示(ARIB外字)の文字化けの改善や、DTCP-IP対応機器を接続する際の互換性向上なども実施。 なお、今回のファームウェアアップデートはJP仕様独自のもので、US仕様/EU仕様のBDプレーヤー製品では実施されません。

    引用元: ・oppodigital◎Blu-ray再生機スレ7

    http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/av/1421114863/
    83: 名無しさん┃】【┃Dolby 2015/06/10(水) 18:14:35.25 ID:CUkwLgXY0.net
    丁度今105jのファームウェアアップデートが来たんだけど、現時点で情報ない?
    ぱっと見フォントが変わってるみたいだけど中身は分からん

    【OPPO BDP-105DJPなどBDプレーヤー4機種の映像/音声分離出力の仕様を強化】の続きを読む

    TB
    ソニーは、4KアップコンバートやNETFLIX視聴、USBメモリやDLNA経由での再生、DSDを含むハイレゾ再生にも対応したBD/SACDプレーヤー「BDP-S6500」を6月20日より発売。価格はオープンプライス。店頭予想価格は2万円前後。BDP-S6200の後継機。

    ディスクはBD、ブルーレイ3D、DVD、CD、SACDの再生に対応。USBメモリーやハードディスクに保存した動画や音楽、静止画の再生、DLNA経由での再生にも対応。NETFLIXやYouTubeの視聴にも対応。

    4Kアップコンバートが可能な高画質回路を内蔵。BDやインターネット動画、USBメモリーに保存した動画などを4K映像にアップコンバートして再生可能(4Kテレビと接続必要)。また滑らかな階調表現を可能とするSuper bit Mapping for Videoも装備。「MIMO」(Multiple Input Multiple Output)対応のWi-Fi技術も搭載。

    5.6MHz/2.8MHzのDSD(DSF/DSDIFF)、192kHz/24bitまでのWAV・AIFF・FLAC・ALACの再生に対応。マルチch再生への対応も強化し、DSDは5.6MHz/5.1ch、WAVは192kHz/24bit/7.1ch、FLACとAIFFは192kHz/24bit/5.1chの再生にも対応。なお、DLNA経由で再生できるハイレゾ音源はWAV/FLAC。

    圧縮音声の高音域を補間し、ダイナミックレンジの回復やボリュームの一定化を行うことでより原音に近い再生を行うという「Digital Music Enhancer」も搭載。

    HDMI出力は1系統。ほかに同軸デジタル音声出力、USB端子、LAN端子を各1系統。

    外形寸法/質量は、約255W×39H×192Dmm/約0.9gとコンパクトなのも特徴。電源はACアダプター方式。

    なお、同じくBD、ブルーレイ3D、DVD、CD、SACDの再生に対応し、USBメモリーやハードディスクに保存した動画や音楽、静止画の再生、DLNA経由での再生にも対応。「Digital Music Enhancer」も搭載。NETFLIXやYouTubeの視聴にも対応し、192kHz/24bitまでのWAVとFLAC再生に対応。マルチchについてもWAVは192kHz/24bit/7.1ch、FLACは192kHz/24bit/5.1chの再生が可能な「BDP-S1500」も同日発売。BDP-S1500は12,000円前後での実売が予想。4Kアップコンバート、Super bit Mapping for Video、「MIMO」(Multiple Input Multiple Output)対応のWi-Fi技術は装備されません。

    引用元: ・【BD】SONY Blu-ray & DVDプレーヤー総合【DVD】

    http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/av/1283875721/
    949: 名無しさん┃】【┃Dolby 2015/06/03(水) 13:47:36.94 ID:jnlo//l20.net
    ソニー、Netflix対応予定の省スペースBDプレーヤー
    http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20150603_704895.html

    【SONY BDP-S6500 SACDやDSD5.6MHzなどハイレゾにも対応したBDプレーヤー!】の続きを読む

    TB
    LUXMAN_L-590AXII_P
    ラックスマン(株)は、トランジスター式純A級プリメインアンプ「L-590AXII」を6月下旬に発売。価格は58万円(税抜)。

    2010年発売のプリメインアンプ「L-590AX」の後継機。針式メーターを配置したシンメトリカルなフロントデザインや、純A級増幅方式による密度感のある音色を継承しつつ、パワーアンプ「M-900u」「M-700u」やコントロールアンプ「C-900u」「C-700u」の開発で培ったさまざまな音質向上技術を投入することで、よりグレードアップさせているとしています。

    3段ダーリントン3パラレルプッシュプル構成で定格出力は30W+30W(8Ω) 、60W×2ch(4Ω)。。高域の歪特性を大幅に改善したという独自の帰還回路ODNF(Only Distortion Negative Feedback)の最新バージョン4.0を採用。

    電源部には、パワーアンプM-700uと同等のL/R独立大容量ブロックコンデンサーを搭載、電源供給回路を大幅にグレードアップ。1次側の巻線径をアップした高レギュレーションの電源トランスと、L/R独立80,000μF (10,000μF×8)の大容量ブロックコンデンサーを組み合わせたハイイナーシャ(高慣性)電源。

    プリアンプの出力段には、C-900uと同等のディスクリートバッファー回路を搭載。これにより、パワーアンプ部への駆動力を向上。

    音量調節は88ステップのアンプ回路一体化型・電子制御アッテネーター新LECUA1000を搭載(Luxman Electric Controlled Ultimate Attenuator)。4接点をパラレル接続した大型スピーカーリレーとスピーカー端子までの低インピーダンス化を図り、ダンピングファクターを240から320へ大幅アップ。新設計ビーライン・コンストラクションを採用することで、入力された音声信号をスピーカー出力まで最適最短のルートで伝送できるようにしています。

    内部配線は、各芯スパイラルラップ・シールドと芯線の非メッキ処理を施した独自のOFCワイヤーを採用。スムーズな電流伝送を実現するためのラウンドパターンを採用した基板配線。抵抗やコンデンサーにはカスタムパーツをふんだんに採用。

    MM/MC対応フォノアンプを内蔵。フロントパネルに電子制御のバス/トレブル式トーンコントロール、音量連動式のラウドネス機能なども搭載。L/Rバランス調節機能も装備。プリ/パワー分離機能のセパレートスイッチも装備。

    ラックスマンというと針式メーターですが、新デザインのメーターパネルと、高応答特性の新メーターユニットを採用したLED照明付き針式アナログメーターを装備。

    電源ケーブルは着脱可能で、ノンツイスト構造の「JPA-10000」が付属。対応CDプレーヤーも操作できるアルミ製のリモコン装備。

    入出力端子は、ライン4系統、フォノ1系統 (MM/MC切替) 、バランス・ライン2系統、録音入出力1系統、セパレート入出力1系統。スピーカー端子は、Yラグやバナナ端子に対応した端子(A,B2系統)を搭載。



    引用元: ・Luxman総合スレッド 36台目

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1425889642/ 【LUXMAN L-590AXII発表! 脱もっさりメーターへ 音の方は?】の続きを読む

    TB


    デノンは、発売中のデジタルプリメインアンプ「PMA-50」とデザインマッチするCDプレーヤー「DCD-50」を6月上旬に発売。価格は50,000円。

    USB DAC搭載のデジタルプリメインアンプ「PMA-50」(68,000円)と、デザインやサイズを揃えたCDプレーヤー。「PMA-50」は縦置き、横置きどちらにも対応、「DCD-50」もスロットインタイプのCDドライブを採用する事で、縦置き、横置きのどちらもサポート。横置き時の外形寸法は200×240×86mm(幅×奥行き×高さ)、重量は2.4kg。

    RCAのアナログ音声出力、同軸デジタル出力を各1系統搭載。PMA-50とはデジタル接続が前提。付属のリモコンから、PMA-50の操作も可能。

    引用元: ・【デノン】 フルデジタルアンプ PMA-50 #4 【DDFA】

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1431169571/ 【DENON DCD-50 これで5万円…?ユースケースが不明すぎるw】の続きを読む

    このページのトップヘ