音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: CDプレーヤー

    marantz 30ペアから考えるマランツの今とこれから  2020年11月15日

    Pioneer PD-50AE やっと発売!PD-70AEと比較しての違いや価格も微妙…?  2020年11月11日

    Accuphase DP-570 新SACDプレーヤー!DP-560と比較しての違いは?  2020年10月29日

    DENON DCD-A110 発売!いまどきPCM1795使用とAL32の効果に賛否?  2020年10月16日

    東芝 SD-3000 世界初の家庭用DVDプレーヤー 未来技術遺産に  2020年09月16日

    TB
    Marantz30combo_thumb

    35: 名無しさん@お腹いっぱい。 2020/10/07(水) 00:24:20.99 ID:md3Knc/+
    Marantz MODEL30 SACDとプリメインアンプ
    音が超絶悪いそうだな

    株式会社ディーアンドエムホールディングス
    ディストリビューター営業部のゴ〇共がw


    引用元: ・☆  マランツ総合 55 marantz  ☆

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1601185887/

    【marantz 30ペアから考えるマランツの今とこれから】の続きを読む

    TB


    オンキヨー&パイオニアが展開するパイオニアブランドは、SACDプレーヤーの新モデル、「PD-50AE」を11月下旬より国内台数限定で発売。価格は税抜き252,728円。色はシルバー。

    【Pioneer PD-50AE やっと発売!PD-70AEと比較しての違いや価格も微妙…?】の続きを読む

    TB
    Accuphase DP-570





    アキュフェーズはSACDプレーヤー新モデル「DP-570」を11月に65万円(税別)で発売。2016年に発売された「DP-560」(60万円・税別)の後継機。

    【Accuphase DP-570 新SACDプレーヤー!DP-560と比較しての違いは?】の続きを読む

    TB
    DENON110p
    379: 名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ c75d-gugw) 2020/09/08(火) 16:08:27.85 ID:m3DhZlAI0
    デノンは、ブランド創立110周年を記念したSACD/CDプレーヤー「DCD-A110」、プリメインアンプ「PMA-A110」を10月中旬より発売する。

    ●DCD-A110:280,000円(税抜)
    ●PMA-A110:330,000円(税抜)

    「次の10年につながる技術」をテーマに、同社開発チームの技術力を結集したというモデル。それぞれ「DCD-2500NE」「PMA-2500NE」を開発のベースにしているが、数々の新技術の導入や部品のグレードアップにより、ベースモデルの面影をほどんど残さないまでに変化している。筐体カラーも従来モデルで採用されていないグラファイト・シルバーに統一されている。

    https://www.phileweb.com/news/audio/202009/08/21922.html




    引用元: ・■ デノン オーディオ 総合スレッド Part13 ■

    https://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1591999583/ 【DENON DCD-A110 発売!いまどきPCM1795使用とAL32の効果に賛否?】の続きを読む

    TB
    SD-3000


    東芝は1996年に販売した世界初の家庭用DVDプレーヤー「SD-3000」と、世界初のDVD用MPEG-2デコーダーLSI「TC81201F」が、国立科学博物館が選定する令和2年度の「重要科学技術史資料(愛称:未来技術遺産)」に登録されたと発表しました。

    DVDが1996年に発売されたときには、ビジュアルだけでなく、オーディオの世界も大きく変わると思いました。なにしろ、CDの16bit/44.1kHzとDATの16bit/48kHz(パイオニア独自の96kHzもありました…)から、一気に最大で24bit/96kHzのリニアPCM音源を扱える民生用メディアが登場したのですから。

    当時はもちろん、ハイレゾなどという言葉はなく、ハイビット・ハイサンプリング、次世代オーディオなどと言っていました。

    DVDは高音質なオーディオ用メディアとしては扱われませんでしたが、間違いなく、今日のハイレゾの源流と言えるでしょう。

    東芝のDVDプレーヤーというと、その高音質ぶりが今でも一部で語り伝えられる「SD-9500」が個人的には興味がありました。SD-9500は24bit/96kHz対応のDAC入力を持つので、今日でも入手できれば、ハイレゾ音源を再生させることができます。

    【東芝 SD-3000 世界初の家庭用DVDプレーヤー 未来技術遺産に】の続きを読む

    このページのトップヘ